FC2ブログ
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調教の最も大切なことはデッドラインを超えない!!って事なんだと思うのだ

kage

2016/04/01 (Fri)









もう4月も始まってで少しずつ暖かくなり、もう春が来てるかなあ?と花粉症で目や鼻がやられるとそんなふうに僕は感じる。そうなれば当然ながら、だんだんと女の子の服もどこか薄着になっていくのは当然で、そんなのを街なんかで観てしまうと、”ああ・・・また露出の季節が来ちゃったんだなあ・・・”って僕の場合は思ってしまうのだ。つまりは、これから秋に掛けて、僕にとっては露出プレイ解禁!!って感じになるのだ。

それは、普通はどうやら、”コートの下はハダカで緊縛で・・・”ってのがあって、命令のままにそれをはだけさせて・・・ってのが、露出の定番のプレイとしてあるのかもしれないが、実は僕はそんなプレイがあまり好きでは無い!!ってのがあるのだ。実際、考えてみれば判るんだけれども、そんなプレイってのは、当然ながら、周りにバレてしまえば、どんな変態プレイをしているか?判るから、その部分において、お巡りさんに厄介になる可能性ってのは高くて、”そこまでして露出プレイをしてみたい・・・”とは思わないのである。








それに、調教して露出させる女の子ってのは、当然ながら、僕だけの”専属の肉奴隷”であって、その身体は僕だけを悦ばせるために存在していて、何も他のオスに、その痴態をさらけ出させて、欲情させる気持ちには僕自身はなれないのだ。つまりは、何処までも変態なプレイをしたとしても、それはあくまでも僕だけのためにするべきであって、他のオスの存在をそのメスに意識させたくない!!ってのが言えるのである。

ただ、そうなれば、ある意味、露出プレイってのは、他人の目が無ければ、羞恥を刺激しない!!って部分があるから、僕の感覚の中では、成立しないプレイになり得る部分は多分にあるのだ。つまりは、調教されてる女の子は”誰かに観られるかもしれない・・・観られてるかもしれない・・・観られたい・・・”ってふうに、調教するごとにより刺激を求めて、だんだんと大胆になっていく部分があるのだ。










画像はあけいろ怪奇譚 シルキーズプラス WASABIより
この画像は、『シルキーズプラス WASABI』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






だから、何かの拍子に調教されたメス豚さんと出会うことがあるんだけれども、このメス豚さんってのは、露出においては、”観られるかもしれない・・”だけでは満足出来ずに”誰かに観られたい・・・”のステージまで進んでしまっている場合が結構あるのだ。つまりは、”誰にも観られない露出ってのは露出では無い!!”って感覚になってしまっているのだろう。

ある意味、そんなメス豚さんと出会って思うことなんだけれども、”ああ・・・行き着いちゃって・・・もうオモチャにされて愛されないメス豚さんになっちゃってるんだなあ・・・”ってことなのだ。ハッキリ言ってしまえば、露出において、”見られてるかもしれない”じゃなくて”誰かにその痴態を観られたい!!”になっちゃってる女の子ってのは、露出のカテゴリにおいては、”行き着いてしまっている”部分があると言えてしまえるのだ。









無論、どんなふうに見せていくか?って部分でその違いがあるのだろう。例えば、わざと道でしゃがみこんでミニスカート越しにパンチラさせる!!であるとかは、僕だってしてしまう部分ってのがある。”ああ・・・さっきのパンチラ、通りかかったあのサラリーマン、じーっと観てたよね・・・”なんてことを女の子にささやいて苛めたりするのは僕だってしてしまうのだ。

しかし、”行き着いてしまった”女の子になれば、”ああ・・・・道のど真ん中で、お尻を突き出して、交尾されたい!!”なんてことを平気でおねだりするようになるのだ。無論、実際にはそんなプレイってのは出来なくて、それなりに妥協が生まれるんだけれども、それでも、まあ、出来る限りのギリギリのラインで露出してしまっている!!ってのが言えるのだろう。









そうなれば、ある意味、考えられるだけ出来るだけの露出ってのはしていることになる。そうなれば、そこである種の”デッドライン”に来てしまっている!!ってことが言えてしまうのだ。無論、露出だけが調教では無いから、他の調教プレイで、”目先を変えて・・・”ってのが言えてしまえるのかもしれないが、少なくとも、”露出”においては、”もうこれ以上は・・・”ってラインに行き着いてしまう!!ってのが言えてしまえるのだろう。

そうなれば、女の子は、オスに対して、より過激な調教を求めていくことになるんだけれども、こう言ってはなんだけれども、オスのほうは、そこに”ある種の限界”を感じてしまうのだ。そうなれば、その女の子に対して、”手が終えなくなる”状態になっていくことになるのだ。すると、”支配している感覚”ってのはその女の子には感じられなくなるのだから、その部分で”投げやり”になってしまうのである。



アダルト動画、DVD通販などの総合サイト




それで、”飽きた・・・”を言い訳にして、そこまで調教してしまった女の子を、オスは捨てることになるのだ。本当は”飽きた!!”のでは無くて、その女の子の”変態性に付き合いきれなくなった!!”ってことが言えてしまえるのだろう。そうなれば、輪姦や貸し出しで他の肉棒の味を覚えさせたりして、グダグダのままに見捨てていく状況が出来上がってしまうのだ。

だから、リアルでも調教済みの女の子で、ある一定以上の調教を受けた場合、大部分の女の子は、そうやって、輪姦や貸し出しで”公衆便器化”してしまう!!ってのがあって、この場合、”どんな肉棒でも快楽は得られる!!”ってことになってしまって、結局は飼い主との関係性を求めるのではなく、純粋に行為そのものとしてのセックスだけが目的になってしまっている女の子ってのが悲しい事に居てしまうのだ。

ごめんなさい・・・・
いつも通り、タイムアップです・・・・・
続きは次回になります、よろしくお願いします!!











そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓







関連記事

セックス前提の出会いであっても、その女の子との関係は”セフレ関係”では無いのである

kage

2016/02/09 (Tue)











僕の場合、エロチャなんかでセックス前提でその女の子と出会ってリアルセックスする!!ってのがあるから、その部分では、確かに肉棒から精液を射精するための性欲処理の相手として、その身体を求めている!!って部分は否定できない。言い換えれば、セックスしなくて良いから、女の子と出会って楽しい時間を過ごしたい!!って意識は無くて、出会う限りには、犯し尽して性欲を満たしたい!!ってのが、その出会いの根本になるのは間違いないのだ。

つまりは、どんなに綺麗事を言ったとしても、その女の子を肉人形にして性欲処理に使いたい!!ってのがホンネになってしまって、恋愛感情よりも、”犯して精液を射精したい!!”ってことが実際の出会いたい目的になっているのは間違いないのである。そういう意味では、”セックスしたいだけの異常性欲の変態デブだ!!”ってのは正しい言われ方で、社会的な道徳論として、女の子の身体を”肉便器にして性欲を満たそう”とするのだから、精神的に異常な人間で、性犯罪者と同じカテゴリだ!!ってのが言えるのかもしれない。










しかしながら、それでも、僕自身が”性犯罪者”になってない理由としては、やっぱり、女の子だって、性欲が在って、エロチャなんかに来ちゃって、僕の肉棒で気持ち良く成りたい!!って部分が在って、そこに女の子と僕とで”同意”があるんだと言えるからなのだ、と考えている。無論、同意が在ったとしても、そうやって性欲のままにセックスするのは良くない!!って道徳論もあるのかもしれないが、でも、同意のないセックスと違って、モニタ越しのエロチャのプレイなんかを何度も繰り返してからのリアルなのだから、そういう意味で、女の子も”納得”して、僕の肉便器になってくれている!!って言い方が出来てしまっている!!のだと言えるのである。

それにいつも書いている事なんだけれども、当然として、僕の場合、単純に女の子の蜜壷に精液を射精して満足!!って訳では無くて、その女の子を僕だけのモノにしたい!!ってある種の”所有欲・独占欲”があって、それを満たしたくて犯している!!ってのがあるから、その部分で”リアルでもセックスしてモノにした限りには僕だけのオンナだ!!”ってふうに思って、女の子の精神的な部分も求めていくのである。そして、女の子も、こう言ってはなんだけれども、エロチャでのプレイから、リアルでの僕とのセックスを受け入れるのは、そうやって、”本当にリアルで犯されて、ご主人様のモノになっていく!!”って部分に満たされていく感情があるからなんだと感じているのだ。









画像はensemble乙女が奏でる恋のアリア より
この画像は、『ensemble』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






つまりは、ある種の”支配する・支配される”の共依存の関係がその女の子と僕との間に生まれて、なぜ所有出来ているか?されているか?ってことを実感できるか?って部分において僕は”僕自身の精液をその女の子の蜜壷に射精してモノにしたから・・・”ってのが言えて、逆に女の子は、”キモデブのご主人様の肉棒を蜜壷の中に入れられてしまって、精液を射精されてしまった!!”ってのがあって、そういう意味でセックスってのは、そんな関係を具体的に理由づける方法論になっていくんだと言えるのである。

だから、いつも僕の場合は、特に肉棒を女の子の蜜壷に入れる時に”おまえは僕だけのメスだから!!犯して奪ってモノにしている!!”ってのを言葉に出してアピールしながら交尾している!!ってのが言えてしまえるのである。そして、女の子もそんな僕のセックスだから、”ご主人様に犯されてモノにされている!!”ってのが実感できて、そこにある種の満足感を感じて貰えてるんだと、セックスしていていつも感じるのだ。









言い換えれば、確かに、女の子を犯して、その蜜壷で肉棒が肉体的に刺激されて、結果、精液を射精してしまうんだから、その部分での快楽を求めている!!ってのがあるんだけれども、でも、それなら、極端な話、AVなんかをオカズにしてオナニーして精液を射精しても、射精する快楽ってのは手に入ってしまうのだ。もっと言ってしまえば、ある意味、その方が射精の快楽として”お手軽で手っ取り早い!!”ってのが言えてしまえるのだろう。しかしながら、それで満足できないのはなぜか?ってなると、やっぱり、セックスするって事は、その相手の女の子をモノにしている実感が動物的本能としてあるんだと僕は感じているのだ。

だから、遊びでのセックスか?どうか?の判断ってのは、その辺りにあるんだと思うのだ。つまりは”セックス前提の出会い”で”単純”に女の子の身体を犯し尽して精液を射精してしまっている!!ってことになれば、社会的道徳論として、僕は性犯罪者のカテゴリに入っていくんだと思う。それは、やっぱり、そうやって、その女の子の身体に対して精液さえ射精出来れば、それがゴールで・・・ってなれば、セックスして射精する事が目的になる!!ってのが言えるんだけれども、僕の場合は、言い訳かもしれないが、そうやって犯すことはある種のマイルストーン、中間点に過ぎないのだ。









つまりは犯してモノにした限りには、如何にして、その女の子との関係を続けていく事が出来るか?ってのが重要になって、確かに関係を続ける!!って事は、精液を射精したいからだ・・・・ってのは否定できないんだけれども、それ以上に独占している実感ってのを感じたい!!ってのがあるのだ。だから、言い換えれば、そうやって犯した女の子が他のオスとセックスする!!ってなれば、その女の子は僕だけのモノになってない!!ってことで、急激にその女の子に対して独占欲が醒めてしまうのである。

ある意味、この感覚は僕自身の身勝手さなんだとも自覚している。実際的に、その女の子とだけセックスしているのでは無くて、これまたいつも書いている通り”複数同時攻略”でリアルでも何人かの女の子とある意味、同時に”交際”している場合なんて普通にある。それなのに、女の子には僕だけの専属の肉奴隷に成る事を求めてるんだから、そこにある種の平等性ってのは無くて、僕自身が一方的にその女の子を束縛しているだけ!!って言い方さえも出来てしまえるのだ。そう考えれば、普通の恋愛であれば、互いに求め合って独占し合って、浮気なんかしない!!ってのが言えるのかもしれないが、そこは少しばかり違うのは間違いないのである。









でも、こう言う言い方はなんだけれども、女の子はある意味、そんな僕に”飼われて独占されている”って部分に満足感を感じてくれている!!って言い方も出来てしまえるのだ。それはなぜ許されるか?って部分になるんだけれども、ある意味、僕の束縛が女の子に対して”緩やかな束縛”だから・・・ってのが言えるからなんだと自己分析するのだ。つまりは、リアルでの関係になってからの最初の3度4度目のセックスまでは、かなり積極的に誘って毎日、毎週のレベルで呼び出して犯していくんだけれども、5,6度目になれば、ある意味、その関係ってのは女の子の中にも”定番化”して、安定期に入るのだ。

その部分で極端な表現だけれども、毎日犯さなくても、その女の子は”月に1,2度犯される関係”に満足していくのである。むしろ、僕の性欲のままに犯してしまう方が、女の子にとっては”うっとうしい”モノになるみたいで、やっぱり、2,3週間に1度とか、女の子もセックスしたいタイミングで犯してあげることが、女の子にとって、満たされる流れになって、なおかつ当然として女の子だってリアルな日常、様々な用事があるんだから、その用事を優先して、余った時間を僕とのセックスに費やしていく!!ってのが、女の子にとって都合の良いセックスになっていくのは間違いないのだ。



同人通販



ただ、それでも言える事は”毎日セックスしなくても、そんな関係が存在している!!”ってことを女の子の中で意識してしまえば、その女の子は”誰にも秘密で、変態なオスにセックス奴隷として支配されてモノにされてるんだ・・・”ってのを実感してくれてるんだと感じるのだ。つまりは女の子だって、セックスして、その肉体的な快楽で性欲を満たしている!!ってのが言えるんだけれども、でも、オスと違って女の子の場合は”毎日発情していない!!”ってのが根本に言えてしまって、そこがオスメスとのセックスに対する大きな違いになるんだと言えてしまえるのだろう。

それでも、そんな関係が続いている!!って処に女の子の満足感ってのがあるんだと、感じるのだ。そう言う意味で女の子も肉体的な快楽を求めながらも、でも、その次の段階としての”モノにされている関係”に満足してるんだと言えるんだと僕は思えるのだ。そしてそんな関係が続くからこそ、”セックス前提の出会い”であっても、単純に”セックスさえ出来れば良いその場限りのセフレとの関係”だとは僕もその女の子も思えなくなるのだ。だから、そういう意味で”セックス前提の恋愛”ってのは存在して、僕もその女の子も、その関係を”セフレ関係”だって表現せずに、”支配する・支配されるの共依存の関係だ!!”って認識するのである。













そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓








関連記事

女の子はセックスにストーリーを求める

kage

2016/02/08 (Mon)










僕の場合、学生の頃からキモオタデブだ!!って自覚があって、なおかつ、その時にインターネットが流行って、結果、エロチャ出会い系掲示板でセックス前提の出会いが出来てしまった!!ってのがあるから、ヘンな言い方かもしれないけれども、無理してリアル日常、出会った女の子を口説いてセックスしたい!!って意識はどこか無くて、セックスする相手はエロチャなんかで誘えば良い!!ってのが僕の感覚になってしまっている。

こう書くと、本当にその女の子を好きになってしまって、その相手を独占したくて、その部分でセックスしたい!!って感覚になれない僕が存在していて、そういう意味では”普通の恋愛”の経験が無い!!ってのが言えてしまえるのかもしれないと自覚する時があるのだ。言い換えれば、リアル日常でも、”ああ・・・あの女の子、可愛いなあ・・・セックスしたら気持ち良いだろうなあ・・・”なんて思うこともあるのは否定しないんだけれども、それ以上に”無理して、嫌われて、人間関係がややこしくなるよりも、まあ、ネットそれなりにセックス出来てしまってるからなあ・・・”って意識が先立ってしまって、結局は、そんな女の子に対しては、興味が無くなってしまっていく!!ってのが実際的な僕のパターンになるのだ。








それに、なんて言うか、これはいつもこのブログで書いてるんだけれども、僕の場合、確かに、メスの身体で肉棒から精液を射精して気持ち良く成りたい!!って意識があってセックスを求めてるんだけれども、その次の段階として”犯した限りには、このメスは僕だけのモノ!!他のオスにはヤラせない!!”って意識で、その女の子を求めていくのだから、その犯した女の子は、ある種の”行きずりのセックスの相手”ってでは無くて、”犯してマーキングして支配した僕だけの所有物!!”って意識があって、その部分である種の恋愛感情を抱いてる!!と自覚するのである。

それに、ある意味、女の子のセックス観なんだけれども、オスと違って、リアルでセックスして絶頂を感じればそれでお終い!!じゃないだろう。女の子の場合は、ある意味、”性欲ストーリーがある”んだと思っている。つまりは、オスの場合は、”可愛くて美人な女の子とセックスしたい!!”さえ満足出来れば、それはsろれでゴールなんだと言えてしまえるだろう。しかしながら、女の子の場合は、そのセックスはあくまでも、恋愛のプロセスの1つであって、そこから関係が続いて、楽しい時間が過ごせて、最後は幸せな結婚でハッピーエンド!!的な藻のがあるんだと思うのだ。










画像はスミレ僕と恋するポンコツアクマ。 より
この画像は、『スミレ』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






つまりは、確かに女の子だって性欲は在って・・・ってのが言えて、エロチャなんかには、オナニーで性欲を満たしたい!!って気持ちがあって、そういう意味では、モニタ越しの僕の存在ってのはあくまでも、”オナニーをリードしてくれるオカズの一種”なんだと思えるのだ。言い換えれば、官能小説で妄想して興奮してオカズにする!!って”ノリ”と本来は変わらないんだと言えるのである。ただ、官能小説と違って、やっぱりエロチャは、その”双方向性”がある分だけ、僕自身の言葉が拙くても、それでも、女の子はその部分で、のめり込みやすい部分があるんだと言えるのだ。

そして、その部分はオスも一緒なんだけれども、女の子の場合は、やっぱり”ストーリーが要る”のだ。つまりは、”ほらあ、オッパイを舐められることを意識しながら、指、動かして感じてごらんよ・・・”って感じで、エロチャのプレイ自体は進んで、女の子だって、そんなオスのリードに併せてオナニーして感じて満足する!!ってのは言えるんだろう。しかしながら、それで”終わってしまえば”、それっきりなのだ。つまりは、女の子は無自覚なのかもしれないが、実は、その次の段階を、心のどこかで妄想して求めている部分があるんだと思うのだ。








つまりは、”いつものようにエロチャでオナニーしたくて来ちゃったんだけれども、今回はいつも以上に感じてしまって、つい、その素顔まで画像で晒してしまった・・・リアルでバラされないか?ドキドキするんだけれども、それ以上に、そのオスに支配されてしまってもう抵抗できずに専属の肉奴隷に堕とされてしまった・・・”なんかになれば、単純にエロチャでオナニープレイして気持ち良かった!!だけで終わらずに、ある意味、次のプレイにつながっていくシナリオがそこには存在している!!ってのが言えるのだ。

言い換えれば、女の子は、その瞬間のセックスの気持ち良さを求めるのと同時に、その関係を続けていけるか?どうか?ってことを絶えず、”メスの本能”として考えているように思うのだ。だから、こう言ってはなんだけれども、確かにすべての女の子とそんな関係になっていないんだけれども、それでも、それなりに半年とか1年に1度くらいの割合で、リアルでも、その出逢った女の子とリアルでセックス出来てしまっているのは、自分で言うのもなんだけれども、”リアルでも犯して、モノにして僕好みの女の子に開発して独占し続けたい!!”って気持ちが、その女の子に伝わってるからなんだと思うのだ。










それは、最初にいった通り、僕自身、”犯す限りには、その女の子は僕だけのモノ!!”ってスタンスで、その女の子を求めている。言い換えれば、理想の女の子と出会って恋愛してセックスしてモノにするんじゃなくて、”セックスしてモノにしてから恋愛を始めてる!!”って自覚がるからなのだ。つまりは、ハッキリ言えば、僕自身、思ってる事なんだけれども、理想の女の子なんか、当然ながらこの世には存在しないって事があって、それよりも、そうやって犯してモノにした女の子を僕好みに調教していく!!ってほうが、よっぽどか、”合理的”に思っているからなのである。

これは、前にも書いたことなのかもしれないが、僕自身、女の子に対して、それほど見た目なんかにはコダワリが無いのである。それよりも、”ご主人様の為に身体もココロも貢ぎます!!ですからきちんと愛してください・・・”って女の子が好きなのだ。つまりはある種の”共依存”が出来る女の子に愛しさを感じるのである。そう考えればなんとなく判って貰えるんだけれども、”セックスして調教したい!!”ってのは、そう言うことなんだと自己分析しているのだ。ハッキリ言えば調教する!!ってことは、興味本位で変態プレイでその女の子の身体を玩具にすることでは無くて、そのプレイの振る舞い自体、僕好みになるように、女の子を開発していく!!ってのが僕なりの”調教する”って事になるのだ。








だから、”こんなシチュエーションでは、こんな感じの振る舞いで甘えて求めて欲しい!!”ってことを如何に、その女の子に教え込ませていく事が出来るか?ってのが僕なりの”調教観”で、そういう意味では一方通行では無くて、だから、”こうやって、ご主人様に悦んでもらってる!!嬉しい!!”って思える女の子こそ、本当の性癖的な意味合いでの”マゾ豚娘”であって、その部分で、”性癖の一致”が必要になって、だからこそ、エロチャでプレイして相性が合うからこそ、リアルでのセックスに結びついてるんだ!!って言い方も出来るのである。

そして、判って欲しいんだけれども、そうやって、好みの女の子に”仕立て上げる”ってことは、それなりに当然として”長期の関係”のならざるを得ない!!ってのが僕のホンネになるのだ。つまりは1回リアルでセックスしたからと言って、その女の子が最高の女の子か?ってなると微妙に違っていて、やっぱり、次は、もっと僕の好みを覚えて振る舞ってほしい!!ってのがあって、その部分で、”長期での調教”が前提になっていくのは間違いないのである。そして、それは、単純にセックステクニックだけの部分じゃなくて、やっぱり、下着の趣味なんかも僕好みになって欲しい!!ってのがあって、結果、その部分ではセックスだけの関係にならなくなっていくのだ。




アダルトアニメDVD通販




無論、セックス前提の出会いだ!!って意識があって、僕自身、異常性欲だ!!って自覚があるから、その部分で、その女の子とプラトニックな関係ってのはあり得ないんだけれども、でも、単純にその時だけセックスして、”ハイ、お終い!!”だけの感覚じゃ寂しくて、互いにリアルな日常に踏み込みあわなくても、街をデートするとかの時間も大切なんだと僕は感じているのだ。そうなれば、そのデートの時もある種の調教の時間になって、セックス以外の部分でも、”女の子にはこうやって振る舞ってほしい!!”ってのを教え込ませて、その女の子を僕好みの”理想の女の子”に開発していくのである。

そう考えれば、判って貰えるんだけれども、ある意味、そうやってリアルでセックスしたことがゴールになり得ないのだから、その部分で、ある種のストーリーが必要になって、結果、そうやって出逢った女の子が求めているものを、僕と言う”存在”が刺激して、女の子は満たされていってくれてるんだと感じるのだ。つまりは、確かに、セックステクニックで女の子は肉体的に気持ち良く成るんだけれども、でも、、本当に求めてる事は、その思い描いてるストーリーのヒロインに成って満たされていく事なのだ。

そういう意味で女の子は、その場限りのセックスを求めながらも、でも実際は、もっと長期の関係を求めているから、その部分でも、”オスにモノにされて開発あ荒れていく悦び”ってのを求めてるんだと思うのだ。だから、本当に女の子の好かれるセックスをしていきたいなら、そのセックステクニックも大事なのかもしれないが、女の子に”永遠に支配されて飼われていく悦び”なんかを意識させて満たしてあげることが、大切なんだと僕は思うのだ。











そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓







関連記事

エロチャでどんなオスともプレイする女の子は果たして淫乱ビッチなのか?

kage

2016/01/08 (Fri)











当然ながら、セックスってのは動物的な本能に基づいてしちゃってる!!ってのがあって、今回はそれを前提にして書いてみたいんだけれども、女の子ってのは、言い換えれば、本能的に”オスに犯されたい!!”ってのがあるんだと思えるのだ。こう書くと、ものすごく都合の良い独り善がりな決めつけになって、レイプ犯なんかが、その犯罪の言い訳にしているようなノリになるんだけれども、でも、それって僕にとってはものすごく”真実”に感じる部分があるのだ。

それは、これまた、いつも書いている事なんだけれども、エロチャでの出会いってのは、女の子にとっては、”モニタ越しのその場限りのオナニープレイだ!!”ってのがあって、ある種、ヘンな言い方になるんだけれども、官能小説で妄想して興奮する!!ってのと同じ感覚で、モニタ越しに映るオスからの言葉に興奮して、結果、オナニーしてスッキリしている!!ってのが大半の場合、言えるはずなのだ。

無論、中には、ちょっとだけスケベな話をして、オナニーが目的では無い!!って感じの女の子も居たりするから、絶対的ではないけれども、でも大半の女の子は、エロチャに対してはオスがAVなんかをオカズにしてオナニーするのと同じで、エロチャをオカズにしてオナニーしたい!!ってのがあるから、来ちゃてるのだろう。だから、もっと言ってしまえば、マズは前提として”モニタ越しのその場限り・・・”ってことで、リアルでのセックスを求めずに、”オカズ”としてエロチャを愉しんでる!!ってのが言えるのは間違いないはずなのだ。










それを如何にして、リアルでのセックス女の子に求めさせていく事が出来るか?その道筋をどうリードして行くか?ってテーマは絶対的にあるんだけれども、今回は、その話題は少しばかり、横に置いておいて、言いたいことは、”その場限り”の意味合いなのだ。つまりは、確かにリピートしてくれる場合もあるから、これまた絶対的!!とは言えないんだけれども、でも、女の子は、その瞬間、気持ち良くなりたくて来ちゃってる!!ってのがあって、それで、エロチャの待機しているオスごとの待機メッセを見比べて、その中で興味あるメッセを作成しているオスを選んでプレイしている!!ってのが言えるのだ。

つまりは、エロチャで良く言われるんだけれども、”キモデブ?そんなの関係ない!!リアルじゃないんだから・・・”ってことで、女の子は、モニタ越しのプレイだからこそ、モニタの向こうに居るオスがどんなオスか?なんて事は関係なく、純粋に、その瞬間、気持ち良くリードしてくれるオスを選んでプレイしている!!って言い方が出来るのだ。つまりは、ここで言いたいことは、女の子は”どんなオスでも良いから、気持ち良くしてくれるオスに、たっぷりと犯されたい!!”ってのが、その希望なんだと言えてしまえるのだ。

無論、それはシツコイんだけれども、そのプレイがあくまでもモニタ越しのオナニープレイであって、そのオスに直接的に弄られて、しゃぶられて、その肉棒を挿入されて、射精されるわけでは無い!!ってのが言えるのだから、そういう意味では、オスがAVを観てオナニーしてるのと変わりが無くて、結果、”本当のリアルでのセックスでは無い!!”ってのが言えるから、女の子は、相手のオスがどんなオスなのか?なんて関係なく、その瞬間、プレイしていて気持ち良くリードしてくれるか?どうか?ってのが、そのプレイが良かったか?どうか?の価値判断になるのは間違いないはずなのだ。











画像はアトリエかぐやなまイキ 〜生粋荘へようこそ!〜より
この画像は、『アトリエかぐや』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






言い換えれば、それなりに女の子の性欲を上手くリードして刺激してあげることが出来れば、それなりに気持ち良い事を求めて、女の子は、エロチャでリポートしてくれて、その結果、リアルでのセックスに結びつていくのは間違いないのだ。そう考えれば、オスが本能としてメスを犯したいように、女の子だって、純粋に”オスに犯されたい!!”ってのが性欲としてあるのは間違いないのだ。

ただ、これはオスだって、そうなんだけれども、いくら相手と合意があった!!としても、リアルで誰でも良いから、のべつ幕無しにセックスしてしまえば、社会的なモラルの部分で、マイナスの要素で観られる!!ってのがあって、結果、その部分で自制して我慢する!!ってのがあって、それでリアルな日常では、そう言った性欲を隠すのがある種のマナーになってしまって、本能としての性欲が満たされない!!ってのがどこかにあるのは間違いないはずなのだ。









特に女の子の場合は、妊娠の可能性が絶えずセックスすれば存在して、その部分で、社会的にどこか、まだまだ、その部分で、女の子に対して、”当然の貞淑さ”ってのを求めてしまう部分があるのは間違いないのだ。これは、やっぱり、オスの独占欲があって、その女の子に産ませた子供が自分のモノである!!ってふうに思うためには、その女の子が他のオスとセックスしてない!!ってのが、判り易くて、その本能的な感覚が、女の子に対して、それなりのセックスに対する貞淑さを求めている!!ってのが言えるのだ。

だから、大体の女の子は、特に、彼氏や旦那が居ない女の子は、リアルな日常、周りから、その貞淑さを求められて・・・ってのがあって、結果、”セックスに興味のない真面目な女の子”を演じている!!ってのが、どこか言えるんだと思う。それにリアルでセックスしてしまえば、やっぱり、そのオスに対する評価ってのがあって、ある意味、極端な言い方かもしれないが、”セックスするなら、友達が羨ましがるほどの見た目も良くて社会的にも評価のあるお金持ちなオスとセックスしたい!!”ってのが女の子のホンネになっていくんだと思うのだ。

そして、性欲を満たすためのセックスを求めるんだけれども、やっぱり、女の子は当然として、セックスすれば妊娠の可能性があるから、それを考えれば、その妊娠の責任を取ってくれる確約としての”恋人としての存在”を求めていくんだろうと僕は感じているのだ。だから、女の子はリアルな日常性欲があっても、そんなに簡単にどんなオスとでもセックスする関係にはならない!!ってのが当然ながら言えるんだと思うのだ。









しかしながら、エロチャってのは先ほども書いた通り結局は”モニタ越しのオナニープレイ”なのだから、そうなると、当然ながら、妊娠の可能性は無くて、その部分で、そうやってオスを選ぶ必要も無ければ、妊娠した場合責任を取ってもらう必要があるから・・・ってことでの、相手が恋人である必要は無くなるのである。そうなれば、確かにオナニーのオカズで、官能小説やAVとカテゴリは同じなんだけれども、でも、モニタの向こうには絶対的に相手のオスが存在する!!って部分において、女の子は”誰でも良いから、私を気持ち良くして!!”ってのが、そのプレイの願望になるのは間違いないのである。

つまりは、お互いにモニタ越しの出会いってのは、相手がだれなのか?判らない!!ってのもあって言えるんだけれども、それはリアルな日常から切り離された世界だ!!って言い方になってしまって、結果、純粋に女の子だって性欲を満たそうとするのである。その部分で女の子はエロチャにおいて”誰でも良いから、私を犯してほしい!!”の表現になるんだと感じているのだ。

だから、エロチャでそうやって、どんなオスの肉棒でも欲しがるから・・・と言って、その女の子が、リアルな日常で、どんな肉棒でも欲しがるか?ってなると、それは当然ながら異なるのである。言い換えれば、僕は、そうやって、エロチャで”どんなオスでも・・・”の1人として、その女の子と出会うんだけれども、その女の子がリアルで僕の事を求めるようになる時は”ご主人様だからリアルでしたい!!”ってふうに、女の子は僕の事を”選んで”受け入れるのである。そう考えれば、エロチャでいろんなオスとプレイしているから・・・と言って、その女の子は、どんなオスとでもセックスを求める淫乱だ!!って言い方にはつながっていかないのは、間違いないのである。












そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓









関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。