FC2ブログ
2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:犯し尽し・・・ の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなにもだらしなくオッパイ、揺らして・・・

kage

2015/11/02 (Mon)











そうだよね・・・ほらあ、そのオッパイは、こんなにも卑猥に尖って、僕の舌の感触、求めて、ビンビンになってるんだよね?貴女は僕だけにしゃぶられて満たされてる僕だけの専属の肉奴隷だから・・・ほらあ、たっぷりとそのすべてをしゃぶらせて、満たされたくて我慢できないんだよね?

それで良い・・・もう理性も羞恥も忘れて、淫らに甘えて、快楽を求めていくんだ・・・いやらしく舌、動かして、ねっとりと味わって、貴女を満たしてあげるから・・・そうだよ、判るだろ?貴女の身体は、もうこんなにも敏感に反応して、僕の愛撫が中毒になってる




アダルト動画 DUGA -デュガ-





ほらあ・・・そうやって、もっと、いっぱい、しゃぶらせたくて・・・こんなにも、そのオッパイ、僕に押し付けるようにして貴女は快楽を求めて止まらないんだから・・・ああ・・・その身体、全てで、僕の愛撫の快楽を愉しむように息を喘がせて悦んでごらん

判るだろ?こんなにも君は淫らになって、僕だけの為にメスになってる。快楽のままに、欲情する事、止まらなくなって・・・こんなにも卑猥にオッパイ、揺らして・・・貴女はやっぱり、僕でしか感じられなくなってる・・・それが貴女の本当の姿だから・・・もう貴女は僕から逃げられないんだからね









貴女はやっぱり、僕の事が忘れられなくて・・・・

kage

2015/11/01 (Sun)











ほらあ・・・久しぶりだね・・・・でも、その身体は僕の事、忘れられずに来ちゃったんだろ?また、その蜜壷は舐められたくて、他のオスの肉棒じゃ、貴女は満足できなかったんだよね・・・こうやって来ちゃった限りには、その性欲に素直になって求めてごらんよ・・・・

そうだよ、その身体、久しぶりに味わうように、僕だけが見つめてあげるから・・・僕の目の前で、貴女は、その服を脱いでいくんだ・・・僕の命令のままに抵抗できずに従って・・・そうやって、もう1度、貴女は僕だけに、その身体で貢いで奉仕していくんだから・・・・









ああ・・・あの時と変わらない淫らで綺麗な素肌・・・ほらあ、そうやって僕だけの為に晒して、欲情する悦び・・・貴女はこんなにも求めてたんだよね・・・判るよ、その身体はこんなにも火照って・・・メスの匂い、溢れて・・・貴女は発情が止まらなくなってるんだから・・・

そうやって、わざと僕だけに見せつけるようにして、メスとしてなぶられていく事に貴女は悦んでいくんだ・・・感じるだろ?ほらあ、こんなにも、もう息だって喘がせて、その乳首は尖って、これからの快楽を求めてるんだから・・・貴女はやっぱり、僕だけの専属のメス豚だからね・・・・



アダルト動画 DUGA -デュガ-



セックス前提の出会いは遊びじゃないからこそ成立するのだ

kage

2015/11/01 (Sun)











こう言ってはなんだけれども、やっぱり、女の子に対して、社会はまだまだ”貞淑さ”ってのを求めてるんだと思う。例えば、ヘンな話なんだけれども、オスの場合、隠れてAVやアダルト雑誌なんかを観たりしても、結局は”オスってスケベだから・・・”って事で、それなりに”あり得る”話になって、まあ、それでお仕舞いになってしまう部分ってのがあるだろう。

しかしながら、女の子の場合は、ソモソモ論として、”女の子はエッチに興味は無い!!だから、そんなのは女の子にとって不要だ!!”ってふうに思われている部分ってのは、絶対的ではないけれども、でも女の子に対する表面的な幻想論としてあり得るロジックなのは間違いないだろう。

そして、女の子もそう言ったオスの”貞淑論”をある種の”理想的女性の姿”として考えて、結果的にセックスを”恥ずかしい物”として考えて、敢えて自分の意識の中に存在させないように振る舞っている部分ってのがあるんだと思うのだ。だから、大半の女の子ってのは、猥談なんかに対して、興味はありながらも、”私は経験したことがありません・・・”なんて”演技”をしちゃってる部分ってのがあるのは間違いないのではなかろうか?









無論、今どきの時代だから、それなりにストレートに描いたレディコミ誌はあるし、ファッション誌もセックス特集なんかしたりして、それなりに女の子のセックスに対する認識ってのもオープンになってきている部分があるのも否定はしない。

しかしながら、それでもある種の、”貞淑論”があるのは、否定できない事実ではなかろうか?だから、大半の女の子は”セックスって気持ち良くて、愛されている実感があって・・・いっぱいしたいの・・・”なんてことは、彼氏なんかとのピロートーク以外では言えないセリフになっているのではないだろうか?

でも、ブッチャケの話、だからと言って、絶対的に処女偏重論でも無いのは、これまた事実として言えてしまっている。無論、理想論として、大半のオスは結婚相手に処女を求めたい!!ってのがあるんだと言えるんだけれども、でも、それは、結婚自体、晩婚化してしまって、そうなると、セックス出来る身体って意味合いで、女の子が初潮を迎えて、結婚するまで10年や20年経っているってのが普通になるだろう。











画像はまーまれぇどPRIMAL×HEARTSより
この画像は、『まーまれぇど』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






そうなれば、その間、ずーっと恋愛しない!!ってのはあり得なくて、恋愛すれば、セックスする可能性ってのは否定できなくて、その部分で”女子高生と結婚するんじゃないんだから・・・”ってことで、”僕と出会う前に何人かとは恋愛してしまって、結果セックスも・・・・”ってのを予測してしまって、その部分で”処女じゃなくても仕方ない・・・”って意識がどこかに生まれてしまっている!!ってのがあるんだと実感しているのだ。

だから、女の子に対して、”絶対的処女論”ってのも”廃れてきている!!”って言い方も出来るのかもしれない。オスの中には”処女よりも、それなりに床上手なテクニシャンな女の子と結婚した方が愉しめる!!経験豊富な女の子の方が好みだ!!”って感じなのも居て、オス恋愛対象の女の子に処女性を求めていない!!って言い方さえも出来るのかもしれないのだ。

その部分で、確かに、”女の子の貞淑論”ってのはあるものの、”非処女”の存在も、当たり前になってきて、その部分である種のダブルスタンダードになってきているのが、女の子に対するセックス論なんだと僕は認識しているのだ。








そうなると、ヘンな表現になってしまうんだけれども”貞淑な非処女”ってのが、ある種の許容論としてあるように思えるのだ。そして、それは何か?って事になるんだけれども、僕なりの意見としては”恋愛なんかでそれなりに何人かのオスの肉棒の味を知ってしまってるのは仕方が無いんだけれども、遊びで快楽のままにどんな肉棒でも欲しがる女の子は嫌だ!!”って事にオスの女の子に対する許容論があるんだと感じているのだ。

そして、その感覚ってのは、女の子の方もなんとなく、判ってるんだと思うのだ。だから、恋愛でセックスする事に対しては、”好きになったオスが求めてくれてるんだし・・・”ってことで許してしまう部分があるんだと思うけれども、でも、だからと言って、”遊びでどんなオスとでもセックスするのは、やっぱり、道徳論として抵抗がある・・・してはならない事なんだ・・・”ってふうに、女の子もそれなりのラインを引いているんだと感じるのだ。

そうなると、ブッチャケの話、エロチャなんかでセックスする相手の女の子を探して、ヤッてしまっている僕は、その辺りをどう考えるか?ってことになるだろう。ある意味、エロチャでの出会いってのは”ヤラせてくれるなら、どんな女の子でもOKだ!!”って意識が無い限りには、なかなか上手くリアルでのセックスにたどり着けない!!ってのが言えてしまえるのは間違いなくて、そうなると、女の子に対して、そんな今どきの貞淑論を、僕自身が求めることが出来るか?ってことが客観的な疑問として生まれていく部分があるんだとも感じているのは間違いないのだ。











それに対しての言い訳なのかもしれないが、僕自身は、確かに、その女の子にセックスを求めてるんだけれども、なんて言うか、”セックスして犯す限りには、おまえは僕だけのモノ・・・専属の肉奴隷に調教して支配してやる!!”ってスタンスで、その女の子を求めているからこそ、そこにある種の恋愛論が生まれるんだと感じているのだ。

無論、それは単純に僕自身はキモデブでモテることがないから、結果的にセックスしてしまえば、自分だけのモノになっている勘違いがどこかにあって、なおかつ、独占欲が強いから、そう言ったセリフになってしまうのかもしれないが、でも、気持ちとしては、”犯す限りにはおまえは僕だけの専属の肉奴隷だ!!”って感覚で女の子を求めているのは間違いないのだ。

それにいつも書いている事なんだけれども、、エロチャに来ちゃう大半の女の子は、リアル日常、恋愛でセックスしてても、遊びでセックスするような女の子は居ない訳で、その部分で、女の子だって、僕に対して”セックス前提の恋愛だ!!犯されてモノにされるのが幸せなんだ!!”ってふうに思えるからこそ、僕の事を結果的にリアルでも受け入れてくれる女の子が出てくるのである。








それ故に、女の子も僕とセックスするのは、遊びで気持ち良くなるために・・・じゃなくて、”セックス前提で出逢って、愛されるために・・・・”って事になって、結果、恋愛の一種として受け入れてくれてるんだと思うのだ。

だから、それなりにその関係は長期に続いていくのであって、遊びでのセックスなら、1度や2度セックスすれば、それがゴールになってしまうんだけれども、でも、僕とその女の子との関係ってのは、そうでは無いのである。やっぱり恋愛だからこそ、互いに求め合う!!ってのがあって、結果的に長期で無ければ、満足できない!!ってのがお互いの同意としてあるのは間違いないのである。つまりは”リアルで逢う限りには、もうそこからは長期に関係が続く!!”って感覚を共有して出逢って、リアルでセックスしていることになるのだ。

それ故に女の子も僕とセックスしたから・・・と言って、遊びでセックスしてしまった!!って意識は無いんだと思うし、そう思われないようにリードしなければならないんだと僕自身、思っているのだ。つまりは互いに性欲があって、満たしあいたくて、そこには”愛情のあるセックス”が存在していて、だからこそ、セックスする事が愛情表現になって、セックスするのが当然になる・・・そんな関係を作り上げるようにリードして求め合うのが、僕とその女の子との関係だと思うから、そこには、恋愛としてセックスがあるんだと僕もその女の子も認識しているのだ。だから、リアルでセックスする限りには、そのセックスは遊びでは無くて、恋愛表現としてのセックスになり得るんだと僕は実感するのである。



アダルト動画、DVD通販などの総合サイト







そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓







続・僕はその人妻さんのセカンドパートナーだから・・・

kage

2015/10/26 (Mon)










前回の続きです!!
よろしくお願いします!!


無論、確かに僕が求めているのは性癖的に変態セックスで、それに興味の在る未婚の女の子も来てくれて、リアルでのセックスになる場合もあるし、その場合も、”リアル日常とは関係のないオスで、誰にも秘密だからこそ、理性も羞恥も忘れて変態なマゾ豚に成れる!!”ってのがあるのは間違いないんだけれども、でも、なんて言うか、その”割り切り”の部分は人妻さんの方がかなり”ドライ”なのだと感じてるのだ。

つまりは、人妻さんが僕に求めているのは、ものすごく都合の良いセフレなのである。旦那とのセックスでは満たされないメスの悦びを感じさせてくれる相手として、であって、それは極端な言い方になるんだけれども、結果的には、”生きたバイブ”としての僕という存在に行き着くのである。








言い換えれば、確かに人妻さんはメスの悦びを求めてエロチャに来ちゃって僕とプレイを繰り返して、中にはリアルでのセックスも受け入れてくれるんだけれども”それだけ”なのである。だから、その割り切り故に僕との関係を愉しんでるんであって、結果、旦那との関係を犠牲にしてまで、僕との関係を求める人妻さんはマズは居ないのである。

つまりは、不倫メロドラマ風のノリで、何かの拍子に知り合って、旦那との家庭を壊してまで、僕との関係を求める!!って人妻さんはマズは居なくて、在る意味、もっとドライな感覚で、僕に求めるのはあくまでも”旦那では経験できない肉体的精神的なメスの満足感”だけなのだ。

だから、僕自身、人妻さんと関係を持つ時は、あくまでも僕自身は、その人妻さんをメスとして満足させる”生きたバイブだ!!”って意識があって、確かにプレイとして”ご主人様・マゾ豚”の関係で成立してるんだけれども、それさえも、その人妻さんんのメスの部分を満足させるためのシチュエーションづくりに過ぎない!!って意識がどこかに在るのだ。









だから、確かに僕自身もメスの身体で精液を射精したい!!ってのがあって、なおかつ、性癖的にメスを陵辱して支配したい!!ってのがあるのは間違いないのだ。しかしながら、それはあくまでもプレイであって、プレイがそうだからと言って、その関係まで、そのウェットさを持ち込むことはなくて、その人妻さんに併せて、僕もドライに割り切る部分は割り切って、”人妻さんが様々な理由で関係を嫌がれば、それでオシマイ!!”って意識が在るのは間違いないのだ。だからこそ、自分で言うのもなんだけれども、人妻さんが、僕を選んでくれるのはその辺りの割り切りが出来ているから信頼できる!!ってのがあるんだと自己評価するのだ。

だからセカンドパートナーは文字通りセカンドパートナーであって、その人妻さんには旦那には告白できない性癖が在る!!ってことを前提にして、僕という存在価値が在るんだと言えるのだ。そういう意味で、旦那さんには80%の満足が在るんだけれども、残りの20%が満足できなくて、トータルとしてその人妻さんは旦那さんに対して及第点をあげることが出来て、でも、100%じゃないからこそ、その損失補填じゃないけれども、ある種の割り切りでセカンドパートナーの僕を求めてくれるんだと感じているのだ。

言い換えれば、そこに気付いてる旦那さんの奥さんはエロチャなんかには来なくてセカンドパートナーを求めないんだと思うし、人妻さんが求めてしまう”旦那さんのビミョウな物足りなさ”ってことを、僕が言うのも開き直りぽくって自己嫌悪に陥る部分も在るんだけれども、そんな人妻さんを持つ旦那さん自身が感じるべき部分があるんだと僕はプレイしていて、こういった記事を読んで考えるのだ。











そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説













僕の調教に極意ってのは、その女の子の中に在る絶頂を引き出すことにあるのだ

kage

2015/09/20 (Sun)










僕自身、いつもカミングアウトしている通り、異常性欲であることってのは自覚している。性癖として緊縛や陵辱が好きな変態だ!!ってのもあるんだけれども、特にリアルでのセックスでは、1度や2度の射精じゃ満足できなくて、本当に何発も何発も出して、やっと、”精液を射精しまくった!!満足だ!!”ってことになる。

だから、これまたいつも書いていることなんだけれども、エロチャなんかで知り合った女の子の大半は、それが信じられずに、結果、リアルで受け止めてくれた女の子はそれを体験して、”すっごく出されてしまった!!異常性欲って本当だったんだ・・・”って信じてくれるのである。

そこで考えて欲しいんだけれども、特にリアルセックスの時、結果として僕だって何発も出すんだけれども、女の子だって、それに併せて何発も絶頂を感じてくれてる!!ってことなのだ。つまりは射精回数の異常さに驚きながらも、体験した女の子は、女の子自身の絶頂回数にも驚く女の子が結構居るのだ。








言い換えれば、彼氏なんかとセックスした場合、その女の子は彼氏の射精に併せて逝くようにしているのだから、その部分で、2、3度の絶頂で、そこが限界だ!!って自分自身で思ってる女の子ってのがワリと多い!!ってことなのである。

僕なんかは、ブッチャケの話、女の子がどれだけ逝こうとも、それを無視して責めあげて強制的に逝かせるセックスが大好きだから、その部分で、極端な話、逝きまくる女の子ってのがワリと好きなのである。無論、そう言った女の子ってのはごく少数なんだけれども、敏感で、少しだけ蜜壷を弄るだけでも、反応して絶頂を感じてくれる女の子ってのは確かに居るのだ。そういう女の子は責めるだけ責めてあげれば、その分だけ、逝きまくってくれるから、なんて言うか、”玩具にしている達成感”的なものが在るのは間違いないのだ。

つまり他のオスはどうか?判らないけれども、僕の場合、確かに僕自身が精液を射精する!!ってことも大切なんだけれども、それと同じぐらい”こんなにも、その女の子を、肉奴隷にして逝かせてやった!!逝かせることで、その女の子の快楽を支配してやってる!!”ってのが大好きで、だから感じ易くて逝き易い女の子を相手にすることは、そう言った部分をお手軽に愉しめる!!ってのがあって、結構、そんな女の子とセックスするのが愉しいのだ。









画像はSQUEEZ炎の孕ませ乳(パイ)ドルマイ★スター学園Z ~クラス丸ごと‘アイドルユニット!’ クラス全員‘孕ませプロデュース!’~より
この画像は、『SQUEEZ』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






無論、考え方によれば、その女の子はそうやって簡単に逝ってしまうのだから、その部分でテクニックが上達せずに、女の子の感じ易さをお手軽に、独り善がりに愉しんでるだけ!!って言い方も出来てしまえるのも否定できない。ハッキリ言えば、やっぱり、苦手なのは完全無反応な女の子なのだ。

どれだけ抱きしめて舐め上げて弄りまくっても、それが”暖簾に腕押し”でレスポンスが無ければ、本当に、その手応えが感じられずに、イライラする!!ってのはホンネとして在ったのである。どんなにいわゆるマグロ系の女の子であっても、微かに息でも喘いでくれれば、それを緒にして、より責めてあげたくなるんだけれども、まったく無反応だと、最初のうちはどうにか攻略しようとしても、だんだんと、諦めてしまう場合も在ったのは間違いないのだ。

だから、少しでも、キッカケを作って、女の子に喘がせていくことが僕の最初の調教になり得るのだ。つまりは前にも書いたかもしれないが”ほらあ・・ウソでも良いから、喘いでごらん・・・こうやって来た限りには、マゾ豚になること、演じて、愉しんでほしいから・・”的に、本当に感じてるか?どうか?は別にして、その女の子から愛撫のレスポンスを引き出していくのが、調教の最初の1歩だと僕は考えているのだ。それで大体の女の子は少しずつ、”犯されて肉棒に狂うマゾ豚になる”ことを愉しんでくれるようになるのだ。








つまりは、エロチャなんかで出会う女の子ってのは、それなりにレディコミなんかで、”オスに玩具にされて感じてるヒロイン”に憧れて来ている女の子が多いんだと感じている。特に、そんなマグロ系の女の子は、そうやって狂いたいのに、羞恥なんかで、どうやって振る舞うのが良いか?判らなくて、結果的に、その快楽を”内に籠らせて”表現しきれなくなっている真面目な女の子が多いのだ。だから、”なんの為に来たのか?”ってことを自覚させて、なおかつ、”どんなヒロインになりたいのか?”を演じさせることで、だんだんと、演じることが、自然になって、素直に、その感じてる表情を見せてくれるようになるんだと僕は感じているのだ。

だから、その発展として”羞恥プレイとしての言葉責め”があるんだとも感じているのだ。つまりは、大半の女の子は”私は淫乱なマゾ豚です!!ご主人様のコチコチの肉棒、このスケベな蜜壷の中にしゃぶらせてください・・・”的なおねだりはしたことが無いだろう。しかしながら、大半の女の子は、先ほど書いたとおり、レディコミのヒロインのように、どこか積極的にマゾ豚になって、”淫らな自分自身に酔っていきたい!!”ってのがあるんだとも感じているのだ。

それ故にそこを上手く引き出してあげてリードできるか?ってのが調教の方法論になるんだとも僕は思っている。つまりは、どんなに漠然とエロチャに来ちゃってても、その女の子はどこかしら、マゾ豚に憧れている!!部分があるのだから、そのイメージを如何に膨らませてあげるか?って事になって、その理想とするヒロインってのは、受け身であっても、泣き叫んだり、おねだりして、快楽を表現していくってのが根本に在るはずなのだ。









そうなれば、その女の子にも同じように”演じさせる”ことで、そんなレディコミなんかのヒロインと、感覚的に”同化”していくことが出来るんだと思うのだ。だから、”命令”として、敢えて、おねだりさせたり、羞恥を晒すようなことを強制したりして、女の子に表現させていくのである。それによって女の子はそれが”当たり前”になっていって、結果、マゾ豚として完成されていくんだと僕は調教して実感するのだ。

つまりは最初は命令されて、嫌々の演技なんだと思うけれども、繰り返すことで、当然として女の子は僕に何を命令されていくか?ってのを覚えていくのだ。そうなると命令されることが当然になって、それ以上に、女の子自身が自発的にそれを積極的に愉しむようになるのである。言い換えれば、そうなるようにリードしていくのが僕なりの調教の醍醐味で、そうやって積極的に僕好みにマゾ豚として振る舞わせていくことが、その目的になる!!って言えるのだ。

そして、言いたいことなんだけれども、そうやって、演技であっても、それをさせていくことで、女の子にとっての当たり前=自然になるのだ。そう考えれば、絶頂も、そうやって、支配できるんだと僕は感じているのである。つまりは、確かにそのためには在る一定のライン、その女の子に感じさせる必要が在る。何も愛撫もせずに”逝ってみろ!!”と言っても無理なのは当然だろう。しかしながら、そうやって愛撫してあげれば、それなりに女の子は意識的に”逝く”事が可能なのは間違いないのだ。








つまりは交尾して強引に犯し尽くして、肉体的に強制的に逝かせることも可能なんだけれども、それと同じぐらい、女の子はどこかしら、その絶頂をある程度は、自発的にコントロールしている部分ってのがあるんだと僕は感じている。つまりは、例えば、まだまだ逝きたくないのに、オスが活きそうになれば、それに併せて”とりあえず逝く!!”的な事を女の子はしている部分が在るように思えるのだ。そう考えれば、絶頂を意識させることで、女の子を逝かせることも可能だ!!ってことを僕は言いたいのである。

つまりは、例えば、蜜壷いじりでも、女の子が逝きたくなくても、”ほらあ・・こうやって弄られて、その蜜壷はひくひくし始めてる・・・意識してごらんよ・・・こんなにも濡れて、止まらなくなってるんだろ?”的に責めあげて、女の子に絶頂を意識させて逝かせることは可能なのだ!!と僕は感じているのだ。

無論、中には”そんな事ない!!まだ逝けない!!”なんて言っちゃう女の子も居るんだけれども、”そうかなあ?意識してごらんよ・・・ほらあ・・判るよね?こんなにも締まってきてること・・・・この蜜壷はに肉棒、欲しがって止まらないんだ・・・”ってふうに女の子にイメージさせると、それによって女の子は逝くことが止まらなくなる部分があるんだと僕は感じているのだ。



アダルトアニメDVD通販





だから、それを利用することで、女の子の身体を”逝き易い”身体に開発のは可能なんだと思っている。つまりは、そうやって”絶頂を意識させる”ことで、女の子は何度でも逝ける身体になっていくのだ。そうやって、女の子に繰り返しの絶頂を覚え込ませて、その快楽が中毒になっていくことを意識させて、僕はその女の子を支配していくのである。

つまりは”ご主人様とセックスすると何度でも逝っちゃう!!気持良すぎる!!専属の肉奴隷に忠誠を誓いますから、もっと逝かせて感じさせてください・・”ってふうに言わせるのが僕なりの理想なのだ。言い換えれば、大半の女の子はそうやって、何度でも逝ける身体なのだ。それを他のオスは引き出してないだけで、僕はそれを引き出すことで、その女の子を支配していってるのだ。













そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓









セックス前提の出会いで愛情ってのは、互いにその次もしたくなるか?どうか?ってところに存在してるんだと思う

kage

2015/03/18 (Wed)












僕の場合、いつもこのブログで書いてる事なんだけれども、エロチャなんかで出来る限りリピートしてもらって、そこから、だんだんとだんだんと・・・ってふうにエスカレートさせていく!!ってのが、基本的な女の子の戦略なのだ。言い換えれば、如何にして、その関係を続けていくか?ってことになって、そうだからこそ、女の子は、最終的に僕とのリアルでのセックスを受け入れてくれるんだと思うのだ。

無論、リピートしてくれるすべての女の子がそのままリアルでのセックスの相手にならないのは事実として言えるのである。もっと言ってしまえば、エロチャのレベルでどんなにリピートしてくれていても、そこからガードが堅くて、なかなか写真でさえも見せてもらえない場合もあるのだ。そう考えれば、どんなにリピートしてもらっても、無理な女の子は無理!!ってのが当然言える部分もあるのは間違いないのだ。

それに実際的において、やっぱり僕とその女の子の生活圏の違いの問題もあるのは事実なのだ。例えば、簡単に言えば北海道と沖縄で離れて住んでいれば、当然として、そのセックスのためだけにいきなり出かけるのはお互いに難しくて、その部分で、エロチャなんかの相性が良くてリピートしてくれてても、実際的に逢えない場合もあるのだ。










そうなれば、まあ、僕自身、その女の子が僕とのエロチャに飽きるまでは付き合うんだけれども、結局はそうやって何かの拍子にしなくなっちゃって、僕自身も、そう言った女の子は無理に追わないから、それで関係が終わってしまう!!ってのは普通にある。無論、中には新幹線や飛行機なんかで来てくれる女の子も居るんだけれども、でも、まあ、そう言った女の子は”マレ”なのは間違いない。

だから、単純にリピートリアルでのセックスに結びつく絶対的な基準ではないんだけれども、しかしながら、逆に言えば、リピートも無しでリアルでのセックスを受け入れてくれる女の子は、”ほぼ”居ない!!ってのも事実として言えてしまえるのである。ここで”ほぼ”ってふうに書いたのは、確かに中には来た時点で、リアルでのセックス相手を探すのが目的の女の子もごくタマに居るのは事実であるからである。実際、そんな女の子とも僕はリアルでセックスしてしまった経験がある。

ただ、そんな女の子はあくまでも、”その瞬間のセックスの気持ち良さ”ってのを求めていて、リアルなセックスの関係になっても、”その場限りで愉しめれば良い!!”ってのが大体のパターンなのだ。そうなれば、僕だって、そんな時のセックスってのは、女の子自身が雰囲気的にこの次の関係を求めていない!!ってのを感じるから、つい、まあ、”精液を出せれば良いか・・・・”って感じのエゴイスティックなセックスをしてしまう部分があるのは間違いないのだ。だからこそ、かもしれないけれど、まあ、そんなタイプの女の子は、その瞬間、セックスを”プレイ”として愉しんで、そこで”お仕舞い”になるのである。











僕自身は、やっぱり、リアルなセックス関係になっても、その女の子を長期に犯して調教して専属の肉奴隷に開発していく事が好みだから、そう言う意味で、その瞬間の”関係が続かないセックス”ってのは、ミョウに気持ち的に醒めてしまう部分があるのだ。無論、目の前にそれなりにハダカの女の子が居てセックス出来るシチュエーションなのだから、その部分では肉棒は勃起するし、性欲的にその女の子を犯そう!!って思うんだけれども、言い換えれば、それ”だけ”になってしまうのだ。

つまりはエロチャなんかでリピートを繰り返してくれて、写真を見せてくれたり、TELセックスをプレイしたりした女の子ってのは、やっぱり、それなりにリアルでのセックスの関係になっても、女の子自身、”リアルでもその関係は続いていく・・・”ってふうに考えて来てくれる!!ってのがある。そうなれば、僕自身も、その日1回限りのセックスで終わらない!!ってのを考えるから、そうなれば、”今日はこのあたりで・・・・だから次はこうやって・・・”ってふうに、ブッチャケの話、それなりに、その女の子に対する”調教スケジュール”を考えながらセックスして、その女の子を求めていくのだ。

言い換えれば、僕自身、その女の子を首輪もしたいし、緊縛もしたい!!露出!!もスパンキングも・・・・!!ってふうに具体的なプレイを考えるだけでも、色々とあり過ぎるのは間違いないのである。しかしながら、実際的に最初の1回目で、そこまで激しいプレイってのは出来ないのが現実だし、そうやってプレイを詰め込み過ぎると、セカセカしてじっくりと愉しめなくなる!!ってのもある。それにやっぱり、その女の子の反応を愉しんで・・・ってのを求めたいし、もっと言ってしまえば、その女の子が”こんなふうに反応して欲しい!!”って部分を調教するにも手間ヒマが掛かるのだ。











画像はゆりんゆりんその花びらにくちづけを ミカエルの乙女たちより
この画像は、『ゆりんゆりん』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。







そして、やっぱり、リアルでのセックスであっても、その女の子自身が本当に気持ち良くなってくれて、”ご主人様のメス豚になって悦んでしまっている!!”ってことを自覚してくれないと、結果的にその関係は続いていかない!!ってのが事実として言えてしまえるのだ。だから、関係を続けようとすれば、その女の子の雰囲気を如何に読んで、その女の子を満たしてあげるようにリードしていかなければならない!!ってのが実際のところ、あるのだ。

つまりは、そうなれば、確かに調教プレイで、僕自身が飼い主で、その女の子は肉奴隷で・・・・って図式はあるんだけれども、単純に僕の本能のままの性欲を押し付けても、その女の子は愉しめない!!ってのがあって、その部分で、どんなに調教セックスであっても、それなりに、その女の子を満たしてあげる”サービス精神”ってのが僕自身に必要なってくるのは間違いないのだ。

だから、思うんだけれども、エロチャの時からそうなんだけれども、確かに構図としては、オスの性欲のままに女の子を支配して肉奴隷にする!!ってのが調教プレイなんだけれども、だからこそ、如何にして、女の子を肉奴隷として満足させていく事が出来るか?って部分が何処かにないと、女の子自身が積極的にマゾに成れない!!ってのがあって、そうなると単純に犯しているだけのプレイになってしまって、結果的に関係が続かなくなるのである。









つまりは、やっぱり、セックスの根本ってのは、お互いの満足であって、特に調教プレイでオスがリードするとすれば、リードするオス側がそれなりにシナリオを作って、その女の子が”マゾ豚であることを悦ぶ”図式を作り上げていく事ってのが重要になるんだと思っている。

言い換えれば調教プレイの本質ってのは、リードするオス側の方がメスにサービスする側面があって、初めて、成立する部分があるんだと思える。そう考えれば女の子にサービスする!!ってのは、その女の子に対する愛情でなければならないし、愛情ってのは、やっぱり、その瞬間だけでは無くて、続いていくモノとしてあるのだろう。




同人ダウンロード





確かにセックス前提の出会いで、愛情云々を言うのはシラジラしい部分はあるんだと思えるし、やっぱりどこかその部分で互いのリアルな日常に踏み込み合わないドライさもあるから、本当の愛情のあるセックスなんだ!!ってのは言えないもかもしれない。

しかしながら、それでも、その時求め合う気持ちってのは確かに在って、だからこそ、その関係を続けたくなるのだ。そう考えれば、セックス前提の出会いであっても、愛情はあって、その表現方法として、互いに次も求め合いたい!!って思える部分があるか?ないか?ってことで決まっていくのだと思えるのだ。














そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓









いつでも真っ白に汚してあげる!!

kage

2015/02/21 (Sat)











君のその熟れ始めた身体は、いつの間にかこんなにも僕の肉棒、しゃぶっていく事、覚えて・・・もう何発も何発も欲しくて我慢出来なくなってるんだろ?子宮の奥で感じるままに、その腰、自然と揺らして、今の君は完全に快楽に溺れるメスの姿だから・・・

ほらあ・・・その顔にもたっぷりと精液、浴びる事、君は悦んで・・・・・真っ白になりながらも、それでも、まだまだ欲しがって・・・ああ、我慢できずに君はその本能のままにしゃぶって求めちゃうんだね・・・・・喉の奥まで咥えて、その舌を絡ませながら、僕の肉棒から1滴残らずに吸い上げるようにして・・・・

ああ・・・初めは命令されて、恐る恐るのはずだったのに・・・・いつの間にか、君はおしゃぶりする事に悦んで、こんなにも大胆に貪欲に欲しがるようになっちゃったんだから・・・・たまらないんだろ?僕だけのメスに成って、こんなにもいやらしくヨダレ垂らしながら、僕の肉棒の味、味わう事、覚えちゃって・・・・










画像はFLAT ひこうき雲の向こう側より
この画像は、『FLAT』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。







君はそうやって僕の精子の味、覚えて・・・中毒になって・・・ほらあ、セックス、止まらなくなっていくんだから・・・・舐めるままにその身体、火照らせて、その蜜壷もまた濡らして・・・もっと、もっと・・・その身体の奥に大量に欲しがることを君は我慢出来なくなっていく




そうだよね・・・・舐めるだけじゃまた君は我慢出来なくなって・・・・やっぱり、その蜜壷の中に欲しがって・・・・僕の肉棒にまたがって、そうして、奥まで欲しがっていくんだから・・・・もう君の性欲は僕の肉棒で止まらなくなってる・・・その身体、精液でドロドロに汚れながら、それでもまた、子宮の奥に欲しがって・・・・君はこんなにも真っ白に染め上げられることに喜んで・・・・

ああ・・・君は永遠に僕だけの肉奴隷だから・・・・僕だけがたっぷりと君に出して愛してあげる・・・・判るだろ?もうその身体も心も僕だけのモノので君は僕の肉棒だけでそのメスの部分、満たされていく・・・・ああ・・・・いつでも愛してあげるからね、君の事・・・・永遠に君は僕だけの肉便器だからね



ディスカバリー



君の中にたっぷりと精液、射精してあげる

kage

2015/02/18 (Wed)












ほらあ・・・今日もタップリと君を抱きしめてキスしてあげるから・・・・
そうだよ、その全てを僕だけに捧げて、君は誰にも秘密でメスに成っていくんだ
判るだろ?こうやって唇、奪われるだけで君のスイッチは入っていくんだから・・・・

ああ、もう、こんなにも、その蜜壷だってだらしなく濡れてる
判るよ・・・・君の身体はこんなにも火照って、メスの匂い、溢れて・・・たまらなく魅力的に成ってるんだから
僕だけが君を求めて味わっていく

ほらあ、その濡れ具合、確かめるようにして、君のお尻、抱き寄せながら、
顔を押し付けるように舐めあげる
たっぷりとしゃぶり尽して愛してあげるから・・・・いっぱい濡らして君は悦んでいくんだからね










ああ・・・・それだけで君は軽く逝っちゃって・・・・メスとして満たされていくんだね
でも、判ってるんだろ?もうこれだけじゃ終わらない事・・・
今からが本格的なセックスだから・・・・ほらあ・・その身体、ハダカにしてたっぷりと君を犯していく
意識してごらん・・・その全てはもう僕だけのモノだから
君は僕だけに求められて、その全てを捧げてメスに成っていくんだからね

そうだよ・・・君だって、本当はいっぱい欲しいんだろ?
その蜜壷の奥で・・・・子宮の中まで僕の事を感じたくて、こんなにもヒダヒダ、ヒクヒクさせてる
ほらあ、その君のメスの部分、たっぷりと僕の肉棒で味わってあげるから
そうやって、僕だけを君の中に受け入れて、ああ・・・・犯されて支配されていく事、感じてごらん
君はこうやって、いつでも僕だけのモノになっていくんだから・・・・

それでいい・・・そうやってワガママに蜜壷で僕の肉棒、舐めあげる事・・・意識して・・・・
本当は、君はその蜜壷で、僕の肉棒から1滴残らずに精液、しゃぶり尽したいんだよね
そうだよ、そうやって・・・・僕だけの精液、君はたっぷりと欲しがってメスの本能のままに狂っていくんだから
ああ・・・君のそんなワガママなメスの部分をたっぷりと満たしてあげたくて、
いっぱい君を求めて犯していく











ほらあ、どんどん、愛液・・・・垂らしながら、いっぱい精液と混じらせるように・・・・
そうだよ、君はその子宮で僕の精液、受け止めたくて我慢出来なくなっていくんだから
僕だけは君をいっぱい犯して愛してあげる・・・大好きだからね、君の事・・・・

ああ・・・ああ・・・・もっと君を感じたくて、僕はたっぷりと押しを揺らしていくから・・・・
判るだろ?君を独占したくて汚したくて染め上げたくて・・・もう、僕は止まらなくなってる
君のその身体、すべてを抱きしめながら、しゃぶり尽して・・・・愛して・・・・
そしてたっぷりと腰を揺らして君を求めて、奪っていく










画像は幻覚堂 サイミンZ
より
この画像は、『幻覚堂』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。







ああ・・・・君はそのお腹の中・・・・子宮で僕の事を感じて堕ちていくんだからね
ほらあ、もう僕の肉棒に君は抵抗出来なくなっていく
判るだろ・・・・もう最後まで逝きたくて、君だって我慢出来なくなってきてるんだから
そのまま、僕の精液、いっぱい欲しがってごらん

タップリと出して今から君を愛していく・・・・永遠に君は僕だけのモノだから・・・
そうだよ・・・その蜜壷で僕の精液、受け止めて君はメスに成っていくんだから
ああ・・ああ・・いっぱい犯して君は永遠に僕だけのモノになる
愛してるからね・・・君の事











そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓









君を求めて愛してあげる

kage

2015/02/17 (Tue)











ああ、君は僕の肉棒、誘うためにそんな姿で待ってくれてたんだね
判るよ・・・淫らに肉棒、欲しがって、こんなにもそのオッパイ、強調しちゃってる黒のビスチェ・・・・
その真っ白な素肌がすごく綺麗に見えて、もうそれだけでいっぱい味わってあげたくなる

ほらあ・・・こうやって、その生乳、イキナリ、めくられて観られていく事、判ってたんだよね
そのオッパイはこんなにも先っぽ、尖らせて、これから求められていく事、おねだりしちゃってるんだから・・・・
こうやって、僕だけは君を求めてしゃぶっていく
おいしそうに味見するようにマズはそのオッパイにキスするように・・・・わざとその尖った乳首だけを吸い上げて、君をメスにしていく

こうするだけで君はもう抵抗出来なくなっていくんだよね・・・・
肉奴隷として奉仕する事だけを求めて、その身体を火照らせながら、こんなにも蜜壷だって濡らし始めて・・・・
僕だけは君の本当の姿、知ってるんだから・・・・









ほらあ、たっぷりとその蜜壷、舐めて味わってあげる
その濡れ具合、確かめるようにして、ゆっくりと指を入れて、撫で上げながら、君のメスの部分、たっぷりと愉しんで・・・
こんなにも卑猥に濡れてかき混ぜるごとにクチュクチュ音があふれる蜜壷で・・・この感触は他のオスが知らない感触なんだよね・・・?
判るだろ?その身体は僕だけの肉便器になって、こんなにも君は悦ぶこと、覚えちゃって・・・・
もう、たっぷりと愛液、垂らして欲しがっていく

そうだよね・・・本当は君は僕の肉棒に犯されること、求めて・・・・こうやって判って来ちゃったんだから・・・・
そのメスの本能のままにいっぱい、その蜜壷に肉棒、欲しがって、だらしなく尻を付き出すのがお似合いで・・・・
そうだよ・・・これが君の幸せだから・・・今からたっぷりと中まで欲しがること、おねだりしてごらん

ああ・・・・・たっぷりと君を求めて犯してあげる
僕だって君の身体に欲情して、こんなにも肉棒、コチコチにして君を愛してあげたいから
そうだよ・・・・ほらあ・・そのお尻、抱えて、たっぷりとハメテて中に出してあげるから・・・・










画像はういんどみるOasis春風センセーション!より
この画像は、『ういんどみるOasis』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。








意識してごらん、その蜜壷で僕の肉棒、しゃぶり尽して、いっぱい中に欲しがること・・・・
そうだよね・・・本当は子宮の奥まで欲しがって、もう君の性欲は我慢できないんだ
ほらあ、運命のままに僕だけに愛されていく事、意識して・・・・感じるままにワガママになってごらん
僕だけはいつでも君の性欲、この肉棒で満たしてあげるから

ほらあ・・・たっぷりと愛してあげるから
そうだよ・・・いっぱい君の中に出して、満たしてあげる
意識して・・・・ほらあ、僕の肉棒でたっぷりと絶頂、感じて良いんだからね
だれにも見せられない、そのメスの部分、僕だけに晒して君は逝くんだよ
僕も君と一緒に逝くからね・・・・
愛してるから・・・君の事・・・・ほらあ、僕の精液でその子宮の奥まで染め上げる
ああ・・・もう我慢できないから・・・いっぱい出して君を愛して独占する
そうだよ・・・ほらあ、いっぱい僕の肉棒で感じてごらん
僕だけは君を求めて愛してあげる・・・だから、永遠に君は僕だけのモノだからね
君は永遠に、僕の肉棒だけで満たされていくんだから・・・・












そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓








エロチャでプレイする限りにはマズは女の子を信用する事から始めるべきなのである

kage

2015/02/02 (Mon)











当然として、エロチャなんかのプレイってのはモニタ越しの文字列のプレイで、実際的に女の子がどんな感じでプレイしているか?ってのは想像するしかない!!ってのが言えてしまえる。無論、状況によってはスカイプやTELでのボイスプレイになったり、リアルタイムでの”自撮り”であったり、女の子の様子を知る様々な方法があるんだけれども、基本はやっぱりモニタ越しの文字列のプレイであることは間違いないのだ。

そう考えれば判るんだけれども、こちらがどんなにリードして女の子にオナニーさせて淫らな気持ちにさせようとしても、その女の子が上手く乗ってくれなければ、結果としてその女の子は興奮もしてくれないし、もしかすると、TVでお笑い番組なんかを観たりしながら、その片手間でプレイしている可能性だって出てくるのだ。そうなれば、客観的に考えれば、こちらの方が必死になっている分だけバカみたいな状況が現れている可能性ってのは否定できないのだ。

無論、女の子だって気持ち良くなりたくて原則的に来てるんだと僕は信じているから、その部分で、女の子を興奮させることが出来ない!!ってのは僕自身のスキル不足ってのもあるし、相性の問題だってあるのだとも思える。その場合、ハッキリとNG!!を出して女の子がそのチャットから落ちてくれるのであれば、それはそれで仕方ない事なんだと思えるし、いわゆる”無言落ち”であっても、女の子が愉しめないプレイをしてしまった僕自身のほうが悪いのだから仕方がない事なんだと思えるのだ。











そう言う意味で、僕とのプレイがNGならNGでなんらかの方法でそのプレイから落ちてくれれば、それはそれで仕方がないんだと思うけれども、先ほど書いた通り、”中途半端”に付き合ってくれる女の子ってのも少ないながらも居るのは間違いないのだ。無論こんな女の子は大体は、”オスがプレイで興奮してるのに途中で落ちるのは悪いし・・・”ってふうにプレイするオスの気持ちを考えて”入った限りには最後まで付き合うのがマナー”と考えてくれている女の子なのだろうと思える。

だから、その女の子がプレイで興奮せずに付き合ってくれているだけなのか?どうか?それとも本当にオナニーして感じてくれているか?ってのを如何に気付いていくか?ってのがある意味、オス側のエロチャなんかのテクニックなんだと思えるのだ。例えば、プレイ中に、”気持ち良い・・・”であるとか、”ハアハア・・・”ってふうに、それなりにチャットで対応してくれる女の子が居るんだけれども、それだけでもある意味、僕のプレイに付き合ってくれてるのだから、それなりにそのプレイは成功してるんだと僕は思うようにしているのだ。

つまりは大半の女の子は僕とのプレイがNGであれば最後まで付き合ってくれずに途中で”落ちてしまう”のが通常で、それを考えれば、最後までプレイ出来れば、僕の場合、一応、そのプレイは合格点になるのである。無論、それで再度リピートしてくれるか?どうか?ってのは別の問題になるんだけれども、それでも最後までプレイ出来た!!ってのは、僕自身の中では最低限の及第点としての合格なのである。









そして、特にその名前や来ている服、髪の毛の長さ、下着の色なんかを訊き出せれば、それだけ女の子はプレイに参加してくれている!!ってことで、これまた僕の中でのプレイの得点が上がっていくのである。そこに性体験や好みのプレイの内容、願望や性感帯なんかを女の子から訊き出せることが出来れば、より僕の中でのそのプレイの得点は上がっていくのである。そして最終的には、その写真を見せてもらってTEL番号やメアドを訊き出してリアルでのセックスの約束まで出来れば100点満点なんだと思えるのだ。

無論、当然としてイキナリ初めてのプレイで完全に本当の名前や勤め先、TEL番号まで訊き出せることは無いのは事実として言えてしまえる。だから最初から100点満点のプレイってのはあり得なくて、マズは最初のプレイは、最後まで逝き着くことが出来るか?ってのが目標になるのだ、。つまりは、女の子からウソでも”気持ち良かった、また来るね!!”って言ってもらえるようにプレイしていくのが目標になるのである。

だから、結局はプレイが続く限りには、女の子は僕のリードのままにモニタ越しにオナニーして感じてくれてるんだと信じるしかないのは間違いないのである。言い換えればいつも書いている通り、実際的な部分において、その女の子が本当にオナニーしてるか?どうか?ってのは確認しようが無くて、ソモソモ、本当にモニタの向こうにいるのは女の子か?どうか?ってのも判らないのが実情で、本当は悪意あるオスのイタズラである可能性さえも否定できないのだ。











画像はCUBE your diary +Hより
この画像は、『CUBE』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






実際、恥ずかしい話なんだけれども、そうやって悪意あるオスにイタズラされて、チャットのログが掲示板に流れてしまったこともあるし、リアルで逢う約束までしたのに誰も居なかった!!ってのもあって、その部分で何度かは手痛いミスをしてしまった経験もあるのだ。ただ、それ以上にそれなりに女の子と知り合ってリアルでプレイしてきた事実もあって、それ故にそんなリスクがあってもプレイして愉しみたい!!ってが僕のホンネになっていくのである。

だから、エロチャなんかの出会いにおいてはやっぱり、マズは相手の女の子の事を信じる必要が前提としてあるのだ。無論、その女の子が絶えず100%本当の事を言ってるとは実際のところ思えない部分もある。例えば年齢やスタイルなんかは初期の頃は特に”オスが望む理想の女の子”を演じてくれている場合もあるし、いきなり本当の名前や仕事なんかを告白されてもどこかリアリティーが無いのは事実だろう。そう考えれば、完全に頭からすべて信頼して・・・ってのは難しい部分がある。

しかし、プレイそのものまで愉しめてないのに愉しめているフリをしてるんだ!!ってふうにまったく女の子を信頼しないのも絶対的にしてはならない行為で、それならエロチャそのものをする必要は無い!!ってのが言えて、プレイを如何にして愉しめるか?ってことをマズは考えれば、相手の女の子の振る舞いをマズは原則論として信じる事なのだと思えるのだ。そう言う意味で、だまされても問題は無い部分に関しては出来る限りマズはオスの方から信じて、そうやって女の子を求めていく事がエロチャでの出会いの重要なキモなのだと僕は思うのである。













そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓







都合のよいセックスフレンド? ~Hなおねだり鬼仕様! 5人の希望はエロエロヘビーローテーション◆編~

kage

2015/01/20 (Tue)






////////////////////////
エッチなアニメ紹介
////////////////////////

都合のよいセックスフレンド? ~Hなおねだり鬼仕様! 5人の希望はエロエロヘビーローテーション◆編~








画像はPoRore:都合のよいセックスフレンド? ~Hなおねだり鬼仕様! 5人の希望はエロエロヘビーローテーション◆編~より
この画像は、『PoRore:』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






<STORY>五人のセックスフレンドを持つ主人公、『荒浜 遊』会社の同僚、『清水美紗子』荒浜のアパート近くで喫茶店を経営する『柳 涼子』知り合いの女学生『星野小鳥』とある大企業の女社長『遠藤真貴子』出会い系サイトで知りあった『神島藍那』誰か1人なんて選ぶことはできず……そんな荒浜の気持ちを受け入れて、この5人は「平等に荒浜に愛してもらう」ということを条件にセックスフレンドの関係を継続することを決めたのだった。しかし、連日連夜5人からエッチを迫られる日々が続いていたおかげで、荒浜の身体がは疲労困憊。エッチは嫌いではないけれど、さすがに体力の限界を感じていた荒浜は「ちょっとこの関係、見直さないか?」と提案。ヒロインたちからグチグチと責められてしまうが「とにかく明日も仕事があるんだ!」とヒロインたちを部屋から追い出してしまう。荒浜に追い出されてしまったヒロインたちは、涼子の経営する喫茶店で緊急会議を開く。荒浜が重荷に感じるのは最悪のパターンにつながる危険性もあるので、ここで一度ルールづくりをする必要があるのでは? と大人な涼子から提案。翌週から始まる5人の美女達によるエロエロヘビーローテーションに、果たして荒浜は耐えられるのか!?





好評販売中!!




FC2動画









kage

2015/01/18 (Sun)











ああ・・・君はこんなにも僕の肉棒、ムサボってだらしなく、その唇からヨダレ、垂れ流して悦んでるんだね・・・こんなにも恍惚にその瞳をトロンとさせて・・・判るよ、君のそのアタマの中はもう、僕の肉棒の事しか考えられなくなってるんだろ?もう君は普通の女の子じゃないからね・・・こんなにも肉棒に狂ったマゾ豚だから・・・・

でも、それが僕には嬉しいから・・・・僕のためにこんなにも君は狂ってメス豚になって・・・・喉の奥までしゃぶり尽して欲情してる・・・君はもう僕の肉棒でしか満足出来ない身体になってる事、感じちゃってるんだよね・・・ほらあ、もう他のオスの肉棒じゃ君は満足できなくなってるんだから・・・









画像はLamia 発情スイッチ~美姉妹が催眠術に堕ちた先~より
この画像は、『Lamia』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






そうやって僕の肉棒に狂ってくれた君が愛しくて・・・僕もいっぱい君にしゃぶらせて出してあげるから・・・・判るだろ?今だってその口の中にこんなにも精液が溢れて、ヒクヒクして・・・・君で1滴残らずに精液、射精したくてハアハアしてる・・・僕の全てを君で出し尽くしてあげたいから

ああ・・・そうやってしゃぶり狂ってる君のアタマを抱えながら、もっと押し込むようにして、君を求めて犯し尽くしていく・・・他の誰でもない僕だけの君だから・・・・僕だけが犯して汚し尽くしてあげる・・・・その身体の中まで真っ白にして染め上げて、その全てを求めて奪っていくよ・・・永遠に君は僕だけのものだから・・・・愛してるよ、君の事




Nail




kage

2015/01/16 (Fri)











僕自身、そのドラマを観もせず、適当にニュースなんかのヘッドラインだけで判断しちゃってるけれども、あるドラマのヒロインである人妻さんが旦那に従順に尽くしている姿を観て、”こんなのあり得ない!!”ってふうに話題になっているらしい。確かに、ザックリとした言い方になるんだけれども、オスに従順に尽くして従う!!ってことは、それだけ肉体的にも精神的にも女の子にとってはつらいものがあるのではないか?と想像はできる。

しかしながら、その一方で、ある種の理想像として”こんなふうに成れたら・・・・”的な部分が女の子の中にもあるのだろう。オスに完璧につくして愛される貞淑で真面目な奥さん・・・実際やろうとすると大変で出来ない事なのかもしれないが、でも、心のどこかでそう言った部分ってのは女の子自身求めている部分もあるのではなかろうか?とオスのエゴなのかもしれないが僕自身、感じる部分もあるのである。

それは僕と女の子の調教関係において、それに近い事が言えてしまえるのだ。つまりはものすごく安易に言ってしまえば、その女の子にとっての僕とのセックスってのは、”御主人様の性欲のままに求められて犯されてる・・・・支配されて使われていく事にメスの満足を感じる・・・”なのだろう。確かにこの感覚ってのは一方通行過ぎるのかもしれないが、それでも、”束縛する・束縛される”ってのが究極としての調教関係としてあるのだから、女の子はその部分で悦んでメスに成らない限りには、ある意味、”私はマゾ豚だから・・・・”ってふうには言えないのだと思えるのだ。










無論、マゾ豚の中には、”オスの肉便器になってヤリ捨てられてオモチャにされてる・・・”って部分に肉体的な快楽と自己陶酔な悦びを感じるマゾ豚が居る事も否定出来ないし、もっと言ってしまえば、そうやって扱われて、”便器扱いされることに感じてしまう”メス豚の方が、真正のマゾ豚なんだと言えるのかもしれない。

しかしながら、僕自身、そう言った部分で”似非”サディストの自覚があって言ってしまうんだけれども、女の子のマゾ性ってのは、何も変態なセックスに興奮することを目的にしてるんじゃなくて、そう言ったプレイを手段にして”オス束縛されて支配されていく事”にメスの悦びを感じる部分にあるんだと思えるのだ。つまりは”所有されて束縛されるからこそ、そのオスだけのオモチャになって他のオスから守られて独占される”ことに女の子は本能的にメスとしての満足感を感じてるんだと思うのだ。

そう言う意味では、抱きしめてキスするだけでその女の子にオスの独占欲や束縛を感じさせることが出来るのであれば、それだけである種の調教プレイってのは成立するんだと思える。しかしながら、実際的にそうやって抱きしめるだけでは、束縛の実感があまり感じられないからこそ、女の子はオスの変態性癖のままに肉便器になって汚れていく事に”独占される満足感”を感じて悦んでいくんだと僕は調教していて感じているのだ。









だから、まあ、より変態なプレイを飼い主のオスから求められて、それを受け入れていく事に、女の子は”ああ・・・私ってマゾだからオスに命令されて、こんなにも変態プレイを受け入れてしまっている・・・”ってふうに感じるのではないだろうか?と僕は思えるのだ。そう言う意味ではある種の女の子にも”自己陶酔”があるのだろう。言い換えれば、キモオタデブの僕とその瞬間だけ特別な時間を過ごしていて、その間だけ女の子はマゾ豚になれる!!んだと思えるのだ。

つまりは、例えばその女の子が24時間365日完全に僕の家で監禁されて肉奴隷として扱われるとする。実際、エロチャなんかの出会いの中で女の子は、そうやって完全監禁されて肉奴隷に成って精液漬けにされたい!!なんてことを求めてくる女の子だって存在するのだ。しかしながら、僕の感覚で言ってしまえば、そう言った部分ってのはある種の妄想の拡大で実際、そんなことは出来ないからこそ、エロチャ故のカミングアウトなんだと思える場合の方が多い。

それに調教プレイってのは、ブッチャケの話、ある意味、僕自身が凌辱性癖の持ち主だからこそかもしれないが、オスの変態なエゴのままに求められて従わされる!!ってのが女の子のそのプレイの本質になるのは間違いないのだ。そう考えれば、なんとなく気付いてもらえるんだと思うけれども、やっぱり、女の子だって、その女の子自身の求めるプレイってのがあって、オスの変態性癖のままに犯されるだけのセックスってのは、究極的な部分で満足する事ってのはあり得ないんだと思える。










画像はSPINDLE 僕と2人のご主人様~保険医と同級生の危ない性癖~より
この画像は、『SPINDLE』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。







しかしながら、こう言ってはなんだけれども、月に1,2度のペースで、その瞬間だけメスの本能のままに思い切り凌辱されて求められてメス豚に堕ちていく・・・・ってなれば、女の子はそう言った調教セックスを悦んで受け入れられるのだと感じるのだ。無論、確かにそうなっても、それなりに女の子のやりたいことやそうして欲しい事を、僕自身が出来る限り、そのプレイの流れの中で”織り込んでいく”ようにリードしてるんだけれども、やっぱり、僕とのセックスってのは”束縛する・束縛される”の中で感じていく事になるのだから、そう言う意味で女の子は、僕の理想のメス豚になっていく事を求められている!!って部分が感覚的に強くなっている!!ってふうに思えるのだ。

ただ、その女の子は、こう言ってはなんだけれども、性癖的にそうやって”御主人様の理想のマゾ豚に堕ちたい・・・・”ってのが前提に在って、だからこそ、そう言った調教セックスに満足している!!ってのが言えて、だからこそ、その女の子は性癖的にマゾ豚だ!!って言い方も出来るんだとは僕なりに理解しているのだ。そう考えれば、アカラサマでものすごくドライな言い方になるんだけれども、”毎日24時間ずーっと肉奴隷生活が続いてるんじゃなくて・・・その瞬間だけマゾ豚としてオスの理想像を演じて身体も心も奉仕する事に満足している!!”ってのが女の子の本質なんだと思えるのだ。









つまりは実際的において24時間365日、永遠にオスの理想像を押し付けられたマゾ豚を演じるのは女の子にとって辛いことで、そうやって演じることに飽きを感じる部分も生まれてくるのだろう。しかしながら、その特別なイベントとして、月に1度か2度、そうやってマゾ豚になっていく事は、その女の子にとって、その瞬間だけ”オスに尽くしてメスとして求められる悦び”を感じる特別な時間になって、その特別性に興奮や満足度があるんだと思えるのだ。

だから、マゾ豚の女の子ってのは当然として24時間365日、ずーっとマゾ豚ではありえないのである。オスに尽くして悦ぶ・・・ってのは特別な瞬間だからこそ、その女の子は愉しめるのであって、そう言う意味ではやっぱり、ある種の2面性の中で、リアルな日常のキャラクターと飼い主である僕に奉仕するマゾ豚のキャラクターを切り替えて女の子は”マゾ豚である時間”を愉しんでると思えるのだ。だからこそ、その寸簡だけは僕に対して従順にもなれるし、その身体も心も貢いで、メスとして女の子は満たされていくのだろうと僕は分析するのである。












そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓






君の身体の奥まで染め上げてあげるから

kage

2015/01/13 (Tue)










ああ・・・君はこんなにも僕の肉棒を愛しそうに舐めて、いっぱい精液、欲しがって我慢できないんだね・・・・いつのまにか、こんなにも淫らにしゃぶることが当たり前になって、もう君は僕の肉棒無しじゃ生きていけなくなってるんだね・・・初めての時と比べてこんなにも卑猥になった君を見つめて、イマサラながら想うよ・・・・

でも、だからこそ、君でいっぱい精液を出してあげる・・・ほらあ、舌で舐めあげるだけじゃなくて、その口いっぱいに含んで吸い上げて、君は満たされていくんだ・・・・その口にもいっぱい精液、おねだりして・・・・1滴残らずにしゃぶり尽したくて止まらないんだろ?僕は君だけのためにいっぱい射精してあげるから・・・・










画像はCROSSOVER 花嫁狩凌~絶対快楽の白濁淫毒~より
この画像は、『CROSSOVER』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。







そうだよ・・・・ほらあ、判るだろ?君のその口の中でこんなにも僕の肉棒がヒクヒクして、君を求めてもう我慢できずにあふれさせてる・・・・もっと、もっと、君を汚したくて染めたくて・・・・だんだんと、だんだんと、真っ白な精液で混じり始めて・・・君の身体の中まで僕だけが汚していくから・・・・

ああ・・・君はこうやって上も下も使われて、その身体全体で真っ白に染まっていくんだ・・・僕の精液だけでトロトロに汚れてもうその身体の中に絡みついて取れなくなる・・・・ほらあ、もう他のオスが嫌がるほどに僕の精液で君はマーキングされて感じていくんだから・・・君は僕だけのモノだからね・・・・・これからもいっぱい愛して汚してあげる・・・僕だけが君の飼い主で、汚しても良い存在だから・・・・・




バニラ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。