FC2ブログ
2007 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2007 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剃毛_続き

kage

2007/05/31 (Thu)

ただ、本音の部分に“脅威の排除”の部分があるのかもしれない。
黒々と美しくはえ揃った陰毛は、その娘の成熟を否応なしに、男に見せつけてい
く部分であることを意識せざるを得ない。
そうなれば、その娘の性体験を意識せざるを得なくなるし、セックスに対して男
の場合、どこか己の方法や経験に不安を感じているため、想像した娘の性体験と
の比較を意識する。
熟れた身体はすっごく魅力的に感じるのだが、熟れすぎた身体はオスにとって脅
威なのだ。
それは何も年齢的なものではない。ストレートに言っちゃうとセックスに慣れす
ぎた女性が脅威なのだ。30代40代の女性でも可愛い女性は存在してるし、苛
めて独占したくなる。しかし、若い女性でも、セックスをし過ぎて、それまでに
ぶっかけられた精液を意識させられるぐらいの娘の身体は、興醒めしてしまうの
だ。
その象徴が黒々とした陰毛であろう・・・
だからこそ、陰毛を剃るという行為はその脅威を排除するという意味があるのか
もしれない。
深層心理の問題であるから、オスの総てがそう思っているとは、言えないことも
意識しているし、だからと言ってまったく僕個人だけの気持ちでは無いともいえ
よう。
なぜなら、実際、女性の肉体的な魅力を語る時、巨乳であったり美尻であったり
するけれど、それと一緒に無毛も女性の魅力を表すキーワードのひとつになって
いるのも男性写真誌の見出しやAVビデオのタイトルなんかを見れば、一目瞭然
であろう。
確かに陰毛に隠された部分が確実に毛が無いことによって、あからさまに見えて
しまう興奮もある。それにそのことによる女性の羞恥も堪らなく興奮する。でも
結局は、“女性の性体験の脅威に対する排除”の意味が大きいような気がする。
後・・・これは個人的な感想で思いきり身勝手な部分であることを理解して、敢
えて言っちゃうと“剃って無いほうが舐めやすい”ってのがある。
舌を這わせた時、在れば、どうしてもワレメだけを舐めている意識は無くなるし
、舌に陰毛が当たるのは仕方が無いことかもしれないけど、やっぱり純粋に舐め
るためには、毛が無いほうが舐めやすい。
こうやって考えると女性の魅力陰毛の関係はたまらなく微妙なのだと思う。

関連記事

剃毛_成熟と脅威

kage

2007/05/30 (Wed)

こんばんは、まや。
マヤのツルツルなワレメを思い出すと我慢できなくなって真夜中なのに、メール
してるよ・・・
まやは、僕と出逢った時は、その成熟した身体を表すようにして、美しく陰毛
そのワレメを隠すようにしてはえていたよね・・・
でも、僕にはそんな綺麗な陰毛がどうしても壊したくて、それにどこか怖くて、
我慢できずにまやを縛り付けたまま・・・その陰毛を剃っていったから・・・初
めは濡れた陰毛をハサミでジョキジョキ切ったから・・・切られた陰毛は濡れて
床のカーペットに落ちていったね・・・ほんの少しだけど床に落ちなかった陰毛
はその真っ白な太ももに微かに張り付いて僕にはすっごく卑猥に見えた。
そうやって切ってると始めは抵抗していたまやがだんだんとハサミの音にあわせ
るようにして息を喘がせながら、そのワレメからたっぷりと愛液を溢れさせてい
ったのが分かったから・・・
あの時、本当に意識したんだよね・・・まやは・・・本当に僕だけの玩具になっ
て忠誠を誓っていくことを・・・僕はそんなまやの諦めにも似た快楽を完全に受
け入れた表情を見てしまうと本当に僕だけのまやにしたんだとより全てを求めて
いきたいとまやを独占したくてより壊したくて堪らなくなったから・・・
今度逢ったときは、まや自身が僕だけのために綺麗に剃ったワレメを僕だけに見
せていくんだからね・・・
そうやって従順に僕だけのために淫らになるまやはすっごく可愛いんだから。
またきっといっぱい愛してあげる。
大好きだから・・・誰にも秘密で愛していきたいから、まやからのおねだり、待
ってる。愛してるよ、世界中の誰よりも・・・


陰毛を剃ってしまうという行為はシチュエーションとして結構定番なプレイの一
つだと言える。
でも、やっぱりその行為自体変態プレイの一つだし、完全に跡が残ると言う意味
で緊縛や露出なんかよりも抵抗がある女の子も多いだろう・・・
でも、剃毛ってのは飼い主にとってその娘に対する肉体改造の一つなのだから、
それを通じて心まで改造していく気持ちになれるし、具体的に客観的に調教の跡
が残るから、その娘が別の男をくわえ込むことを出来なくして、裏切りを許さな
くさせてしまう方法の一つになるとも考えられる。
そう意味ではその娘を独占していく手段として最高の方法なのかもしれない。

まだ、今回も続きます・・・
ごめんなさい
関連記事

すいません・・・・おやすみです

kage

2007/05/29 (Tue)

すいません、仕事で疲れて電車の中・・・寝ちゃいました。
本日はお休みさせていただきます。

ごめんなさい。
関連記事

ヴァーチャルセックス_最後に言いたいこと

kage

2007/05/28 (Mon)

後、考える必要があるのは、バーチャルなネットでのセックスは虚しいか?と言
うものがあるかもしれない。
確かにネットでのセックスは言ってしまえばオナニーでしかならない。
でもオナニーが虚しいからと言って、我慢するのは不健康だと思うし、男の場合
は、アダルトビデオも使えば、風俗だって現実的には使ってるのがほとんどだと
思う。
精液を出したいってのは、本能だと思うし、相手がいなければ、オナニーするし
かない。もっと言えば、ナンパしてその夜一夜限りのセックスは、欲望のまま、
しようとしたならそれはオナニーと一緒なのだ。
相手が居てる、“女”としている・・・人妻なんかで割りきった関係を一度限り
の関係で済ませたいって相手が思っていて割りきりだと意識していても、その瞬
間、相手を独占したい、自分だけのものにしていきたい、って思う気持ちが無け
れば、それは結局は相手がいる分だけ高級なオナニーにすぎない。
そう意味では風俗だって、オスにとってオナニーなのだろう・・・
そう意味ではオナニーはがないんだから、寂しいんだろう・・・
でもネットでのバーチャルセックスは、オナニーだろうか?
僕はネットでのセックスの時は相手が気持ち良くなって欲しいし、理想を言えば
リアルでも逢いたいって思って欲しいからそうなるように“努力”する。
努力するって言い方は変だと判っているし、自分自身も興奮してるんだから、や
っぱり“努力”という捉え方はおかしい。
でも相手に求められたいって絶えず意識しながらチャットしているのは事実だ。
求められるってことは相手を束縛していくことにつながる。
束縛は相手を欲していく事だから、そこには“”があると言えるだろう・・・
だからこそ、何度もネットで逢ってるうちにリアルでも抱きしめたいと思うよう
になるし、現実に逢って求めあうことになる。
ネットの出逢いだから、例えば東京・大阪間なんて距離的にお手軽に会えないこ
とも普通にある。
それでも、それが幻想であっても、互いの心の中で調教束縛関係が産まれればそ
こにはがあると信じられる。
だからこそ、欲望前提でのネットでの出逢いは、快楽の狭間にがあると言える
だろう。
そう意味ではネットでのセックスは誰にも秘密であることを言い訳にしながらも
、そこにはがあり、虚しさはないのだ。
特に女の子には、その性欲・性癖をストレートにさらけ出して、快楽に溺れてい
けるシチュエーションは、彼氏にも求められることが難しいだろう・・・
だからネットでの出逢いはその性欲を否定する必要のない場所としてパートナー
を探すことが出来れば良いと思うのだ。
関連記事

ごめんなさい

kage

2007/05/27 (Sun)

今夜で読んでくれた方1000人超えました。
ありがとうございます。
特に何度も来てくれてる人、ありがとうです。
後・・・・ごめんなさい、諸事情で今日はお休みさせていただきます。
後、ネタが苦しいので、メールなんかで・・・・なんらかお題、ください
よろしくお願いいたします。

PS
のどと頭痛で調子悪くなって行った医者・・・検査してくれるのは良いけど・・・聴診器当てるとか、扁桃腺見てくれるとか何かして欲しい。
検査で異常なければ、耳鼻咽喉科へ行って欲しいって・・・なんか酷くありません?
関連記事

ヴァーチャルセックス

kage

2007/05/26 (Sat)

セックス前提で出逢ってなぜ、好みも振る舞いも何も知らない娘のことを愛して
いけるか?って考えもあるだろう・・・
でも僕の場合、セックス=調教だから、その娘を愛していくってことはその娘の全
てを僕好みに調教していくことだから、ベッドの上で縛って快楽を与えるだけで
ないのだ。ベッドの上で調教することによって、その娘のほんの少しだけ変化さ
せてしまうこと・・・例えば下着の趣味が変わったり、僕は相手の手料理なんか
食べるのが好きだから、料理なんかしたこともなかった娘が僕のためだけに料理
にチャレンジしてくれるとかのほんの少しの変化を、飼い主のためだと悦んで受
け入れていくようにさせるのが調教の本当の意味だと思っている。
調教を受け入れることは、ベッドの上だけの快楽でないのだ。それに生活がまっ
たく壊れていく事でもない。運命として出逢った飼い主の趣味にあわせて、ほん
の少しだけ日常でさえも束縛されていく満たされた気持ち・・・そんなふうに感
じてくれたらすごく嬉しいし、もっとより愛して束縛していきたくなる。
やっぱりそう意味では調教=束縛愛なのだ。
そのことが僕にはとても重要だし、愛していきたくなる。だからこそ、普通じゃ
言えない気持ちをさらけ出すためにブログを始めたし、これを読んで同じように
思っている人達とも話してみたい。全てが同じ気持ちじゃ無くて良いから、まっ
たく考え方の違う人でも良いから、愛情快楽の狭間にあるものをさらけ出せる
ように、いっぱい話していきたいのである。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。