FC2ブログ
2010 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2010 04

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕について・・・その13

kage

2010/03/29 (Mon)

続きです。

確かに医療技術が発展して女性の身体も栄養学的に健康的になってきている現在、単純に女性の高齢出産は珍しいことではないのかもしれない。どんなに“授かり婚”が増えて、若い年齢での結婚・・・この言い方もなんだか変な悪意が僕自身の中にあるような気がしてイヤなんだけれども、十代なんかの結婚ってのはその部分ってのがマクロな部分で感じられることがあるのは、差別的な感覚なんだけれども僕の中での事実なのだ・・・がそれなりに増えてきたとしても、やっぱり結婚も高齢化して、その理由として社会が不況になって、女性の社会進出云々よりも単純に経済的な問題でオスにその部分を頼ることが色々な意味で不安になった為にメス自身がその生活の為に色々と頑張らざるを得なくなっているのだと思う。そうなれば自然と女性一人の生活力がつくから、結婚自体に魅力を感じなくなって、ズルズルと結婚しなくなって、何かの拍子に慌てて・・・って感じなのだろう。






画像はパルテノンしすたぁ孕すめんとより
この画像は、ソフトハウス『パルテノン』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。




実際、もしオスの経済力に全く不安が無ければ、専業主婦って言い方もマズいのかもしれないけれども、家庭生活だけに集中して生活する方が女性にとってラクなのだと僕は思う。確かに能力に適した仕事を女性が行うことを応援するって方が今時のジェンダー思考で正しいことなのかもしれないのだけれども、“生きがいとしての仕事”を持つことや自分自身の“可能性”を求めて仕事をしてみたいであるとか、仕事によって社会との関係を持っていたいであるとかの様々な理由が、働く既婚女性にとって、あることを理解した上で敢えてこのように書いてしまうのだ。



だから、もし既婚女性が単純に経済的な問題から仕事をしなければならないってのがその理由であるなら、専業主婦のほうがラクと言う表現は、専業主婦をそのメスに経済的にさせることが出来ること自体がオスの甲斐性と言えば,その言い方自体、許されると考えてしまうのはオスの都合のいいメスに対する束縛論で身勝手な発言であるのかもしれない自覚は僕にだってある。その中でやっぱり女性の恋愛と結婚、それに妊娠を考えれば、やっぱりある程度の年齢になって”そのオスに頼っても経済的にも大丈夫”と予想出来るようなオスと恋愛をとしている自覚があれば、結局は”結婚もその恋愛の結果”として考えるのは、高齢出産のリスクも考えればそのメスにとって当然の流れになるのだと思う。

つまりはいやらしい言い方になるのだけれども、セックスの本能的なある一側面が“子作り”であるならば、リスクの観点から、本能的にどうしてもオスは若い娘を求めようとしてしまうのは事実になってしまうし、メスもやっぱり本能的にある程度の年齢までに”子作り”のための結婚を考えていく部分があっても不思議ではないはずなのだ。そしてそこから考えなければならないことは、実は当然として存在する。それは年齢のことである。このように書いてしまうと先ほどと同じ議論になってしまう部分があるのだけれども、しかし“オスとセックスと年齢”の関係は今まで書いてなかったはずなのだ。

アダルトアニメDVD通販

実際オスだって時間と共にセックスの欲望はある部分、落ちていくことがあるのは事実だろう。僕だって異常性欲の自覚ってのはこの年齢であっても心のどこかに存在するのだけれども、二十代前半のような激しい性欲って自覚は無くなっているような気がする。確かにこうやって性欲を満たすことを求めて・・・このブログ自体、これを読んだ娘がリアルで僕とのプレイにハマってみたい!!って思ってもらいたくて、下心満載のブログであるのは自覚しているのだけれども・・・だから、まったく性欲が無くなったって訳でもないし、実際、今でも一度セックスを始めてしまえば、その娘を犯し尽くしてしまいたい欲望としての性欲はある。

具体的に言ってしまえば、一日中その娘をなぶって性欲のままに何発も精液を射精してしまいたいし、最近に至っては監禁プレイなんかも状況が許せばやってみたいプレイのひとつにあるのだ。今までなら朝のうちに出逢って夜まで徹底的に交尾したりして、いつでも極端な話、ずーっと肉棒をその蜜壷の中に入れ続けたいって感じの欲望で、いささかデリカシーのない明け透けな言い方になってしまうのだけれども、そんな射精ばかりの快楽を中心としたセックスを求めていたのが実際であるし、過去にそのチャンスがあればそんな感じでガンガンにしちゃってたような覚えがある。


激しい4Pバトルでイキ狂う二人の美人お姉さん!


はっきり言ってしまえば、若い頃ってのは、性欲のままに射精したくて、肉棒にその刺激を与えたくて、そうなれば思うままに肉棒をマゾ豚の蜜壷に突っ込みたくて、愛撫やプレイのテクニックなんかよりも“自分だけの性欲”だけを満たすためだけの独り善がりなセックスであったような気がする。ただ言い訳になるのだけれども、セックス前提の出会いで会った娘たちがその相手のほとんどだから、娘たちもそんなレイプされるようなセックスを求めて、僕との出会いに来ちゃってるって部分があると思っているから、それなりにそんなセックスであっても満足してくれている部分があったのだろうと僕自身は身勝手ながら信じている。

続きます。

エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓
関連記事

僕について・・・その12

kage

2010/03/27 (Sat)

やっぱり続きです・・・苦笑

実際には、もうその娘は過去の存在で、現在も未来も僕にとっては逢うことは無いだろうと考えている。そしてその娘だって処女ではいられないのだし、もしかしたらもう結婚して子供の一人や二人が居て、大変だけれども幸せな時間を過ごしているのだろうと理性では想像している。それでもその娘を求めて独占していく妄想が今更ながら心のどこかにあるのだ。そのもしかしたらの未来の延長がいわゆる理想的な恋愛における“結婚”なのかもしれない。感情面からの結婚ってのはそんな感じなのだろうと一方的ながら僕は考えている。






画像はTinkerBell淫奉の聖女 the Nuns of Sexualministrantより
この画像は、ソフトハウス『TinkerBell』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。




しかし実際的にそのような感情で結婚しているオスは少ないのではないだろうか?もっと実益的で曖昧とした結果の中でオスの場合は結婚があるような気がするのだ。つまりは曖昧な恋愛関係の延長の中で、”結果的な妥協”として結婚があるような気がする。社会制度のひとつとして結婚制度があり、きっかけはともかくとして、それなりの年齢での恋愛になれば、その結果の選択肢のひとつとして”結婚”と言う選択があるのは事実のはずだ。それなりに恋愛として付き合いが長ければ、相手のことも何となく理解して、自分自身の周りに他の相手がいなければ、比較する対象がないのだから、“この相手と結婚するんだろうな・・・”って感じで漠然とその選択肢を選んでしまう感じが実際のところ、多いのではないだろうか?



熱烈な恋愛の結果としての結婚と言うよりも、曖昧で何となくの結果としての結婚・・・それが”大多数のオスの結婚観なんだろうな”と僕自身は思うのである。ましてや、恋愛の途中でそこにメスの妊娠なんかが絡むと、その出来た子供に対する責任と言う部分において、相手がどんな女性であるか?なんかよりも“結婚”をゴールとして考えてしまわなければならない部分が生まれてしまうのはある種の当然の結果としての事実なのだろう。そう言った意味でメスの妊娠と結婚はオスにとってもつながっていく。

メスにしても、ある程度の年齢での恋愛ってのは、遊びの部分がどこかにあったとしても、結婚適齢期と言う言葉が気になれば、その結果のひとつとして、どうしても結婚がオス以上にゴールとして考えるのではないだろうか。何かの拍子に“理想の結婚・現実の結婚”と言う言葉が雑誌の特集なんかに現れる場合がある。結婚に“妥協”と言う言い方はマズいのだと思うのだけれども、実際の現実があって、結局はそこから何かを選び取ることになっていくのだから、現実に即した選択と言えば良いのだろうか、当たり前なのだけれども、そうやって考えれば、恋愛がそこにあれば、その結果は結婚もその現実の部分から選んでいかなければならないのだ。

同人通販

確かに“結婚しない”って選択肢のひとつなのだけれども、何らかのきっかけで結婚を意識すれば、現在行っている恋愛関係があればその延長としての結婚を考えるのは当然の帰結のはずだ。そしてそうやって考えれば、女性の場合は特に結婚を意識した場合、相手が誰でどのようなものになるか?では無く、”結婚”と言うゴールがあっての行動になるような気がするのだ。つまりは恋愛を行える相手であると言うことでそれなりの妥協が生まれて、その結果として”現実の結婚”を意識していくことになってしまうのだろう。

“肉食系女子”と言う言葉をここで持ってくるのはマズいと理解はしているのだけれども、女性にとって“結婚”ってのがひとつのメスにとっての幸せの形であると・・・いささか過ぎる以上のステレオタイプな発言だと思うのだけれども・・・社会的にそれをどこか肯定する風潮があるのは何となくの事実で、そうなればオス以上にある程度の年齢になれば、その辺りのことを考えるのは当然の結果になるのだろう。これもまた当たり前なのだけれども、メスには子作りの役割の中でどうしても“妊娠”という役割を持つことになる。これは生物として決められているのだから、男女差別の議論では到底変えられない歴然とした事実なのだ。


総合ジャンルの無修正動画&無修正写真


そうなれば、妊娠ってのは肉体的な負担・・・社会が豊かになって栄養学的にも医学的にも、そのリスクってのは小さくなってきているのかもしれないのだけれども・・・ってのがメスには存在するのは事実なのだ。どんなに恵まれた環境でそのメスが妊娠したとしても、全くそれがノーリスクってのは絶対にあり得ないのは誰にだって気づいているはずだ。そうなれば”妊娠適齢期”って言葉はマズいのだけれども、やっぱりそれなりの年齢で妊娠したほうが、メスにとって肉体的な負担が減って、そのリスクは小さくなっていくのはこれもまた、誰だって知っているはずなのだ。

まだ、続きます・・・

エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓
関連記事

僕について・・・その11

kage

2010/03/25 (Thu)

ええっと・・しつこいですが、続きです。

だから、そう意味ではある種の“気楽”な性欲だけを満足させているかのようなセックスになってしまっていることは否定出来ない。特に僕がセックスするってことは、”射精による快楽”を得ることはもちろんなのだけれども、それ以上に相手に対して、“束縛したい!!独占したい!!”って気持ちが大きいから、どうしても射精ってのは”その相手の蜜壷の中で生でしたい”って気持ちがあるのも事実なのだ。ほとんどの女の子ってのは、セックスだけの関係で“中出し”されちゃうと妊娠の可能性が否定出来なくなって、そこにはその娘の人生の全てが掛かっちゃう部分があるから、どうしても、その危険性があって、遊びでのセックスに対してなんらかの抵抗があるのだと理解は出来ている。






画像はアメノムラクモ兄嫁の淫穴~裏切りの代償~より
この画像は、ソフトハウス『アメノムラクモ』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。




しかし、それとは別にやっぱり“動物としての性欲の問題”があるために、そこには矛盾が存在してしまうのも気づいているだろう。単純に好みのオスセックスして、その結果、子供が出来たとしても、どのようにでもなるような人間社会であるならば、そこには矛盾が無いのかもしれないのだけれども、そんなことは絶対にあり得ないのだ。しかし、逆にハッキリと言ってしまえば処女のまま、結婚してしまう女性の割合はほとんど無いのではないだろうか?学生時代なんかは特に、オスなんかは、その相手のことが本当に好きか?どうか?は別にして、その相手の容姿が自分自身の趣味にあうか?どうか?で判断して、口説いてしまって、カノジョにした限りには、それが当然として性欲のままにセックスしてしまう。



性格が好きとか容姿以外の部分で、その娘を好きだと言っても結局は、オスにとってそのメスはその自分の都合の良い部分があるってことになる。全く容姿や趣味もあわないのに、その娘なんかと付き合ってしまうオスってのはほとんどいないだろう。もしそう言った付き合いを結果的にしたとしても、そこにはストレートに暇潰しや気分転換のレベルで“セックス出来て性欲が解消出来れば良い”ってスタンスになってしまうのが本音だろう。

しかし、女の子の場合は、いささかステレオタイプな発言になってしまうのだけれども、“相手のことが判らないからこそ、まずは付き合ってみる”ってレベルで恋愛関係のスタートがあるのではないだろうか?つまりは”付き合う”ことがある意味大切であって、相手がどのようなオスか?ってのは、判断基準の項目の中には入っていても下位レベルって部分があるような気がする。マズは恋愛するってことが大切で、その最終的な結果を想像して、スタートを決めるってことは少ないのではないのだろうか?と僕は一方的に思うのである。

アダルトアニメDVD通販

オスの場合は、これもまた極端でいやらしい言い方になってしまうのだけれども、“セックスさえ出来れば、それがその関係のゴール”だと思ってしまう場合が多いような気がする。どんなに純粋な恋愛を口にしても、結局は飽きるまでその娘とセックスしてしまえば、その結果が“別れ”であったとしても、言葉は悪いが、無意識にでもその恋愛に対して“元は取った”気分になるのだ。オスがメスと別れる時、悲しくなるのは、その娘とのセックスに対する未練であり、これもまたいやらしい言い方になるのだけれども、当たり前ながら、もし別のメスに乗り換えてセックスが出来ている状態であるならば、相手から別れを切り出されても“仕方ないかなあ、まあ良いか・・・”のレベルで済んでしまうのが本音にあるのも事実なのだ。

つまりはオスの恋愛関係の根底は”その娘で性欲をみたせるか?どうか?”にあって、セックスさえそのメス身体で満たされた場合は、その関係が終わってしまったとしても、結果的にセックスの目的は達しているのだから、その満足感があって、その別れに対して後悔はしないのだ。そうならば、オスは結婚願望はどうなってしまうか?と言う疑問点があるのは、僕にも理解はしている。確かに”一目惚れ”って言葉がこの世には存在するし、こんな僕であっても”初恋らしい気持ちってのはかすかにあったのだろう”と言う記憶は恥ずかしながら心のどこかにある。


見に覚えのない罪を科せられ男優達から罵倒され輪姦♪


“好きだ”の一言さえ、あの時は言えなかったぐらいの他人からすれば、幼すぎてどうでも良いような・・・その気持ちを持った相手でさえも、気づかないそんなレベルの感情だから・・・まあ、どこにでもある小心者のその程度の初恋だったようなものは事実で、その感覚を覚えている事自体、”今更で”あることだし、せん無きことだとも思っている。それでも、あの時に“好きだ”と言えてその相手を抱きしめて独占出来れば・・・と妄想してしまうことが今でさえもあるのだ。我ながらなんとも女々しく情けないのだけれども、そんな気持ちになる時が今でさえもあるのは事実であり、その未練を自覚しながらも止められない部分がある。

続きます・・・・

エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓
関連記事

僕について・・・・その10

kage

2010/03/22 (Mon)

久しぶりに続きです。ごめんなさい・・・遅くなりました。でも少しずつでも書いていきますので、よろしくです。

それに良く“奥さんや恋人に家政婦であることを求める”ってのもある。本当に偏りのあるステレオタイプな言い方で申し訳ないのだけれども・・・今時は草食系・お弁当男子なんかの家庭能力系男子が増えてきているのは事実がることは知っているのだけれども・・・基本的にはそう言った家庭能力が欠如している男子がそれなりに存在しているのはまだまだ普通のことだろう。だからそう言った部分でも自分に対して尽くしてくれるメスがいれば、やはりそこに付け込んで甘えてしまうのだ。






画像はEROTICA PEACHブルマ母~魅惑の汗ばみユニフォーム~より
この画像は、ソフトハウス『EROTICA PEACH』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。




家事なんかの、苦手なことや邪魔くさいものを代わってしてくれる女性の存在は、オスにとっては都合の良い存在になってしまう。その観点からも尽くしてくれるメスがいるのであれば、無意識下でもその気持ちを利用して都合良くメスに甘えてしまうのが、オスのズルさなのだと僕は思うのである。そしてメスも、オスの都合だけで言ってしまうのだけれども、そうやってオスに尽くしていることによって、そのオスに対する“愛情の証明”を行っているような部分もあるような気がするのだ。



“愛している”と言う言葉の証明は、当たり前なのだけれども結構難しいはずである。目に見えて客観的な部分で測ることは出来ないし、もっと言ってしまえばゲームのレベルじゃないのだから、数値化して誰かにさらけ出すなんてことは当たり前ながら無理だろう。それが彼氏彼女の関係であっても、本当のところはその客観的な実感性が無いから、結局は相手の反応を確かめることによって、”想像”しその曖昧な部分を自分なりに感じるしか方法は無いのだろう。その中でメスのオスに対する“奉仕”は、その曖昧な部分を補う為のものであると感じるのだ。

これもまた、極端でステレオタイプな言い方になってしまうのだけれども、“これだけ私は彼氏に尽くしているのだから、それと同じくらい以上に彼氏は私を愛してくれる”の論理だ。オスの場合は、先ほど言った通り、愛情の裏書きに“性欲の充足”を求めても許されることが前提条件になる。その部分は程度の差はあってもメスにだって同じ部分があるのは事実だろう。本質的な性欲の部分では同じ動物なのだから当たり前であるはずなのである。

アダルト美少女ゲーム

しかしその結果の部分で、これもまた当たり前なのだけれども、メスにはやはり“妊娠”の可能性があることは否定出来ないのだ。オスの場合は、セックスで快楽を求めても、究極的な部分で結果として存在するのは“射精の快楽”だけなのである。メスの場合はオスの射精に伴って究極的に存在するのは“妊娠”の可能性なのだ。極端な言い方になるのだけれども、メスの場合は、セックスで快楽の満足感さえ無く“妊娠”してしまう可能性だってあるのは否定できないはずだ。

そうなれば、オスのように単純に快楽だけを求めるようなセックスはメスは出来なくなるのは普通だろう。確かに、中には、そう言ったリスクでさえも突き抜けて、純粋に快楽を求めるメスの存在もあることは否定出来ないし、実際そんなメスにリアルでも出逢ったこともある。実際、僕自身、今までもそれなりに快楽を求めて・・・チャンスがあれば、相手を選ばずに性欲のままに・・・セックスしてしまっている部分があるのだけれども、運良くと言うか、この言い方も問題があるのだけれども、まあ、結果的にそのメスを妊娠させてしまった自覚がない。


総合ジャンルの無修正動画&無修正写真


もちろん、その可能性があったことには否定出来ないのだけれども、少なくともセックスした相手からそう言った話を聞かされていないってのが実状なのである。特に僕の場合、そのほとんどのセックスが、相手のメスも含めて“セックス前提”での出逢いであるから、よしんば、メスがその結果として妊娠の事実があったとしても、その“割り切り”の部分で、メスが僕にそのことを言えなかった可能性があるのは否定出来ないのも事実なのだ。

ごめんなさい・・・まだ、続きます。

エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓
関連記事

僕について・・・その9

kage

2010/03/11 (Thu)

続きです。

これが相手が恋人で自分だけのものであることを自覚し、そうやって“所有感”を無自覚にも意識する相手になれば、やっぱりどこかその相手に“わがまま”になってしまう部分があるのが普通なのだと思う。そしてメスの方もその“わがまま”を受け入れることによって、“所有される悦び”を感じる部分があって、日常以上の共依存が成り立つのだから、互いに幸せである場合、それがどのような状態であっても、周りは何も言えない部分になってしまうのである。


画像はEROTICA BLACK公衆快楽施設 Macht Frei.より
この画像は、ソフトハウス『EROTICA BLACK』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。




極端な例かもしれないが、恋人関係のドメスティックバイオレンスなんかはわかりやすい例なのだと思う。そしてその関係ってのは、女性の母性としての部分がそれを許してしまうのだと思うのだ。子供が母親に対してワガママを言い、それを“可愛さ”として受け入れてしまう母親としての愛情の拡大活用したものが、そこには存在しているような気がするのだ。つまりは変な言い方かもしれないが、女性ってのは、子供を産んだ経験がある・ない、に関わらずその本質が”母親”であるために、何かに対して“母親である”ことに満足感を得ようとするのではないだろうか?



逆に言えば、オスの場合、メスに甘えることで、それなりの満足感を意識してしまう・・・単純に言えば、マザコンの部分・・・があるのではないだろうか?つまりはもっと言ってしまえば、ある程度の年齢になれば本当の母親に甘えることは当たり前ながら恥ずかしいことになるのだけれども、日常のほんの少しのメスに対する甘えの中でオスとして満たされていく部分があることは誰にだって否定できないはずだ。

しかし“甘える”って行為自体は、ラクで精神的にも満たされる部分があるから、どうしても恋人なんかの“甘え”を許してくれる相手が見つかれば、それに対してその充足を求めようとするのではないだろうか・・・昔から“姉さん女房”と言う言葉で女性が年上のカップルに対してある種のプラスイメージを持つのは、その共依存性が、“年齢の逆転”によって社会的に許される部分があるからではないだろうか?

アダルトDVDレンタル

そしてそこで考えなければいけないのは、オスの場合、“甘えられる相手が多ければ多いほど、ラクになれる”と言うことである。これも当たり前のことだろう。どんなに仲の良い恋人関係であっても、いつでも上手くその関係が続いていく訳ではない。完全に相手から満足感を得ることなんてないだろう。極端な話、満たされすぎて何か物足りないって贅沢過ぎる感覚だってあるのではないだろうか。そうなれば、その相手とは別のメスに甘えてみたいと考えるのは当然の帰結だろう。

甘えられる相手が多ければ多いほど、オスは精神的にラクになるのだし、ただ一人のメスに依存している“負い目”から逃れられる。もっと言ってしまえばその内の一人と別れる場合になっても別の甘えられるメスが“スペア”として存在するのだ。もっと言ってしまえば、“別のメスの身体セックス出来て射精の満足を得る”ことがお手軽に出来ると言うことだ。それって言うのは、ある種、絶対的なアドバンテージになり得るのである。


不況時に高額アルバイトする派遣OL!野外フェラチオ、路上で寝転び69!


この言い方は本当に理性では間違っていることは判って言うのだけれども、セックス以外の欲望ってのはオスの場合、割と何の苦労も無く手には入るのだ。つまりは究極的にはセックスを求める為だけの恋人関係だと言い切って良い部分が口には出すことは出来ないが、多分にあることは事実のはずなのだ。繰り返して言うことになるが、セックス以外の欲望は、何らかの形で・・・確かに経済的な問題が出てくる可能性があることは否定出来ないのだけれども・・・もっと言ってしまえば、売春が違法として出来てしまう部分を除いて・・・クリア出来てしまうことがほとんどなのである。

やっぱりまた続きます。

スローセックス・レポート50人の女性が証言する愛と悦びの技術スローセックス・レポート50人の女性が証言する愛と悦びの技術
(2009/04/23)
アダム 徳永

商品詳細を見る


エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓
関連記事

僕について・・・その8

kage

2010/03/09 (Tue)

これまた、続きです。

確かに本来ならば何らかの形で恋愛が始まって、その流れの中でセックスがあって、共依存を無自覚ながら感じあえるようになって、結婚があって、家族になって、と途中で終わるのかもしれないが・・・結婚と言うステップを考えずに恋愛を楽しむってことの方が実際は大半の恋愛なんだろうってのが、本音の部分であるのは事実なんだろうけど・・・それなりのステレオタイプな恋愛の中で、互いを思いやって・・・どんなに相手を愛していようとも、結局はその相手は自分とは違う別人格であることに気付かざるを得ないだろう。


画像はオーバードーズ美脚性奴会長 亜衣「こ、この変態! 私のタイツになんてことを……!」より
この画像は、ソフトハウス『オーバードーズ』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。




しかし男女の愛情の本質が“求め求められる”ことだと考えると、そこにはやっぱりオスにとって犯したメスに対して“自分だけのものだから、多少ともなりのワガママは受け入れて貰える”気持ちが生まれて、メスもそんなオスのワガママを受け入れることによって何らかの満足感を感じることのほうが多いのではないだろうか・・・そこで問題なのは、”オスのわがままがどのレベルなのか?”ってことだろう。



もっと言ってしまえば、メスの方が、それを”どこまで許すか?”ってことになるだろう。“オスのために・・・”ってのがメスの恋愛の本質なのだから、恋愛中は結局は、その分だけ、付き合いのあり方がオスのさじ加減になってしまうのは否めない。僕だって、メスに対して、ある意味、子供のごとく甘えてすべてをやってもらうのが好きだなのだ。何もこの感覚はセックスをしたことを理由に、何らかの恋愛感情を共有している娘にだけ持つ感覚ではないことであることは僕にとっての事実なのだ・・・

何度も繰り返して言うが、そう言った平均的な普通の恋愛をしたことは無いので、恋人に対してと言う行為をしたことはない、それでもやっぱり今まで、仕事をしたり、社会生活を行う中で、それなりに“異性”と接する機会があったことも当たり前ながら事実なのである。その中で結局は“甘え”になるのだけれども、自分の周りの女性に何らかのことを頼む時、“仕方ないわねぇ”で結構許されていたような記憶がある。

同人ダウンロード

恋愛感情やセックスなんかとはまったく関係の無い形ではあるが、その女性に“いかに自分の甘えを受け入れてもらうか?”になんらかの満足感があったのも本音なのだ。もっと言ってしまえば、すべての女性に対して同じ度合いの“甘え”を押し付けることは、不可能であることは誰にだって知っているはずである。これもまた当たり前のことなのだが、女性ごとによって“甘え”を許してくれる度合いが違うのも事実だ。

僕がすごく男前でそれなりにすべての女性に好かれている状態であれば・・・やっぱりこう言っては負け犬思考であるが、”見た目の良さや爽やか、女性受けするオス”って存在するのは間違いない。そう言ったオスであれば、こんなブログなんかはして無いだろう・・そんなオスであれば、どんな女性に対してでも、それなりに甘えられることは出来るだろう。しかし、ハッキリ言って僕自身、まったくその顔の作りも体型も、雰囲気やキャラクターでさえ、まったく女性受けするオスではないことは自覚がある。


激しい4Pバトルでイキ狂う二人の美人お姉さん!


そうなればその女性ごとに甘えられる度合いってのは違っていて、それを間違えばどうなるか?っては、ほとんどのオスは理解出来ているはずだ。つまりはそんな日常生活の中でのメスに対するごくつまらない甘えであっても、精神的にオスの場合は、少なくとも僕の場合は、それでなんとなく満たされている場合がそれなりにあるはずなのだ。そんなメスにとってみれば何でも無い部分でそれなりの満足感を覚えてしまう。

まだ続きます。

SEX結合!190のアドバイスSEX結合!190のアドバイス
(2003/11)
辰見 拓郎三井 京子

商品詳細を見る


エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。