FC2ブログ
2010 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2010 06

花言葉

kage

2010/05/03 (Mon)

続きです


だからメスのその需要があり、そこにオスのほうも変態需要があって、そこで同意がある種、生まれる為に男女の出会いとしてのエロチャットが成立するのである。そう言った意味では、互いの同意があってしている事なのだから、安易に第三者が性犯罪であると思うようなプレイであっても、その実、その二人にとっては・・・メスにっても・・・最高の快楽を伴ったプレイになり得るのだ。

ただ、繰り返すのだけれども、問題はそれをネットだけの閉じられた世界だけで終わるのではなく、リアルに移行していくか?どうか?なのである。最初に書いたとおり、”リアルで出来ないからこそ、疑似体験としてのネット・・・”の意識が、そこに遊ぶメスには多分にある。つまりはリアルに移行する事の無い”割り切り”が具体的にエロチャットで遊ぶ前段階で生まれているのである。

それは確かにそう言った経験をしてしまうと結局は、妊娠や性病のリスク、それにやっぱり性犯罪の可能性が想像し得て”リアルでやりたくない!!”と言う気持ちにメスはなるからだろう。特に妊娠の可能性はオスはある種ノーリスクでメスにとっては大きな不安要素であるから、一時的な性欲のためだけに変態セックスをリアルで求めてしまうのはどうしても抵抗があるのは容易にオスとしてでも想像できるのである。





ただ、それで納得してしまえば、オスとしてリアルでメスと変態セックスをするチャンスってのは無くなってしまう。僕なんかは日常生活でのセックスのチャンスってのはほとんど無くて、そのチャンスをネットにほとんど依存しているのだから死活問題になってしまう。

そうなれば、逆に言えばネットでの快楽から如何にメスにリアルでの変態セックス快楽を想像してもらうか?がネットでの遊びのポイントになる。つまりは”ネットだけの妄想オナニーだけじゃ我慢できない!!”と思ってもらえるように頑張っていくのである。結局はそれはオナニーだからこそ、やはりどうしてもリアルでの快楽のほうが勝っていくのは当たり前なのである。

普通にオナニーしてて”ああ、セックスしたい!!セックスならもっと気持ち良いのに・・・”と思うことがあるだろう。それの応用としての変態快楽の想起をチャットプレイでメスにさせるのだ、”チャットでこんなにも気持ち良いんだから、リアルならどれだけ感じてしまうのだろうか?”・・・その様に思わせるようにもっていくことが重要なのである。





ただ、そのためにはメスには安心してチャットで遊んでもらう必要がある。当たり前なのだけれども、どんなに気持ち良いチャットセックスであったとしても、結局はそこに日常生活が壊れてしまう不安があれば、どうしても、リアルで変態セックスをしたい!!って気持ちにはならないだろう。

結局はチャットに遊びに来ちゃうのだから、その時点ですでにメスだって性欲を満たしたい欲望はあるのだ。確かに中にはただ単純に興味本位だけで来ちゃってる場合もあるだろう。それにもしかしたら、そうやって遊んでいる僕のようなオスを馬鹿にしたくて来ちゃうだけのメスだっているのかもしれない。

しかしその方向性は様々でも、心のどこかに”もしかしたら・・・”の気持ちはどこかにあるのだろう。だからこそ、ネットでのセックス前提の出会いは存在するのである。後はその”もしかして・・・”を如何に大きくしていくか?ってのがリアルを求めるオス側の重要なテーマになるのだ。





そして結局は不安と快楽を天秤に掛けて、メスはいつだって不安のほうが大きくなるから、リアルでの変態セックスに躊躇するのである。ならば逆に言えば如何にメスに信頼してもらえるか?ってのがオスの重要なテーマになっていくのである。つまりは絶対にメスを困らせるようなことをオスはしてはいけないのだ。ただしかし、それだけでメスの思うままの理想の環境を作ってしまえば、結局はチャットだけのプレイだけに終始してしまうのも事実なのだ。

”かけひき”って言葉はあんまり使いたくないのだけれども、オスとしてリアルでのセックスを求めているのであれば、どこかメスのプライバシーに踏み込んでいかなければならなくなる。当たり前だけれども、例えば北海道に住んでて、沖縄の女の子をリアルに口説こうとしたとしても結局は距離の問題があって、実現しにくい要素がある。そうなればどこに住んでるか?なんかはプライバシーだけれどもリアルへのステップとして重要になるのだ。

だから単純に聞けば良いと言う問題ではないだろう。チャットではオスでもそうなんだけれども、出来る限り個人情報を出したくない気持ちがあって当たり前なのだ。少しでも具体的な個人情報を探ろうとすれば、そこには抵抗感があって当たり前なのである。ただしかし繰り返すようだけれども、そう言った情報無しに口説くのは難しいのも本音なのだ。





確かに女の子がリアルでのセックスを求めるまで、ひたすら待つのも”手”であろう。チャットで何度もその女の子を犯し、味わいつくしていれば、いつかは女の子の方からリアルでのセックスを求めてくれるのかもしれない。しかしそれでは、やっぱりどこかもどかしさがある。必ず未来においてセックスできるとは限らないし、途中で逃げられるのも普通にあるからだ。

如何にそのバランスを考え、女の子に信頼してもらいながらも、テンポ良くリアルにたどり着けるか?それがリアルでのセックスを求めるオスのチャットでポイントになるだろう。メスにもしお願いできるのであれば、ほとんどのメスはネットでの出会いからリアルでのセックスなんて気持ち悪くて怖くて胡散臭すぎると考えるのかもしれないのだけれども、純粋に本当にセックスパートナーを求めて遊んでいるオスも中には存在するのだと言う事に気付いて欲しいのだ。

ナンパや合コンなんかで何かの拍子にセックスしてしまった記憶がある娘はそれなりにいるだろう。それよりもネットでの出会いのほうがある意味、オスの性癖なんかが判って、その性欲を満たす可能性はあるはずなのだ。また、いきなりリアルでのセックスなんかをする必要なんか無いのだ。ゆっくりと納得しながら用心深くその出会いを楽しんで欲しい。単純にネットでの出会いを否定するのではなく、確かに性犯罪の可能性なんかは否定できないのだけれども、それでも、その性癖を満たすために楽しんで欲しいのである。
関連記事

花言葉

kage

2010/05/03 (Mon)

本日の花”ぼたん”
花言葉”恥らい”

一般的にって言い方も変だけれども、セックスについての話題ってのはストレートに大声で話せるようなシチュエーションになることは、当たり前だけれども少ない。何かの拍子にこっそりと、もしくはアルコールの力を借りて、なんとなくエッチな気持ちになりながら猥談を楽しむって感じで、日常、同僚や友達なんかとあからさまに話す内容ではないのは、誰にだって自覚はあるだろう。

特にどんな女の子とセックスしたか?どうやって口説いたか?なんかのレベルならまだ話せるのかもしれないけれども、僕の場合、ハッキリ言ってしまえば、このブログで書いている通り、それなりにアブノーマルなセックス・・・例えば首輪なんかを利用した緊縛であったり、公衆トイレなんかでの露出交尾であったりのいわゆる普通のヒトならどこか引いちゃうプレイ・・・だから、そのあからさまな事は絶対に言えない。口が裂けてもって感じなのだ。

これは、まあ、日常生活でそんな性癖があると周りに気付かれれば、やっぱり変な視線で見られてしまうって自覚があるからなのだ。ただでさえ、デブの雰囲気で、色眼鏡で観られることがそれなりにあるのに、もし、そう言った性癖がばれてしまえば、完全に性犯罪者扱いをされてしまう予想なんかは簡単に出来てしまう。





だから、僕の場合、口を滑らせる訳にはいかないから、出来る限り、猥談があっても、ニコヤカに人畜無害な振りをして何も判らない感じで話に乗っている。そうする事によって、”無害”のイメージを周りに感じてもらって、出来る限り、仕事であるとか生活であるとかをスムーズに回転させていくようにしているのだ。

そして、その流れでセックスする相手を探すのは、どうしてもチャットでそんな性癖を共有する女の子を探しての方法になってしまう。やっぱりリアルで日常生活で知り合った女の子に”縛って、首輪させてたい!!”なんか恥ずかしくて言えないし、それが何かの拍子に他のオスに知られて、ツッコまれるのも避けたいってのがどうしてもある。

だから、何かの拍子に日常でセックス出来る状況になってしまっても、結局はそんな性癖を出来るだけ出さないで、楽しんでいくようにしているのである。つまりは日常の延長としてそのセックスがある場合は結局は、どこかその性癖を隠して演じているような感じで僕はしてしまっているのだ。





そして、この感覚は、ある意味、メスのほうが判ってくれるような気がするのだ。チャットで遊んでいると、彼氏とそれなりにセックスしてしまっているのに来ちゃう女の子が結構存在している。人妻の遊びなんかと違って、セックスレスの欲求不満で来ている訳ではなく、それなりに週に何度かはセックスしているのに、それでも性欲が満たされなくて変態セックスを求めて来ちゃうって女の子たちだ。

そこで良く僕が聞いちゃうのは”彼氏とセックスしてるのに、なんでエロチャットに来ちゃうの?”って質問だ。それには結局は”彼氏のセックスでも感じてるのだけれども、何か物足りない”って感じで告白して、それを満たしにエロチャットに来ちゃう女の子がそれなりに多いような感じがするのである。

その物足りなさってのは緊縛であるとか陵辱であるとかのセックスの変態性の部分である場合が多い。彼氏なんかには絶対恥ずかしくて言えないのだけれども、レディコミなんかでそう言った変態セックスを知ってしまえば、どこかその快楽を想像してしまって、満たしたくてたまらなくなるってのがあるらしいのだ。





だから女の子たちのほとんどはセックスしたくてエロチャットに来ちゃうってよりも”変態セックス”を体験したくて来ちゃうってパターンが多いようなのだ。特にエロチャットってのは当たり前なのだけれども、ある意味、その場限りでモニタ越しでのプレイだから、プライバシーも守られ、リアルに直結していない。そのために、リアルで経験してみるのは怖くて気持ち悪い事なのだけれども、ネットでなら・・・って感じで遊んでしまう女の子がほとんどではないだろうか?

つまりは僕と同じように日常のセックスとネットでのセックスを切り離して、遊んでしまう女の子がやっぱり多いのだろう。逆に言えばネットだからこそ、その本当の変態性欲をさらけ出してそれを満たしたくてアピールしてしまう女の子だって存在する。例えば、女の子の輪姦プレイの欲望なんかは特にその傾向が強いと思う。

女の子の輪姦性欲って言い方自体、変に感じるヒトのほうが多いだろう。どうしても輪姦ってのは複数のオス性欲のままに射精する”便器”として犯され続けるメスのイメージをしてしまうのではないだろうか?愛情であるとか、そんな感情無しにただ単純に性欲処理の対象として使われ、犯されていく状況を考えてしまうのではないだろうか?





その想像にマズは間違いないと僕は思う。ただ、これを男女逆転にして考えてみよう。1人のオスに複数のメス快楽のままに奉仕し、射精を求めていく・・・単純に男女の性差を逆転させて、イメージとしては逆レイプ風にしてみたものの、結局はオスの一種のパラダイス、ハーレムプレイの構図がそこには生まれてしまう。

つまりはメスだって、究極的にはそれなりのオスに囲まれて性欲のままに行動する事は、快楽を伴って、なおかつ、複数の肉棒をその時は独占する事になるのだから、本質的には貪欲に快楽を求める方向としては何も間違いはない欲望になってしまうのである。

単純にレイプまがいの輪姦と言えば、”性の被害者”としてメスのことを想像しなければならないのだけれども、メスの積極的欲望としての輪姦はメスの性欲を満たすものとしてそこには存在する事になる。簡単に言ってしまえば”イケメンパラダイスでの女王様セックスプレイ”なのだ。





つまりは当たり前なのだけれども、どんな変態セックスであっても、メスがそこに積極的に求めてしまえば、同意が生まれ、メスにとってはそれは快楽になっていくのである。しかし、単純にそんなプレイを日常の中で求めてしまえば、その生活が壊れてしまう可能性があるから、ネットでの妄想プレイでそれを楽しもうとしているような機がするのである。

次回に続きます。
関連記事

犯し尽し・・・26人目

kage

2010/05/03 (Mon)

Dキャラッ!


あのときのキミはまだ何も知らなくて

その身体はまだあんなにも綺麗で真っ白だったね

でも、こうやって、僕のことだけを受け入れたキミの身体は

僕の精液だけでこんなにも真っ白に汚れていったんだよね

汚れていくごとにキミの身体は淫らになって

だんだんとメスの匂いをさせていくことを覚えていったから

そんなキミの身体に僕の性欲は止まらなくなって

壊すようにキミの事を犯していったから

だからこそ、もう、キミのこと、離さない

永遠に僕だけがキミを真っ白に汚して染め上げていくよ

本当に永遠に僕だけの宝物だから・・・

いつでも愛して汚してあげるよ

それがきっとキミの幸せだから



クドわふたー 初回限定版クドわふたー 初回限定版
(2010/06/25)
Windows

商品詳細を見る


関連記事