FC2ブログ
2010 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2010 06

業務報告?疲れちゃいました・・・・

kage

2010/05/12 (Wed)

今日もまた1日が終わりますね・・・・
1日が最近、ものすごく長く感じます。
それでいながら、何も出来ていないような状態で・・・・
結構ブルーです。
みなさんはどんな時間の使い方してますか?

小器用に生きで、妥協していくのはラクな生き方なのかもしれません。
それが大人の生き方なのかもしれません。
でも、周りの悪意に負けるのは、辛い事なんです。
自分が我慢して、周りの悪意に目をつむるなんて、僕には出来ません。
確かに公平とか言うのは、青臭いですし、そんなに綺麗な生き方をしてるとは思いません。
でも、強者が悪意をさらけ出すのはイケないことだと思います。
企業であったり組織であったり有資格者であったり、様々な強者が世界にはいるのは事実です。
自分自身がそれに無位無官で打ち勝とうとするのはドンキホーテなのかもしれません。
でも、そんな強者が悪意を持つのは、ズルいような気がします。
強者同士、自分より強者に立ち向かう時にズルをするのであれば、わかるのですが、そうでないときはズルしなくても勝てる時ぐらいはズルするべきではないと思うのです。
ほんの少しの利益のため、プライドのためにズルしなくても良いんだと思います。
強者であれば、多少ともなりの過ちは謝れば良いんだと思います。
謝って、間違いを正す事が出来る体力があるからこそ、強者のはずなんです。
だれだってミスはあります。強者だってミスはあります。
クリティカルなミスならともかく、多少の失敗は謝るべきだと思うんですね。
それなのに、ミスをウソで隠して、その無理した部分を相手になすりつける・・・すっごく見苦しいと思います。

まだ、我慢して”打たれて”ますが・・・・僕だっていつかは限界が来るんです。
本当に爆発して、すべてオープンにして抜き差しならない状態にしてやりたくなります。
”蜂の一刺し”って言葉あるんですけど・・・自分が蜂になるとは思ってもみませんでした。
いや、まだ、相手の急所も、こちらの武器も揃ってないんで蜂にさえなってないかもしれませんが、そんな気持ちになってしまう今日1日でした。
関連記事

花言葉

kage

2010/05/12 (Wed)

続きです

しかし、それを100%満たすってことになれば難しくなる。そんな部分においてもセックス前提の出会いを求める原因になるのだと思うのだ。オスの場合はある意味、セックスにおける主導権を持つことが多いから、ある程度オス自身の趣味とペースでメスを犯すことになるのが普通の恋愛でのセックスであっても、間違いではないだろう。

それに”射精さえ出来ればそれなりに満足・・・”がオスセックスだから、内容はともかく、メスの中に射精出来ただけで、一応のゴールとなるのだから、はっきりとSMなんかの具体的な性癖が無ければ、相手に対して無意識に変態プレイをして、それで納得してしまっているオスが多いのではないだろうか?

もっと言ってしまえば、アダルトDVDやネットでの変態プレイを知って、興味本位で楽しんで、実際その精神的な部分を考えずにビジュアル的な興奮だけで”変態セックス”をしている気分だけになっているオスだって居るのかもしれない。何を持って変態的であるか?は個人の価値観の問題だから、カップルとして・・・主にオスが・・・それに満足してるならば、それで良いのだと思うのだ。





ザックリとまとめてしまえば、オスの性癖ってのは、自己満足であり、セックスは自分が主導権をもって行った結果であるから、かすかな不満って言うか違和感があっても、自分自身の中で納得してしまう部分があるのだろう。僕のように自覚があるほど性癖に関して”偏り”が無ければ・・・無自覚・自覚関わらずに・・・それで納得できるのだと思うのだ。

ただ具体的に僕のように性癖がアブノーマルだと自覚している場合においては、やっぱり日常でのリアルでは出来ない事なのだから、どうしてもネットでそれに興味あるメスを探してしてしまう事になるのである。逆に言えばセックスにコダワリのあるメスが居るからこそ、僕の性欲はネットで満たされることになるのだ。

つまりはメスのほうがセックスに対するコダワリがオスよりもあって、それでフラストレーションになっている可能性が高いのだと言えるのかもしれない。繰り返しになるのだけれども、実際、日常の恋愛なんかでのセックスってのはオスがそれなりの主導権を握ってしまうから、メス自身はその性癖をオスの趣味にゆだねる事になる。





そこでそれなりに愛撫があって、交尾があって、それによってそれなりの快楽を得ることは出来るのだけれども、結局は”それなり”だから、それがどこかフラストレーションになるのではないだろうか?セックスレスとかでなく、旦那が居たり恋人が居たりしてそれなりにセックスして満たされている女性だって実際結構エロチャットには遊びに来るのだ。

それでそれなりに聞いちゃうんだけれども”旦那や彼氏のセックスで満足できないの?”って・・・普通なら”満足しているけど、どこか物足りない”ってのがそれなりに返ってくる答えの大体なのである。それで居ながら彼女たちはマゾにあこがれるのである。

変な言い方かもしれないのだけれども、実際マゾとして調教された経験があるメスのほうが少ないだろう。レディコミであったりネットであったりして、そんなものに影響を受けてマゾになろうとしている部分があるように思えるのだ。僕が推測するには、その日常でのセックスのかすかなフラストレーションが溜まって、それを解消したい手段としてのマゾではないだろうか?と思うのである。





はっきり言ってしまえば、チャットやリアルなSMであってもそのメスの性癖を完全に満たすことは出来ないのである。ただSM,変態プレイでの快楽はそれを補ってまだ余るほどに強い快楽を想像させる事になるのだから、チャットなんかにおいてはそれによって性欲を満たしていくのだと思うことが、本音、多々あるのだ。

つまりはプレイとしての調教・SMであって、満たされない快楽の代替行為のSMなのだ。無論、メスにはどこかマゾ的な部分があることは否定できないから、チャットであってもそう言った部分はまったく否定できない。しかし快楽を求めるという部分においては、旦那が居たり彼氏が居たりしてるのにそれを求める点においては、そう言ったメス自身も自覚できないほどの曖昧なフラストレーションの解消を求めての結果であるような気がするのだ。

もちろん、そんな気持ちであってもオスは・・・少なくとも僕自身は・・・そんなメスの気持ちを利用してチャットセックスして、あわよくばリアルでのセックスも求めていくのだから、大歓迎であって・・・メス自身もそんなチャットセックスで性欲を満たそうとするのだから、互いの目的が一緒になるのでむしろ、それが自然な方向性だと言えるのだけれども・・・・それはメスにとってはマゾになる”入り口”に過ぎず、本当のマゾの自覚や悦びってのは、本当に調教されてから、知っていくのだと思うのである。





つまりはチャットセックスってのは具体的な変態性欲が我慢できないオスと曖昧な性癖の中でのフラストレーションを抱えるメスの出会いであると、。ある一側面、言えるのではないだろうか?メスにとって1番ベストなのは、日常の恋愛の中でセックスがあって、その相性がピッタリなのであるのだけれども、現実的には、そんな恋愛の付き合いは、セックス以外の部分も含まれトータルとしてそのオスを評価するのがメスの恋愛だろう。

極端な話、そのオスのセックスが好きで離れられなくなって恋人関係になる恋愛なんて、日常の出会いでは起こりえないだろう。セックスをするまでの過程も含めて、オスを見極めてセックスする関係になるのだろう。もっと言ってしまえば、恋人関係になったからセックスするのであって、その相性ってのは恋愛関係になるまでの”考慮”に含まれないのだ。

そうなれば性欲を満たしあいたくて恋愛している側面があるのに、その側面を結果的に無視してしまって、その行き着く先にメスの性欲前提の”浮気”があるのだろう。実際チャットってのは当たり前ながらネットで直接触れ合う事は無いのだから、その”浮気意識”のハードル意識は低いのだろう。





だからチャットでなら・・・って感じで”マゾ”になりに来てしまうメスは多いのだと思う。だからこそ、僕のような日常モテない変態デブでもセックス出来る可能性ってのはネットの中では高まるのだ。後はメスをどのようにリアルに誘い、楽しんでもらうか?なのだけれども、それはオスごとにテクニックが違うのだから、また別のテーマの時に書きたいと思う。

関連記事

花言葉

kage

2010/05/12 (Wed)

本日の花”つつじ
花言葉”節度”

いつもながらの出だしなのだけれども、出会い系チャットには様々な女性がその性欲を満たすために来ちゃうのだけれども、実はオスも結構来ているのも事実だ。確かに僕のようにセックスしたくてその性癖を満たすために、欲情しているメスを求めて待機しているオスがいるのはもちろんなのだけれども、僕の待機メッセで来てしまうオスも存在するのである。

ストレートに言ば・・・あまり言いたくないのだけれども・・・・いわゆる”同性愛者”でオスを求めてやってくるってのなら判るような気がする。実際、こうやってチャットなんかで遊んでると、モニタ越しの相手の本当の姿って判らないから、いわゆる”ネカマ”ってのが居て、オスが女性になりきってチャットセックスを楽しんでいる場合も、否定は出来ないだろう。(原則バレないのだから、勘違いして同性愛者を真性のメスだと思い切って興奮することもあった可能性も否定できないのだ)

僕自身は同性愛に関しては”自分と関係ないところで適当に楽しんでくれるなら、それで良いんじゃないの?ただ自分の性癖に同性愛は、まったく勃起の対象にならないから関係ない”ってのが本音だ。真っ向からその存在を否定する気は無いのだけれども、だからと言ってその世界に参加するのもイヤで、同性愛好者同士が好きにするならそれで良いんじゃないの?って感じだ。





ネットには様々な性欲があって、それを満たすために来ているのは、多かれ少なかれ誰だって実感している部分ではないだろうか?僕も本音、ずーっとカミングアウトしているのだけれども、首輪や緊縛、奉仕、露出、羞恥が好きな変態である。だからと言って、ムチやロウソクなんかは引いてしまうし、露出においてもあからさまにメスをハダカで街に歩かせるなんかのプレイは却って気持ち悪く感じたりして、変な部分でこだわりがある。

つまりは単純に変態セックス愛好者と言っても、それぞれコダワリがあって、それを満たしたくて遊びに来ているのが本音じゃないだろうか?変な言い方かもしれないけれども、確かにオスだからそれなりのメスのおっぱいをしゃぶって、その濡れた蜜壷肉棒を挿入してズボズボし、その中に射精さえ出来れば一応の満足はあるのは事実だ。

実際、首輪や緊縛なんかしなくても普通の出会いで性癖を隠しても、勃起もするし、射精も当たり前ながら出来るのである。しかしそれで100%満足しているか?ってことになるとそうではない。やっぱり言葉責めもしたいし、首輪もさせたりして、結局は自分なりの”調教”を相手にしていきたいのである。





ただそれをしてしまう自分自身の性癖に”変態性”の意識があるから、それが周囲にバレれば日常にも影響があるだろうと思うために普通は隠し、それを満たすためだけにネットでそれを前提にしてセックス出来る相手を探しているのが事実である。日常のリアルを隠してのネットだから、ある意味僕自身も大胆になりやすいし、メスだってそうだろう。

むろん、日常のリアルがまったくモテないから、結果的にお手軽に効率良く交尾が出来る可能性の高いネットにハマりきってしまっている側面が大きいので、そのように書くとものすごく日常でもモテるように思われるかもしれないが、普通のオスよりもそのチャンスが低いオスであることも書いておきたい。かすかにミエっぽく書いてしまったことに恥ずかしく思う。反省。

ただ、ネットでの出会いに関しては大筋本音で実際なのである。つまりはアブノーマルなセックスを満たすためのネットでの出会いだと僕は思う部分が大きいのも事実なのだ。変態セックスってのはやっぱり普通の日常の出会いでするのは、どこか抵抗があって出来ないってのがあるのだろう。





確かにアダルトDVDが山のごとくレンタルショップに並べられ、インターネットではアダルトサイトが氾濫し、それを見ながらセックスを”予行演習”していく側面がどこかあるから、どうしてもどこかアブノーマルな要素がそこにはあって、それを普通の恋愛の中でのセックスで試してみるってのがある意味”普通”になってきたような気がする。

例えば、フェラチオなんかはそのもっとも足るプレイではないだろうか?今ではノーマルセックスの中での1つの愛撫方法としてそれなりに抵抗はなくなってきてるのだと感じるのだけれども、実際、僕が小学生ぐらいの時はそんなプレイも変態セックスの1つに考えられていたように思われるのだ。

それと同じで何をもってアブノーマルなのか?って定義付けってのが曖昧になって、自分ではノーマルプレイだと思っていることが相手には変態プレイで・・・ってことが多々あるような気がすることも多いのだ。だから実際、日常の恋愛の中でのセックスにおいても、プレイの内容なんかはあまり気にする事はなくなってきているのかもしれないのだけれども、その分だけセックスにおけるコダワリにおいては細分化されてきているのではないだろうか?と思うのだ。





これも例えば、なのだけれども・・・単純に交尾と言っても正常位もあれば立ちバックもある。座位だってあれば騎上位もある。そうなればやっぱりどこか個人ごとに男女関わらずに好みが出来て、そこにコダワリが生まれてしまうのはなんとなく理解できるのではないだろうか?そんなに細々としたコダワリの違いで、セックスの快楽がまったくなくなることは無く、先ほども書いたとおりそれなりの快楽があってそれなりの満足があるのは間違いないだろう。

続きます。
関連記事

犯し尽し・・・34人目

kage

2010/05/12 (Wed)

Dキャラッ!


キミの身体からあふれる香りは

いつも僕を誘うようにして

こんなにも淫らで卑猥で、僕を惑わせていくんだね

あの時、僕はキミの事を抱きしめて

その匂いの虜になって、忘れられなくなったんだから

ほらあ、またたっぷりとその匂いを嗅がせてごらん

キミの事、僕だけが抱き寄せて

その匂い、独占していくから・・・

いっぱい、顔を押し付けて、何度も何度もクンクンするよ

本当にたまらなく良い匂いがするからね、キミの身体は

その匂いでさえも僕だけのものだから・・・


光輪の町、ラベンダーの少女 初回版光輪の町、ラベンダーの少女 初回版
(2010/06/24)
Windows

商品詳細を見る


関連記事