FC2ブログ
2010 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2010 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務報告?ごめんなさい

kage

2010/06/20 (Sun)

ごめんなさい、今日もサボってます。
おやすみなさい
関連記事

業務報告?変な時間に目が覚めてしまいました

kage

2010/06/20 (Sun)

同人ダウンロード


久しぶりにこの時間、ブログ、書いてます。

暑苦しくてなんとなく寝付けず、チャットで、今まで

遊んでました、苦笑

何人かのメスとエッチなことをしちゃって・・・・今です、笑

やっぱり土曜日の夜で、それなりに女の子が来てくれて

うれしいですね

ブログも結構・・・この時間でも・・土曜日なら

来てくれてるんではないか?と思います

皆さんは寝苦しい夜・・・どうやって時間を過ごしますか?

ボクはチャットでいっぱいいやらしい事、しちゃってます、笑


関連記事

メスの性欲とセックス道徳

kage

2010/06/19 (Sat)

やっぱり夏に街を歩くと薄着の女の子が目に付くのは、当然のことで、ついチラチラとその身体のラインを観てしまうってのはオスの性欲の部分でどうしようもない事だとボクなんかは思ってる。ただしかしボクなんかの日常は文字通り”キモオタデブ”のカテゴリに入ってしまっている自覚があるのだから、当然、そんなスケベな視線で女の子を舐めまわすように視姦してしまうとそれだけで、もうその女の子から”通報される!!”的な危険性があるのは自覚しているのだ。

だから、まあ、日々の生活の中で出来る限り女の子をエッチな視線で観ずに、そこから目を逸らす努力をする訳で、トラブルにならないように人畜無害な振りをするのである。これってのは多かれ少なかれオスの誰だって気をつけている部分だと思う。例えば電車の中で痴漢に疑われないように、手を必ずつり革を握り締めたりして、出来るだけ女の子のそばに立たないようにして注意する的なことはしているはずだ。

まあ、それだけ時代ってのはある意味性犯罪に対してものすごくシビアになってきている事をなんとなく感じているのでは無いだろうか?確かに実際的に痴漢やレイプなんか女の子の同意の無い性的なことをすれば、当たり前ながら犯罪で、法的にマズいのはもちろんのこと、もっと大切なことはそれだけ女の子を傷付けてしまう事になることをオスとして気付かなければならないって事である。

男女平等であるとかジェンダーフリーであるとか、この10年20年でそれなりに社会的に女性の立場を擁護するシチュエーション作りが出来つつあるのは誰だって気付いている事だし、それだけ女性の能力も向上して社会進出が成されているのだから・・・この言い方自体男尊女卑的な部分があるのかもしれないが・・・それに見合った対等な立場で女性が擁護されるのは、無論、良い事であり、そのことに対してなんら疑問を持つことは無いのである。

ただしかし、女性の性に関して、その辺りの事がまったく無視されているような気がする。確かに最近のファッション誌なんかでもセックス特集は当たり前のようにされて、ティーンズ誌の中には男子誌以上に卑猥な文面が踊る事もあって、女性のセックスに対する関心とその開放ってのはもう考える必要も無く普通に出来ていると言えるのかもしれない。実際結婚まで処女でいる女性なんかほとんど居らず、もっと言ってしまえばそれなりにセックスを楽しんでる女性の方が多いのかもしれない。

それに呼応して”性風俗の乱れ”的な論法は実際それなりにどこのメディアでも取り上げられている事があるのは事実なのだ。”単純にセックスが簡単になってしまって、遊びでのセックスはイケないことだと若者たちに注意しなければならない”的な安易な道徳論でまとめられてしまうパターンもまだまだ結構あるだろう。それに少し進んで”どうせセックスするのならば避妊の方法を教授しなければならない”的なある種開明的な論法の道徳論だって”判っているフリ”をしながら話す性道徳論者だっているだろう。

夏が近づくとどうしても”未成年者の乱れた夏”的な特集がTVなんかで組まれて、そう言った議論がなされる場合が増えてくるのは、蚊取り線香の売れ行き並に季節の定番化と言えるのかもしれない。確かにそれなりの識者からすれば”きちんと経済的に自立していない未成年者がセックスして子供が出来る可能性があるのは、いかがなものであろうか?”的な論法で話すのは、まあ、ある程度は、こんなブログをやっている僕でも判る論法だ。

何度もこのブログで書いているのだけれども、結局は妊娠と経済的な問題が密接化していくのは当たり前の事で、それなりの職業の大人でさえも、結婚を前提としない妊娠ってのはある意味トラブルの元であるのは事実なのだ。ならば、未成年者がセックスをしてしまっての妊娠ってのは、より深刻なトラブルになりえるとの論法だって不思議ではないのである。だから未成年者のセックスに対してはどうしても慎重にならざるを得ないって事が言えるのだろう。

だから性風俗に対する未成年者の影響って事で、安易にセックスに対して興味を持たないように規制する必要があるとの議論が生まれてくる。ハッキリ言えばマンガの”性描写規制”の事である。つまりは性描写に関して未成年者に対する悪影響を防ぐ趣旨での規制で、今のところ、反対にあって具体的な規制になっていないのだけれども、そう言った議論がなされていることは誰だってニュースなんかで知っているだろう。

だから今更ながらこんなブログで書いても、それなりに意見が出尽くした部分があって、意味が無いのかもしれない。しかし、ちょっとだけ書きたかったのは、マンガ週刊誌を覗いてみればそれなりにどの雑誌も”規制拒否”の文章が載っているのに目が付いたのである。確かにマンガを作る側でも規制のラインが厳しければ厳しいほど、トラブルになる可能性もあって出来る限り規制が無いほうが作りやすいってのがあるのも感じられるのである。

ボクが思うことなのだけれども、実際、簡単にマンガなんかで規制しても、他のメディアで安易に性情報に関しては得ることが出来るってことなのだ。これは誰だって気付いている事なのだけれども、インターネットに触れる環境さえありさえすれば、それなりにセックスに関するものなんかは安易に手に入る環境なのだから、安易にマンガやゲームだけを規制しても意味は無いのだと感じるのである。

そして本当に思うことなんだけれども、ハッキリ言ってしまえばオスの性欲を封じ込めるような内容で、ヤリ玉にあがってるのは少年誌や青年誌の性描写規制であって、女性誌に関しては目を向けていないような気がするのである。確かにその”エロ”に関する描写があればそれだけ、オスの性欲を刺激するものがあって、良く”サービスカット”的な意味合いで少年誌でもそれなりに書かれているのは間違いない。極端な話、”エロ”でさえありさえすればその作品の内容はともかく”売れる”作品として考える部分があるのは否定できないだろう。

ただしかし、オスの性欲のみを規制する風潮ってのがそこにはあるような気がするのはボクだけであろうか?そこになんとなくオスとしての弱さをボクには感じられる部分があるのだ。変な話、女性はセックスに対して鈍感で規制しなくても良くて的な、オスにとって都合の良いメスの”処女”論がそこにはあるような気がするのである。つまりはオスの性欲さえ規制すればそれだけで問題は片付く的な識者のメスの性欲に踏み込めない”弱さ”を感じるのである。

確かに”メスだって性欲があってセックスを求めている”的な論法を誰かに伝えてしまえば、メスの性欲を肯定する事になって、却ってそれが単純にセックスを助長するような風に捉えられてしまう可能性があることは否定できないのだろう。もっとハッキリと言ってしまえば”メスだってセックスしたいんだから、それに乗っかって何が悪い?”的な論法を張れば、”オスの自分勝手な論法で、そんな考え方がレイプを生み出す!!”的な反論を生み出すのだろう。

実際、合コンなんかのレイプ問題はそれに近いものが内包しているのは間違いないのだ。”メスはセックスされるためにヤリコンに来てるのだから、犯してしまっても良いのだ!!”的な考え方がそこにはあって、起こり得た事件なのだとある意味ボクなんかは思うことがある。確かにその場の勢いでレイプしてしまったことに関しては犯罪なのだから、罰せられるべきであって、その犯罪を肯定する気は全く無いのであるが、それでもある種の”ヤリコン”としての暗黙の同意がまったく無かったのか?と言えば完全にそれに関して肯定できる訳ではないのだろう。

つまりはどうしてもメスの性欲に対する議論がどこか抜けているような気がするのだ。メスだって動物的な性欲があるのは間違いないのだし、ハッキリ言えば未成年者であっても、中学生ぐらいになればオナニーだって覚えてしまって、セックスに対する欲望ってのは否定できないはずなのだ。

そこを安易に無視して単純にオスの性欲を刺激するものだけを排除してしまえば良い的な論法で前に進むのは、間違っているような気がするのである。大昔の”結婚→セックス”的な道徳論だってもう古いことは誰だって気付いてる事だろうし、少女雑誌であってもセックス描写はそれなりにあるのは否定できない事実であろう。繰り返しになるのだけれども、そのことを無視してしまうのは、ある意味、”メスは貞淑であって欲しい”と言う一昔前のオスの欲望であり、都合だと言えるはずなのだ。

確かに性犯罪ってのはオスの性欲を違法に満たすことによって起こり得るものであって、基本的にはメスのほうが被害者であることが前提になっているのだろうし、それはある意味、間違いは無いのだ。しかし少し記憶が曖昧なのであるけれども、ネットでの出会い系の発端の部分がそれなりの少女からの誘いであったような記憶がある。確かにその事によって後々傷になってしまうのはどうしても女の子のほうだから、ある意味それに乗っかったオスのほうが悪いと言う論法も正しいのかもしれない。

しかしそれではあまりにもメスの問題が議論されないような気がする。ハッキリとメスにも性欲があって、セックスを求めていくのも当たり前であると真正面からその事実を受け止め、その上で、セックスに対する道徳規範ってのを再定義する必要が生まれてきてるのでは無いだろうか?単純にセックスに対してメスが慎み深く振舞っているってのオスの幻想である事にある意味、オス自身が気付かなければならないのだと思う。その上で初めてある意味、セックスに対する道徳観ってのが整理されるのだと思うのである。
関連記事

業務報告?ふう・・・・雨です

kage

2010/06/18 (Fri)

アダルト10円動画


まあ、どうやら今日は本格的に雨みたいですね・・・・どことも・・・・

結構、激しい雨がこっちでは降ってます

窓を開けると雨が振り込んで来ちゃうので、閉めっぱなしなんですが

そうなれば蒸し暑く、クーラーのお世話になることになって・・・・

昔の夕立ってのは最近、無くなりましたが、

ゲリラ的豪雨ってのは結局残っちゃいましたね

今年こそ、雨で大きな被害が無いことを祈ります


関連記事

続・緊急”露出と告白のハザマの中で・・・”

kage

2010/06/18 (Fri)

アダルトDVDレンタル


前回、続きです

しかし、実際には”メスに命令してさらけ出させている事を命令して強制している”行為に興奮しているってのが僕にはあるのだ。もっと具体的に言ってしまえば”命令してるんだから、快楽に溺れて抵抗できないだろ?もっと僕の肉棒を欲しがってスケベにさらけ出していくんだ!!”的なノリなのであるのだ。

つまりはメスにその羞恥な姿をさらけ出させる命令を受け入れさせる事によってチャットであってもそのメスを”僕自身の性欲のままに精神的に束縛して陵辱してる”満足感を感じる事が出来るのである。逆に言えばメスの方も”理性では出来ない”事を淫らな快楽に溺れてしまって受け入れてさらけ出してしまう事に”奴隷としての束縛感”を意識して、そのマゾ性を満たしているのだろうと感じるのである。






画像はCODEPINKSEXFRIEND~セックスフレンド~ DVDより
この画像は、ソフトハウス『CODEPINK』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。




ただしかし本音はやっぱりそれだけでは無いような気がするのである。つまりはその女の子のおっぱいや蜜壷という”メスの部分”でオスを興奮させて”肉棒をシゴかせていく”事によって、その娘自身メスであることを自覚して、その行為自体にメスのプライドを感じているような気がするのだ。

人間であるとか恋人であるとか奴隷であるとか、様々な側面がその女の子の中にはあるのだけれども、究極的な部分で言えば、オスセックスの対象である事に対して、言葉では良いにくいのだけれども、オスに対する絶対的なアドバンテージをその露出するメスは求めているような気がするのだ。

ディスカバリー


もっと言ってしまえば”私のおっぱい、見せてあげてるんだから、肉棒をシゴきなさい!!”的な部分があるように思えるのである。こういう言い方はマズいのだけれども、メスのマゾ性の中のサディスティックな部分がそう言う所に現れているような気がするのである。

確かにストレートに”命令されて露出する”行為自体は羞恥を伴うものであるから、メスの中のマゾ的な部分を刺激する行為であって、表層的にはメスのそう言った女王様気質が表れているとは言い難い。しかし、よりオス性欲を刺激する事に対する満足感ってのは、メスの心のどこかにあるような気がするのだ。

それは確かにオスに対するメスの優位性を表すものかもしれない。ただこれもまた変な話なのだけれども、例えば道徳的に真面目な優等生がその心のどこかで娼婦にあこがれている的な話を聞いたことがあるだろう。それまでの自分とは異なった表情を見せることに対する新鮮な刺激ってのもあるのかもしれない。



とにかく、理由はともかく、ネットでの出会いってのはメスのそう言った部分に火をつけるのだと僕はもう事がある。ネットってのは結局は日常と切り離されての出会いが出来る場であるのは間違いない。そうなれば、日常に対する影響ってのは少ないのだから、その分、大胆になれるのだろう。

チャットでの露出ってのも結局は”その場限り”で終わってしまうのがほとんどだから・・・女の子さえそこで止めておけばそれ以上前に進むってのは脅迫以外では原則的に起こり得ないってのが現実で、その脅迫も確率的にものすごく低い事に女の子自体が気付いている訳で・・・そういう意味でネットでの露出ってのは、女の子の中の今までこのブログで書かせてもらった部分をある程度満足させる手段になり得るのだろう。





単純に調教を求めるメスってのは、確かに肉体的な刺激は前提であるのは間違いないのだけれども、それだけを求めている訳ではないのである。そういう意味ではそのメスの感覚的な部分をいかにオスが飼い主として調教していくか?ってことの方が重要なのかもしれない。単純にオスが性欲のままに変態プレイをして楽しむのも良いのかもしれないが、そう言ったメスの深層心理を考えながら、調教していくってのも、真性のマゾ豚に躾けていく為には重要な事だと僕は思うのだ。


熟女店員が特別肉体サービスでお客を勧誘!店内のトイレで…♪


エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓
関連記事

犯し尽し・・・67人目

kage

2010/06/18 (Fri)

アダルト動画 DUGA -デュガ-


いつものキミはプライド高い女王様で、いろんなオスからチヤホヤされて、

それでもどこか不満そうに、振舞っていたね

他のメスからでも嫌われるほどに自分自身が女王様であることに

自信を持って、本当に絶対的に全てが自由になるんだと思うほどに・・・

そんなキミだから、ボクなんかはまったくいつもは見えてなかったんだよね

でもあの時、初めてキミはボクの肉奴隷に堕ちていったんだよね

そのドレスから零れ落ちた乳房はどこか不安げに揺れて

それでいながらあんなにも強がって・・・・

そのギャップにボクはたまらなくキミの事を苛めたくて

我慢できなくなったんだから・・・・

覚えてるだろ?レイプするようにキミを求めて

ボクは性欲のままにキミを陵辱していったんだったよね

初めのうちはあんなにも激しく抵抗してたのに、

僕の肉棒を味わうようになってからはキミは従順なマゾ豚に

堕ちていったんだったよね

本当に誰も知らない肉棒に狂った牝豚の表情で

あんなにも・・・スケベに・・しゃぶって・・・悦んでいったんだから

ほらあ、今度はもっと卑猥に調教してあげる

あれからでもどんなにプライド高く振舞っても、キミは

ボクだけの肉奴隷だから・・・・

ボクだけが知ってるんだよ・・・その素顔

これからもいっぱい愛して調教してあげる

永遠にボク好みの肉奴隷に汚れて堕ちていくんだよ・・・・

愛してる

令嬢サディスティック ~下克上コンスピラシー~令嬢サディスティック ~下克上コンスピラシー~
(2010/05/28)
Windows

商品詳細を見る
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。