FC2ブログ
2015 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロチャでの出会いは見た目よりも性癖の相性で決まるんだと思う

kage

2015/06/30 (Tue)











いつも書いていることなのだけれども、エロチャでの出会いってのは当然としてモニタ越しの出会いなのだから、そのモニタの向こうに居る女の子がどんな女の子か?ってのは判らない。無論、少しでも、その女の子のことを知って具体的に想像してプレイしたいから、その部分で出来る限り、その女の子からプレイ中に年齢やスタイルなんかを訊き出すようにしているのは間違いないのである。そうすることで、やっぱりオスってのはビジュアル的な部分で興奮するのがあるから、具体的な女の子の見た目の情報ってのは、そう言った部分を刺激するのは間違いないのだ。

だから、まあ、そう言ったオスのホンネとして、如何にしてその女の子の写真を見せてもらうか?ってのが1つのハードルになっていくのも間違いないのである。写真を見せてもらえれば、その女の子の外見がズバリ判って、ビジュアル的な興奮を確実に感じられることが出来るのは間違いないからなのである。無論、写真をさらけ出すことに抵抗する女の子を言葉責めして抵抗できなくしてさらけ出させる行為自体に、ある種の支配感というか陵辱感を感じることも出来るのも確かだから、その写真がどんな写真であれ、”さらけ出させる”行為自体に興奮する!!ってのも間違いないのである。

ただ、中には、これまた前にも書いたことが在ることなんだけれども、AV女優さんのハダカの写真やアイドルの写真なんかを”これが私です!!”って見せてくれる場合もそれなりにあるのだ。無論、その判別ってのは難しいんだけれども、でも、実はグーグルなんかで、”画像検索”なんかのサービスがあって、キーワードの代わりにその画像でHPなんかを検索することも可能だから、そうすると”ああ・・・これってAV女優さんの画像だよね・・・”ってのは結構すぐに判ってしまうのである。











そう考えれば、女の子が教えてくれる個人情報ってのは絶対的なものではない!!ってのは確かなのだ。特にブッチャケの話、年齢や名前なんかはリアルで逢っても当然それが本当か?どうか?ってのは確認するのは難しいから・・・逢ってすぐに免許証とか見せてくれる?って訊くオスに女の子は嫌悪感を感じるぐらいのことは僕だって判ってるつもりだ・・・実際、中にはその辺りを隠してリアルでも逢ってくれた女の子がこれまでも居たんだと感じている。

だから、当然としてエロチャなんかの段階で100%女の子のすべてを知ることは難しいのは事実で、極端な話、モニタの向こうの女の子が本当は悪意丸出しのオスの可能性だって在るのは悲しいことなんだけれども事実なのだ。そういう意味で、絶対的にその女の子がすべて本当のことを告白している!!なんて思うことは出来ない部分があるのもエロチャでの出会いでは確かに言えてしまえるのだ。

ただ、言い換えれば、エロチャでのプレイってのは、こちらもそれなりに、その女の子のことを”都合よく妄想して”プレイしているのは間違いないのだ。もしかすると外見の部分で、全くNGな女の子とプレイしている可能性ってのはゼロでは無くて、でも、プレイ中はその女の子を妄想することしか出来ないのだから、その部分で、それなりに都合よく女の子の外観なんかが僕なりにプラス補正している場合が多いのだ。










そうなると、リアルで本当に逢った時のギャップをどう考えるか?ってことになるんだけれども、ブッチャケの話、中には”うわあ・・・美人で可愛い!!エロチャでわざわざとプレイしなくても絶対リアル日常、モテそうな女の子なのに・・・”って思える女の子も居るんだけれども、僕の経験から言えば、そうやって逢える女の子の大半は”それなりに可愛いけれども、まあ、街ですれ違う女の子だよね・・・”って感じの女の子が大半なのだ。無論、逆に言えば、”ええっと・・・そりゃあ、エロチャ頼りでしか相手は見つからないよね・・・”的な女の子も居るのも確かなんだけれども、僕の実体験からすれば、”平均か、それよりもちょっと上、いつもは真面目そうで、そんなにセックスしないよね・・・”的な女の子との出会いが半分以上なんだと感じているのは間違いないのだ。

確かに身長やスタイルの面を考えれば、”何が平均的な可愛さか?”なんかの疑問にぶつかって、なんとも言えない部分が在るのは間違いないけれども、それでも、まあ、普通に街を歩いてて、10人中5,6番目以上の可愛さが在るような女の子が半分以上のような気がするのである。だから、エロチャでの出会いを僕は止められない!!ってのがホンネになるのは事実なのだ。

それに実際の話、僕の場合、性癖的に女の子を”陵辱して肉奴隷にして徹底的に犯し尽くして専属の肉穴にしたい!!”ってのがある。もっとアカラサマに言えば、女の子の蜜壷をペニスケース扱いしてハメ続けたい!!ってのがあるのだ。実際、これまたカミングアウトしてることなんだけれども、僕自身、どうやら異常性欲らしくて、勃起してしまうと1発や2発、出しただけでコチコチは治まらず、そのまま腰を振って連続して出し続けないと満足できない!!ってのがある。だから、ブッチャケの話、肉棒を女の子の蜜壷に挿れて腰を振ったままでTVのバラエティー番組を見ることさえすることも在るのだ。










画像はMOONSTONE Honeyお嬢様と秘密の乙女より
この画像は、『MOONSTONE Honey』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。





これは言い換えれば、エロチャなんかの出会いで、その女の子を肉便器扱いすることを前提に出会って、その女の子もそうやって肉棒に支配されていくことを求めているから、その部分で性癖の一致が合って、だからこそ、エロチャでのプレイだけでは満足しきれなくなって、その女の子も僕とのリアルでのセックスを求めてくれるのである。そうなえれば、当然として女の子が求めるセックスも、そう言った肉便器プレイで、その部分である種の同意がその女の子と僕との間で為されている!!ってのが言えるのだ。

だから、こう言ったセックスってのは、普通のノーマルな性癖の女の子では性癖的に合わない!!ってがあるし、そう言ったプレイを求めてしまうと、僕のことを変態扱いして、結果、その関係ってのは成立しなくなって、うまく行かなくなってしまう!!ってのがあるんだと感じている。しかし、エロチャでの出会いってのは、最初からそう言った部分が”織り込み済み”でなおかつ”モニタ越しのプレイ”でそれなりに”予行演習している”から、リアルでのセックスになっても、そんなに女の子は抵抗なく僕とのプレイを受け入れてくれる事になるのだ。

そう考えれば判るんだけれども、結局は、僕だって、そうやって出会っている分だけ、最初から性癖を隠さずに、思うままにプレイしている!!ってことになるのは間違いないのだ。無論、最初からリアルでいきなりディープなプレイを続けてしまうと”プレイのマンネリ化”が在ったりするから、それなりに次のプレイの流れを考えて組み立てていく!!ってのがあるから、その部分で、それなりに”今日はここまでしたんだから、次は・・・”的に調教の方法を考えていく!!ってのが在るんだけれども、それでも、リアルな日常での出会いの中でのセックスと異なって、性癖のままに思うままにセックスしている部分が在るのは間違いないのだ。








だから、それを考えてみると、見た目云々よりもその女の子との性癖の相性が合っていることにまずは 僕の場合、満足してしまう!!ってのが言えるのだ。故に見た目がどうこうってよりも、そんな僕の性癖と相性のいい女の子か?どうか?ってのが僕の場合、重要な条件であって、どんなに見た目綺麗で可愛いスタイルのいい女の子であっても、まったく性癖的に合わなければ、プレイそのものが醒めて興奮できなくなって愉しめなくなるのだから、僕の第1条件としては性癖の相性のいい女の子!!ってことになるのは間違いないのだ。

だから、女の子が思うほどに、少なくとも僕は、その女の子の外見にこだわりがない!!ってのがホンネになるのだ。だから、女の子からすれば、確かにこれまで何人もの女の子とリアルでもセックスしているのだから、中には綺麗な女の子ともしてるんだから・・・ってことで、そんな女の子と比較されてヤリ捨てられるなんて最悪!!ってことで回避する女の子が居るんだけれども、そんな女の子に伝えたいことってのは、見た目もそれなりに重要かもしれないけれども、それ以上にエロチャでの出会いってのは、性癖の相性がいいか?どうか?ってのが少なくとも僕の場合、重要である!!ってことなのだ。














そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓









関連記事

エロチャでのプレイの本質は女の子のリアルを知っていくことにあるんだと思う

kage

2015/06/29 (Mon)











確かにエロチャなんかでその場限りのオナニープレイを求めてる女の子ってのは男性経験も彼氏なんか以外とは無くて・・・って感じで、快楽を求めてのみオスセックスするなんて、リアルじゃ考えられない!!エロチャでのモニタ越しのその場限りのプレイだからこそ愉しめるんだ!!って場合が多い。つまりは、本当にキモデブとリアルセックスしたい!!んkじゃなくて、モニタ越しの妄想でなら・・・って感じの女の子がほとんどなんだと言えるのだ。

だから”エロチャで遊んでる=リアルでも淫乱で下半身にだらしないメス”って公式はほとんど当てはまらないんだと僕は感じている。女の子の中には、エロチャプレイし易いようにそんな感じの女の子を演じてくれる場合もあるんだけれどもモニタ越しにプレイして責め上げていくと、やっぱり、そう言った経験のない女の子だってことは判ってくるのである。これは僕の経験からの一方的な感覚なんだけれども、そんな普通の女の子リアルでどんなオスの肉棒でも悦んで尻を振る女の子とでは、”持ってる雰囲気”が微妙に違うと感じられるのだ。

故に、プレイの流れによっては、極端な話、”本当は処女なんだよね・・・?”ってふうに訊き出す場合も在るのだ。実際、これまた僕の経験からの感覚なんだけれども、どんなにその女の子がエロチャプレイし慣れてても、やっぱり処女と非処女ではプレイの雰囲気が異なる部分が在るのだ。それは具体的にどうなのか?ってなると、口では説明し難いものであるし、100%いつもそれを言い当てられてるか?ってことになると、そこまでは自信は無いのである。しかし大体において、それなりに、そのプレイの雰囲気から、モニタの向こうに居る女の子がどんな女の子か?ってのはなんとなくでも感じる部分が出てくるのである。










それに、実際的に僕自身、そのエロチャでのプレイを愉しみたい!!ってがあるから、その部分で具体的に女の子を妄想したくて・・・ってのがあって、結果的にそう言った能力が付いてきたんだと思う。やっぱり、まったく女の子の具体的な部分が判らなくても、その妄想として、それなりに今まで出会ってきた女の子やTVの中でのアイドルなんかをダブらせて、そのモニタ越しの女の子を想像して、プレイしないと、”まったくイメージできない謎の物体X””では愉しめない!!ってのがあって、そう言った経験の積み重ねで、プレイの端々でカテゴリ分けして、”ああ・・・今、モニタ越しに居る女の子はこんな感じの女の子なんだなあ・・・”ってふうに想像して、”当てて”行くのである。

無論、まったく思い違いの想像をしている場合も在るのは否定しないんだけれども、それでも、まあ、プレイの流れなんかで女の子の性体験なんかはある程度は具体的に想像出来てしまう部分が在るのだ。そこに年齢とか服装なんかを訊き出して、当てはめていけば、ステレオタイプなキャラ設定になるかもしれないが、でもステレオタイプだからこそ、そんなにその女の子のリアルと大きく異なった想像にはならない!!ってのが言えてしまえるのである。

だから、自分で言うのもなんだけれども、そう言った部分は”特技化”している自覚も在るのだ。エロチャでプレイして、その女の子のリアルの実物像を言い当てながら、”ほらあ・・・こうやってキモデブにモニタ越しに犯されながら知られていく・・・もうだんだんと逃げられなくなっていくんだ・・・・”って感じで責め上げていくのが僕のプレイの方法論になるのは間違いないのだ。









つまりは、前にも書いたことかもしれないが、女の子は、”エロチャでモニタ越しのプレイでリアルな事は絶対知られない・・・だからこそ・・・”ってのがあって、その部分で、大胆にプレイ出来ている!!ってのが言えるんだけれども、そうやって言い当てることで”ああ・・・キモデブにこんなにも知られてしまった・・・もう逃げられない・・・肉奴隷に堕ちるしかないんだ・・・”って思わせていくことは、在る意味可能なんだと僕は感じているのだ。

無論、当然として、”この個人情報をネットやリアルでバラすぞ!!”的にしてしまえば、それは女の子の対する脅迫になるから絶対的にしてはいけないんだと僕は、その部分は守っているつもりだ。あくまでも、プレイとして”キモデブに知られて精神的に逃げられなくなって束縛されてしまう・・・”の感覚を与えることで、モニタ越しにでも”精神的陵辱”として、僕自身の中の嗜虐性癖を満足させている!!ってことが言えてしまえるのだ。そういう意味でどんなにその女の子の個人情報を知ったとしても、それをネットなんかに書き込まず、僕”だけ”が知ってることで満足するようになるのである。

つまりは確かに、名前は?年齢は?程度は最初の自己紹介的なもので教えてくれる場合も多いし、性体験なんかや性癖なんかはプレイしていて告白してくれる場合も在る。ただ、それが本当か?どうか?てのは、判らないし、そうなると、そうやって教えてくれた方法もそれなりに”揺らぎ”があるのは確かなのだ。言い換えれば、例えば、名前なんかは当然としてチャットに入室した時には、適当になんとなくの、例えば友達の名前や機能読んだ小説の中に登場するキャラクターの名前なんかを利用して、いきなり、本当の名前で来てくれる女の子はマズは居ないのだ。でも、そこから、なんとなく、ヒントにして、その女の子の本当の名前やキャラクターを掴んでいく必要がリードするオスにはあるんだと僕は感じているのだ。











画像はMOONSTONE Honey数量限定】お嬢様と秘密の乙女 DMMオリジナルイラストカード付より
この画像は、『MOONSTONE Honey』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。







そういう意味で、女の子が教えてくれたすべてが最初から”ウソ”だとは思わないんだけれども、その中に”揺らぎ”があるのは事実で、その揺らぎの中に、その女の子の”本当の姿”があるのだろう。それを如何にして掴んでいくか?ってのが、エロチャなんかの出会いの本当のポイントになるのだと僕は思うのだ。こう言っては何だけれども、確かに大半の女の子は、エロチャで出会うようなオスにリアルな日常に踏み込まれたくないから、その部分で上手く隠そうとするし、そのリアルな日常と切り離してエロチャではメス豚になることを愉しんでるのだから、そういう意味では”演じている”部分がいっぱい在るのだ。

だからこそ、そこが女の子にとってのオスに対する”防波堤”になってるんだと感じるのだ。そこを崩されて踏み込まれないことで、”リアルとエロチャの間に壁を作って”、その部分で、エロチャでのプレイをモニタ越しのプレイだと割り切っている。でも、実際的には、モニタの向こうには僕という存在が在って、そしてそのプレイで求めていく快楽は、女の子が本当に求めている快楽なんだと言えるのだと僕は思っている。そういう意味では、エロチャでの出会いであっても、当然としてリアルにつながっているのは間違いないのである。

故に如何にして、その壁を取っ払って、僕自身がその女の子のリアルに踏み込めるか?が、在る意味、リアルでのセックスにたどり着くための方法論になるのは間違いないのだ。ただ、当然として踏み込みすぎれば、その女の子はスルリと逃げ出そうとするし、防御も硬くなる。それに、僕自身の中のルールとして、その女の子を傷付けてまで求める気は無いのである。あくまでも、女の子が”ここまで知られちゃって逃げられないし、リアルでも快楽を求めたい・・・これが運命だから・・・”って思ってもらえるまで粘り強くエロチャでリピートして貰えるようにリードしていくだけなのである。そういう意味でエロチャで女の子のリアルを求めていくことはものすごく重要なんだけれども、だからこそ、それで女の子を傷つけるようなことだけはしてはいけないのである。












そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓







関連記事

射精はオスの快楽を得る方法論だけれども、メスを満たす方法論であることを忘れてはいけないんだと思う

kage

2015/06/25 (Thu)










基本的には僕の場合、どんな女の子であってもプレイの内容ってのは本質的には変わらない・・・ってのが言えるんだと自覚が在る。これは、まあ、リアルでもエロチャでもそうなんだけれども、どうしてもこれまでの経験で積み重なったものがあって、その流れでプレイするのが1番ヤリ易くて、なおかつ、そのプレイ自体が僕の本能のままのプレイだから、ヤっちゃってて僕自身が愉しい!!ってのがある。だから、どうしても、”一本調子”にならざるを得ない部分が在るのは間違いないのだ。

無論、確かにそう言いながらも、同じプレイばかりだとマンネリ化して飽きてくる部分もあるから、そういう意味で”前回は縛ってしゃぶり尽くしたから、今回は首輪で徹底的に犬になってもらおう・・・”的にプレイの具体的なものを変えていく工夫はそれなりにしているつもりだ。だから、ブッチャケの話、前回はラブホだったから今回は・・・ってふうに場所も変えたりして、出来る限り、プレイの内容が単調にならないように工夫して女の子を愉しませている部分もあるのは、それなりに自信を以って言えることなのだ。

つまりは、僕自身、その女の子を陵辱して性欲のままにむさぼるようにセックスしたい!!ってのが根本としてあるから、その部分は絶対的に譲れないんだけれども、プレイの方法論としては、それなりに女の子とも話して出来る限り両方が愉しめてなおかつマンネリ化しないようにプレイの内容を変えていく!!ってのは普通にしてる。ただ、まあ、そのやり方ってのは、これまでセックスしてきた女の子ごとに大きく変わるか?と言えば、そうではない・・・ってふうに自覚しているのだ。










言い換えれば、その女の子が処女か?経験済みか?でそんなにプレイの内容を変えていくようなこともしない!!ってのが言えてしまえるのである.無論、処女の女の子の初めてのセックスで、いきなり、首輪させて肉便器プレイをしてしまう・・・的な事はしないんだけれども、結局はそうやって処女を奪って、何度もリアルでリピートしているうちにたどり着くプレイってのはそんなプレイになる!!ってことが言えて、”結局論”としては、どの女の子とも繰り返していくうちに、同じようなプレイをしてしまっている!!ってのが言えてしまれるのだ。

だから、最初に書いたとおり、女の子ごとにそんなにプレイの具体的な方法ってのは変わらない!!ってのが言えてしまえるのである。故に如何にして、その女の子に僕のプレイの感覚を覚えてもらって、それが最高のセックスであると自覚させて中毒化させていくことに、僕の調教の根本論が在るんだとも自覚しているのも間違いないのである。つまりは他のオス肉棒なんかでは満足できないように開発していくことが僕の調教になっていくのだ。

ただ、まあ、このように書いていくと僕自身の肉棒が大きくて・・・なんて勘違いしてくれる女の子も居るのかもしれない。実際的にカミングアウトしてしまうが、そんなに僕の肉棒は大きい!!とは言えない自覚もある。それにテクニック的にどうか?ってことに対しても、そんなに上手い!!とは僕自身、思ってないし、女の子も技巧的な部分で僕のことを評価してないんだと思える。そうなればどこで女の子が中毒化していくか?ってことになるんだけれども、 僕が思うに、その”雰囲気”なんだと思うのだ。









確かにこれまたいつもカミングアウトしていることなんだけれども、僕自身、異常性欲で、その部分で、他のオスよりも精液射精しやすい!!ってのがある。つまりは朝から晩まで交尾して、その女の子を監禁するように犯し続けて1日で10発以上出さないと満足した!!って感じになれないし、もっと言ってしまえば女の子の蜜壷をペニスケース代わりにして、勃起した肉棒を入れ続けて、出したい時に腰を振って出すようなプレイをしてしまっているってのがまずは前提として言えるんだとも自覚しているのは間違いない。

つまりは他のオスってのは1発2発出せば、それで満足してセックスを終わらせるらしいんだけれども、僕自身、その程度じゃ満足できなくて、当たり前の如く、1発射精しても肉棒精液まみれになりながらもコチコチのままだから、そのまま抜かずに犯し続ける!!ってのを普通にしてしまうのだ。その部分で女の子の理性なんかを無視して犯し続けていくことになるから、女の子もどうやら、そういうプレイで、僕の肉棒に狂ってクセになってくれる部分が在るらしいのだ。

言い換えれば女の子はオス射精回数よりも繰り返して絶頂を感じることの出来る動物なんだ!!ってことがマズは言えてしまえるんだと僕は感じている。だから、こう言っては何だけれども大半の女の子はそれなりに旦那や彼氏なんかとセックスしても、どこか満たされないのはその絶頂回数なんだと僕は感じているのだ。つまりは、大半のオスはどうやら2.3回精液射精できれば、それで満足らしいんだけれども、女の子はそれ以上の回数、絶頂を感じないと本質的には満足できない部分が在るんだと僕はプレイしていて感じているのだ。











画像はVenus_S【数量限定】姉とプリンセスは嫌われたくない。-俺のラブコメ18禁フラグ、またしても管理できず- DMMオリジナルイラストカード付より
この画像は、『Venus_S』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。





無論、中には”逝き易い”女の子なんか居たりして、こっちが射精するまでの愛撫の合間に2度も3度も絶頂を感じて、挿入後の射精に合わせて1番大きな絶頂を持っていくるように快楽をコントロールしている女の子は居るし、もしかするとその辺りは、大半の女の子がしてる”テクニック”で、そうやってオスとは違う絶頂の愉しみ方を女の子はしている部分があるようにも思える。しかし、それでもやっぱり物足りなさを感じている女の子は多いようにも思えるのだ。

だから、エロチャなんかで、輪姦なんかを求める女の子で考えてしまうんだけれども、複数の肉棒を求める!!ってことは、その女の子はそれだけ繰り返して絶頂を感じたい!!ってことが言えて、言い換えれば、僕のように何発射精しても、勃起し続ける肉棒だと、輪姦じゃなくても満足してくれる部分が在るのは間違いないのだ。そして、それはエロチャで快楽を求める女の子の大半にも言えることなんだと僕は感じている時が多いのである。つまりは、何も輪姦を求めなくても、女の子は何度も絶頂を求めてエロチャでプレイしている時が在るようなのだ。

つまりは、在るオスとプレイして、基本的にはそのオスが射精すれば、そのプレイってのはお仕舞いになる。女の子もそのプレイでそれなりに”逝っちゃってる”んだけれども、中には、そのまま、また別のオスとプレイしてまた絶頂を求めてしまう女の子が存在する!!ってことなのだ。だから、輪姦なんかは生理的にNGで、”同時”に何本も肉棒を相手にするのは躊躇ってしまうけれども、”何度”もいろんなオスの肉棒を繰り返して感じていくのは止まらない!!って女の子は存在する!!ってのが言えてしまえるのだ。








それにもっと言ってしまえば、僕なんかはエロチャでも時間さえあれば2発め3発目を出したいタイプだから、1度出した後でも、”もうちょっとだけ、続けて良い?”って誘って行く場合が多い。ブッチャケの話、リピートで何度も来てくれている女の子に関しては、プレイそのものがマンネリになっている部分もあるから、”1発出したし・・・終わってもいいかなあ・・・”って思える場合もあるんだけれども、その場合でも、実はすぐに別の女の子を見つけてプレイしている場合もそれなりにあるのは間違いないのだ。

無論、僕もリアル日常、生活があるから、どうしてもタイムアップで1発限り!!ってのはあって、その部分で続けられない場合もあるんだけれども、それでも、時間さえあれば、エロチャでもそうやって連続の射精を愉しんでる!!ってのがあって、それで、そうやって女の子に新鮮さが在ったり、相性的に愉しめる女の子であれば、そうやって連続してのプレイを誘うことも結構在るのだ。そうすると、大半の女の子は時間的に余裕があれば、僕との連続のプレイに付き合ってくれるのだ。

そこで思うんだけれども、大半の女の子はセックスに対して、女の子自身から積極的に求めることを恥ずかしい!!ってふうに考えて、その部分でかなり自制している部分があるんだと思う。しかしながら、エロチャってのはストレートにセックス前提の出会いで、なおかつ、リアル日常とは切り離された部分として在るのだから、それ故に大胆になれる理由があって、女の子は純粋に快楽を求めてしまうのだ!!ってのを僕は実感しているのだ。











だから、繰り返しのプレイであっても、女の子は悦んで受け入れてしまうんだと僕は感じている。つまりは僕が異常性欲で、何度も射精してしまうから・・・だと言えるからかもしれないが、女の子は確かにセックスのプレイそのものの”質”も求めてるんだけれども、それ以上に”回数”に関しても求めてるんだと僕はプレイしていて感じるのだ。故に自分で言うのも何だけれども、何度も射精が止まらない僕の肉棒ってのは女の子にとっては魅力的なものになるんだと感じているのだ。

故に言い換えれば、確かに僕自身も射精して、その瞬間の気持ち良さがあるから、それで止まらなくて、女の子の身体で射精してるんだけれども、それ以上に、”やっぱり女の子が求める限りには肉棒から絞りだすようにして精液を射精し続けなければならない!!それが、女の子を満たす唯一の方法論だ!!”ってふうに女の子を満たすために必死になって射精しまくっていくことに女の子は愛情を感じてくれている部分が在って、そこにハマってくれる根本的な理由があるんだと思うのだ。

つまりはセックスってのはオスにとっては、メスの身体で精液を射精して、その快楽を愉しむためにしてるんだけれども、それと同じか、それ以上に、女の子の性欲を満たすためにしてるんだ!!ってふうに僕自身が思えるから、そこに女の子が繰り返して、僕を求めてくれる理由が在るんだと自己分析するのだ。言い換えれば、自分で言うのもなんだけれども、キモデブの僕がリアルでもリピートしてセックスできる女の子との関係を築けるのはその辺だと思うのだ。













そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓








関連記事

調教ってのは女の子のメスの部分を引き出していくところに在るんだと思う

kage

2015/06/24 (Wed)










僕自身、女の子の性体験に関してミョウなこだわりを持っていないと表面的には思っている。実際的にエロチャなんかでの出会いで女の子リアルセックスするのが、僕の場合、大半なのだから、そこから考えれば、処女の女の子セックスすることなんてほとんどあり得ず、それなりに性体験のある女の子とこれまでセックスしてきた!!って自覚があるからなのだ。

つまりは、”処女しか相手にしたくない!!”なんてことを言ってしまえば、そうやってセックスする機会なんか無くなって、未だに童貞のまま過ごしていたんだろうなあ・・・なんてことを思うと、女の子の性体験にこだわりを持つってことは、それだけリアルでのセックスのチャンスをゼロにしてしまう!!ってのが僕の実際のホンネになるのだ。

だから、ものすごくアカラサマなことを言ってしまえば、”本当は処女の女の子セックスしたいんだけれども、そこにこだわり過ぎると全くセックスできなくなってしまう!!”ってのがあって、その部分で、無理して処女を求めない!!ってのが僕の実際のホンネになるのだ。

それになんて言うか、これは僕の実感なんだけれども、エロチャなんかで知りあう大半の女の子ってのは、確かに性体験が在るのは間違いないんだけれども、なんて言うか、”普通の女の子”であって、”誘われればどんなオスとでも交尾するだらしない淫乱メス豚です!!”的な女の子ってのはほとんど居ないのである。

つまりは半年とか1年に1人ぐらいの割合で、リアルでもエロチャなんかで知り合った女の子とセックスするんだけれども、在る意味、”ネットで知り合ったキモデブとセックスする!!”ってことに対して背徳感を感じて、オドオドと交尾する女の子のほうが多いのだ。









確かに中には彼氏や旦那なんかが居たりして、定期的にセックスしている女の子も居るんだけれども、大体の女の子は、”ここ半年1年セックスしてません・・・もしかするともっと前からしてません・・・だからエロチャでオナニーして・・・それでつい、我慢できなくなってリアルでのセックスを受け入れちゃいました・・・”的な女の子のほうが多いように感じるのだ。

つまりは、それなりに経験があっても、本当にメス豚になって肉棒を愉しむような経験の在る女の子ってのはエロチャにはほとんど居ない!!ってのが言えるんだと思えるのである。無論、中には、彼氏の行き過ぎたDVなんかで玩具にされて輪姦公衆便器プレイなんかでドロドロにされた女の子が、その快楽が忘れられなくなって、エロチャでそんな出会いを求めて来てる場合なんかも在るんだけれども、そう言った女の子のほうがむしろエロチャの世界ではレアケースなんだと僕は感じている。

だから、もっと言ってしまえば、そうやってリアルで公衆便器になることに対して一線を超えてしまって抵抗感が無くなってしまっている女の子は、在る意味、エロチャなんかの出会いでまどろっこしくモニタ越しのプレイを愉しんで・・・ってことをしないのである。それよりも、リアル日常、性欲を我慢して、簡単にセックスしてしまうのは悪いことだ!!ってふうにモラルを持つ女の子が、その性欲を我慢できずにエロチャでオナニーしたくて来てしまう!!って場合のほうが多いんだと感じているのだ。









そういう意味で、僕なんかは、普通に肉棒をその蜜壷に挿入して精液を出すだけのセックスを求めてるんじゃなくて、その女の子を専属の肉奴隷に調教して・・・ってのが希望にあるから、大半の女の子は、妄想として、そう言ったプレイを求めているんだけれども、実際的に、リアルで調教された女の子ってのはほとんど居ない!!ってのが実情なんだと僕は感じているのだ。

つまりは男性経験3,4人の女の子って言っても、挿入回数が3桁の女の子ってのは少ないんじゃないだろうか?と思うのだ。もっと言ってしまえば彼氏・彼女の関係になってオスに求められてセックスしてしまったんだけれども、とりあえず挿れられただけのセックスであって、本当にメスとして”自発的”にセックスを愉しむ処まで行き着いた女の子ってのはエロチャの世界ではあまり少ないんだと思えるのだ。

だから、それなりにセックスの経験は在るんだけれども、メスとして本当にリアルでセックスを愉しんだことがないから、その部分でリードしてあげると、大半の女の子は、そこで満たされていく女の子が多いように僕は感じているのである。つまりは”騎乗位で思うままに蜜壷で肉棒を咥えて、もっと頂戴!!っておねだりして良いんだよ・・・”って教えてあげることで女の子はメスとして満たされていく部分が出てくるんだと僕は実感するのだ。言い換えれば、女の子のセックスってのは、オスのリードのままにある種の受け身のまま感じていく場合が多くて、積極的にメスとして愉しめてない部分があるんだと僕は感じているのだ。










画像はGuilty虜ノ旋律 ~淫らに喘ぐ処女セクステット~より
この画像は、『Guilty』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






故に、なぜ、女の子がエロチャで”メス豚になりたいのか?”ってことを考えれば、そのメス豚を言い訳にして、思うままに積極的にセックスしたい!!ってホンネが隠されてるんだと僕は感じるのだ。つまりはメス豚であれば、当然として、そのオスの肉棒を深くしゃぶって味わうことをしても、それはメス豚として奉仕することとして当然の行為であって、その結果、女の子は愉しめる!!ってのが言えるのではないだろうか?つまりは、リアルな日常では”女の子として理性的に振る舞わなければならない!!”ってのがセックスの時にも在って、それで結果的にオスのリードのまま受け身で我慢している部分が在るんだと思えるのだ。

特にリアルな日常の中で知り合ったオスとのセックスってのは、当然としてその普通の生活の中でそのオスからどう思われるか?って意識がどこかに在るんだと思う。つまりは、”セックスの時はあんなにもドスケベにしゃぶって尻振る淫乱メス豚だから、セックス以外のリアルな日常でも、そうやってメス豚扱いしても良い!!”なんてふうにオスに思わせたくなくて、その部分で、どこか性欲をセーブしている部分が在るんだと思うのだ。

しかしながら、当然として、僕との出会いはエロチャでモニタ越しの出会いで、リアルな日常とは切り離した処に在るのだから、その部分で僕が、その女の子のリアルな日常の生活に踏み込むことはなくて、結果的に”リアルでも、その2人きりの特別な時間だから・・・”ってことで、女の子も割り切って、”肉棒狂いのメス豚に堕ちて行く”ことを素直に愉しめるんだと僕は感じているのだ。つまりはエロチャの延長としてリアルでのセックスがあって、”リアルな日常の誰にも秘密でのセックスだからこそ、メス豚になって大胆に求められる!!”ってのが女の子の僕とのセックスの魅力の1つになるんだと感じているのだ。








つまりはセックスを経験しているからと言って、大半の女の子は、そんなに回数的に経験している訳でもなくて、その内容も受け身が中心でとりあえず犯された!!って感じのセックスをしているだけの女の子のほうが多いように思えるのだ。その部分で、いくらでも開発の余地が在って、僕とのセックスで女の子はセックスを愉しむメス豚として新しい側面を持つようになるのである。だから、そうやって僕の肉棒で変わっていく女の子を意識すると、”ああ・・・ここまで調教してメス豚として悦べるようになったんだなあ・・・”って思えるのだ。

つまりは僕の調教ってのは、どこまでその女の子が変態セックスに耐え得るようになったか?で進捗度を考えるのではなくて、女の子自身が自然にメス豚として振る舞ってセックスを愉しめるようになったか?ってのがポイントになっていくんだと思えるのだ。言い換えれば、在る意味、ほとんどノーマルなセックスであっても、その女の子が雌豚として積極的に愉しめるようになれば、それは調教プレイになり得るんだと僕は感じているのだ。だから、僕は、確かに緊縛も羞恥も女の子にメス豚として求めていくんだけれども、女の子が”またしてみたい・・・ご主人様に開発されて嬉しいです!!”って言ってもらえるようにしていくことが、1番セックスで大切なことなんだと考えているのである。













そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓







関連記事

露出プレイと飼い主の技量

kage

2015/06/23 (Tue)











夏である。僕にとっては露出の季節なのだ。無論、特に最近は社会的なマナーが厳しくなって、単純にハダカで歩かせる的な、僕にとっては”安易でリスクが高すぎる”プレイは、難しくなってきてるんだけれども、でも、例えばTシャツでノーブラで歩かせる的なプレイは、し易い季節になっているのは間違いないのだ。

つまりは何を以って露出プレイとするか?ってのがあるんだと思うが、それは在る意味、オスの演出の仕方で成立していくんだと僕は感じているのだ。言い換えれば、女の子の気持ちを如何に”私は今、ご主人様に命令されて変態なことをしてる・・・”って思わせるか?がそれなりのテクニックになっていくんだと言えるのだ。

それは例えば、先ほど書いたとおり、”ノーブラのTシャツ姿で街を歩かせる”プレイを考えて貰えれば判るんだけれども、実際的にそれなりに露出を経験してきた女の子からすれば、ものすごくハードルは低くて、”そのぐらい、露出プレイだとは言えない・・・”ってのがあるんだと思う。










それに女の子の中には、いわゆる”セルフ露出”をしちゃってる女の子も居たりするんだけれども、その程度のプレイってのは何もオスに命令されなくても実行可能なプレイで、普通の女の子でも、”このぐらいで露出プレイ?本当はもっと大胆なのを想像してた・・・”的なものを感じる程度だろう。

でも、”オスに命令されて抵抗できずにTシャツ越しに尖り始めた乳首を透けさせて晒させている・・・”ってふうに意識付けられればどうだろうか?つまりは、”ほらあ・・命令されて、他のオスメス豚姿、こうやってさらけ出し始めてるんだから・・・それで感じてるんだろ?変態娘で・・・”的に僕自身、出来るだけ上手く煽って、女の子をその気にさせるようにして、その後、2人きりになった時に”命令のままにさらけ出したご褒美に・・・”的に愛撫してあげるのだ。それによって女の子は、それなりに感じてくれることが多いのである。

それは確かに僕以外の周りのオスの視線を気にして、純粋にメスとして視られてる・・・ってことに対する興奮が在るんだと思うし、そうやって意識付けるように僕も上手く女の子を言葉責めして煽る部分が在るのだ。だから、極端な話、これは季節問わずにすることなんだけれども、単純にペットショップなんかで安物の犬の首輪を買って、その場でつけてやって、街を散歩させるだけでも、女の子は調教を意識して感じて興奮する場合が多いのだ。言い換えれば、女の子の気持ちの中に”私は調教されて、こんな姿を晒している・・・”って実感を感じさせれば、それで在る意味、露出プレイは完成するのだと僕は感じているのだ。









ただ、気付いているんだと思うけれども、こう言った簡単な露出ってのは、何も僕が命令してしなくても、実際的には女の子個人で出来てしまえる側面が在るのは否定できないのである。先程も書いたが実際的に、こうやって女の子個人で”セルフ露出”を愉しんでる女の子は結構居てて、そこから考えてもわざわざと飼い主を求めてまでするプレイではない!!レベルだと言えてしまえるのだ。だから、そこにある種の調教の危うさが在るのは間違いないのだ。

それは、僕自身、ある種の理想として、その女の子には他のオスセックスしてほしくない!!ってのが根本にあるから、だと自己分析している部分が在るのも事実なのだ。つまりは僕自身、その女の子に求めるのは”専属の肉奴隷”なのだ。そうなると、女の子にはリアル日常は貞淑でセックスなんかしない振りをしながら、二人きりになった時は、思い切り、スケベに肉棒を欲しがるメス豚になってほしい!!ってのがあるのだ。

無論、調教する女の子は彼氏持ちや人妻さんの場合もあるし、セックス前提の関係の中で、どこまでその女の子のリアル日常に対して僕自身が支配して良いのか?って問題もあるから、それは僕の一方通行的な都合の良い理想なのは判ってるんだけれども、でも女の子も、そうやって調教されて支配されていくことに悦ぶ場合も多いのだから、その部分で成立し易いんだし、だからこそ、女の子はそんな束縛されるセックスを求めて、”飼育される”マゾ豚としてエロチャで飼い主を求めてるんだとも言えるのだ。











画像は アトリエさくら強制恥辱操作~露出◆委員長・早乙女美姫と露出◆幼なじみ・橘雪奈『この変態! 私たちを裸に剥いて童貞男達の前に晒すなんて……! 処女なのに!!』より
この画像は、『アトリエさくら』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。







だから、女の子単独でそうやって露出プレイを愉しんでしまうと、そのプレイってのは当然として 僕の支配から逃れてのプレイになってしまって、そこから女の子は”飼われなくてもメス豚として愉しめる!!”ってことになって、僕の支配から逃れていくことになってしまう可能性ってのが在るのだ。

もっと言ってしまえば、そうやって微かであっても、そのメスの部分を他のオスに晒すのだから、そうなれば、極端な話、オスの都合の良い解釈として”露出狂いの淫乱だから、レイプされてヤラれることを求めてる・・・”的なものがあって、その女の子をその場限りの肉便器にするオスと出会ってしまう可能性だって出てくるのは間違いないのである。

故に、露出プレイで必要なのは、”ご主人様の命令で抵抗できずにご主人様のためにしちゃってる!!”ってことと”ご主人様がいつでもそばに居る!!”ってことを絶えず、その女の子に意識づけていくことなんだと僕は感じているのだ。そのためにはきちんとその女の子を愛して、”露出させられてる代わりに守られている!!”って意識を女の子に感じさせてあげる必要が在るんだと思うのだ。だから、あくまでも露出ってのは、”ご主人様に命令されて、だからこそ・・・”の部分を崩してはならないんだと思うのだ。









そう考えれば判ると思うんだけれども、僕にとっての露出プレイってのは、あくまでも露出そのものを目的にしてない!!ってのがあって、”ご主人様のためだけに・・・”を引き出すために手段としての露出プレイなのだ。無論、確かに周りのオスの視線で、それなりに女の子だって感じる部分があるんだと思う。

それに僕自身、そうやって羞恥で欲情する女の子の表情に嗜虐心が煽られてたまらなく興奮する部分があるのも否定は出来ないのだ。しかし、やっぱり、最後はラブホなんかで、”命令に従ったご褒美に・・・”ってことできちんと抱きしめて愛撫してキスしてあげることで、そのプレイは完成するんだとも思っているのである。

確かに考え方として、色々と工夫して、周りにバレないようにして・・・的にだんだんとエスカレートさせていく!!ってのも露出プレイの方法論として在るのだろう。つまりは、その行為そのもので興奮の度合いを上げていく!!ってのはあるんだと思う。しかしながら、やっぱり、今の時代、特に社会的なマナーを考えれば、それなりに出来る範囲ってのは決められてしまうんだと思うのだ。









この感覚は僕の”チキンさ”だと言えるのかもしれないが、もしバレた時、僕も困るが女の子自身も困るだろう。そう考えれば、その女の子の”飼い主”だからこそ、リアル日常へのリスクや影響を最小限にしていく”気遣い”ってのがオスとして当然、必要なものだとも考えているのである。

だから、如何にして、その演出によって、女の子の意識を刺激していくか?ってのがオスとして重要であって、そこにテクニックが必要なんだとも思えるのだ。そのためには、露出の意味合いとして、何の為に露出させるか?って部分で、他のオスに視姦させて・・・ってのをさせてしまうと、その女の子は僕だけの物にならなくなってしまうのだ。そういう意味で他のオスの存在を使わずに、その女の子のメスの部分を刺激して引き出すってのは、それこそ、”飼い主”としての技量を問われることになるんだと僕は考えているのである。













そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓







関連記事

確かに女の子を肉便器にするんだけれども、でもその場限りの興味本位のセックスはするべきではないのだ

kage

2015/06/22 (Mon)









いつもこのブログで書いてるんだけれども、基本的には、エロチャで出会う女の子ってのは、普通の女の子で、確かに処女の女の子は少ないんだけれども、それでも男性経験4,5人って感じが多くて、実際リアルでの調教を受けた女の子ってのも少ないんだと感じているのだ。

だから、まあ、こう言っては何だけれども、それなりにエロチャで出会いを繰り返して変態プレイを愉しんできた僕のほうが、そんな女の子なんかよりもそれなりに経験はあるんだと自己分析しているのは間違いないのである。故に、非処女だからと言って、そんなにその女の子をどうこう思うことはなく、普通にそのセックスを愉しんでいる!!ってのが僕の実際的な処なのだ。

つまりは何かの拍子に、”非処女=中古”って話がネットなんかでは在って、”中古の女の子だからこそ、玩具にしてヤリ捨てても構わない・・・”的な論法が浮かび上がってくることも事実としてあるのだ。確かに何人かのオスセックスしてるんだったら、後1人や2人、遊びでセックスしても問題はない!!って論法は在る意味、成立するのかもしれない。実際、そうやって、”1度遊びでセックスを覚えたんだから、もう何度ヤっちゃっても結果は一緒・・・だから、気持ち良いセックスしてくれるならどんなオスとでもする!!”的な女の子が少ないながらも存在しているのは否定は出来ないだろう。

それで、エロチャと言うセックス前提の出会いの場所で快楽を求めて、その女の子は来ちゃってるんだから、それだけ淫乱で、オスが性欲のままに玩具にしてヤリ捨てても構わない!!ヤった後の責任まで面倒みきれるか!!的な論法で、その肉棒から精液を射精するためだけの肉穴として、その女の子を求めていくオスも実際的には少なからず居るのも否定できないのである。実際、僕もこのブログでどんなに綺麗事を書いていても、結局はその女の子で精液を射精したい!!ってのが根本としてあって、そういう意味では、そうやって出会った女の子を性欲処理のための”肉便器にしている!!”って事実は否定できないのだ。










それに女の子だって、当然として性欲が在って純粋に快楽を求めている部分がある!!ってのは当然で、そうなれば、割りきってセックスしたい!!ってことになって、その部分では、女の子は”オスの性欲処理の対象になってメスとして満たされたい!!”ってのがあるんだとも思う。

ただ、しかしながら、それを現実的にリアルで求めていくことに関しては、やっぱり、その女の子の中でモラルであるとかリスクであるとかを考えて、踏み込めずに、結局は、”モニタ越しのその場限りのオカズ”として、エロチャでのプレイだけで、そう言った部分を満たしている!!ってのが、実際の処なんだと感じているのだ。

だから、何かのきっかけで、そのうちの何人かの女の子はそんなオスリアルでのセックスを受け入れてしまう側面も在るのは間違いないのだ。故に、僕自身、エロチャで出会ってリアルでセックス出来てしまっている現実が在るのである。つまりはエロチャでのプレイってのは所詮は、”オナニーであって本当のリアルでのセックスではない!!”のである。

そうなれば、女の子だって、”リアル”で本当に肉奴隷にされて感じていくセックスの魅力を求めてしまう部分が在るのは事実として言えるのだ。それ故に、僕なんかはどうにか上手くリードして、その女の子とリアルでセックス出来るように流れを作って、結果的にヤれてしまう場合があるのだ。








そう考えれば、特に僕の場合、リアルでのセックスの関係になったとしても、その女の子のリアルな日常に踏み込まないことを約束とするのだから、その部分で女の子もどこか僕との関係を”割りきって”居るのは間違いないんだと感じるのだ。つまりは、確かにセックスして、僕自身、調教性癖でなおかつ独占欲丸出しの支配性癖の持ち主だから、女の子を犯し尽くして束縛して絶対的に忠誠を誓わせて愉しんでるのは否定しないのだ。しかしながら、その忠誠ってのは、確かに他のオスとセックスさせない!!僕だけの専属の肉奴隷で・・・・ってのがあるんだけれども、その女の子がリアルな日常の中で別のオスを好きになった時点で”醒めてしまう”魔法のようなものなんだと感じているのだ。

言い換えれば、確かにリアルで逢ってセックスして、そこで”専属の肉奴隷にする・肉奴隷にされる”って部分が在るんだけれども、それはどこか最初から、女の子も僕も、そう言った関係に”憧れ”があって、その憧れの部分が重なっているから、成立している!!ってのが言えるのだ。

つまりは、僕自身、その女の子に対して、”犯して専属の肉奴隷にするから、きちんと愛して支配していくべきだ!!”ってのが逢う前から前提としてあって、女の子も、”その身体も心も捧げてメス豚になるんだから、その飼い主になるオスはきちんと愛してくれるべきだ!!”ってふうに、まずはその関係の理想が在って、そこに互いの同意が在って結果的にそんな”セックス前提の関係”に納得しあってる!!ってのが在るのだろうと分析するのである。











画像はシルキーズプラス A5和牛【数量限定】根雪の幻影 白花荘の人々 DMMオリジナル描き下ろしおっぱいマウスパッド付(乳首突起あり)より
この画像は、『シルキーズプラス A5和牛』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






確かに性欲を満たし合うために出会っている!!ってドライな部分が在って、そういう意味では、どんなにその女の子を愛しても、”セックスすることが絶対的な前提条件”なのはホンネになるのだ。どんなに綺麗事を言ったとしても、やっぱり根本として、その女の子の身体で”精液を射精したい!!”ってのがあるのは間違いないのである。だから、敢えて言うならば、”メスの身体で精液を出したいだけ・・・”ってのは否定できない事実なのである。

だから処女・非処女なんか区別せずに、まずは”ヤレるか?どうか?”って判断があるのは事実で、ヤレるなら”中古でも構わない・・・”ってのが実際の意識になるのは間違いないのだ。特に僕自身、キモオタデブの自覚が在るのだから、そんなところでミョウにコダワレばセックスできなくなってしまう!!って自覚があるから、敢えて、その辺りは考えないようにしている!!って部分も在るとも自己分析するのだ。

ただ、ある種の言い訳なんだと感じてるんだけれども、それでも、僕の場合は”犯した限りには、僕だけの専属のメス豚なんだ!!”って部分は譲れないのだ。つまりは、セックスして犯した限りには、そこからは、その女の子は僕だけのもので、他のオスとセックスさせない!!って意識でどんな女の子とも接するようにしているから、その部分で安易にその女の子を玩具にしてヤリ捨てない!!ってのが僕の絶対的な女の子の対する約束事なのである。









言い換えれば、確かに女の子をメス豚扱いして、その場限りの興味本位のセックスをしてしまえば、その女の子がどんなに汚く汚れようとも、そのオスには関係ない!!ってのが言えるのだろう。だから、そんなオスは輪姦なんかで、メスを玩具にして悦ぶんだと僕は思ってしまうのだ。

つまりは僕はリアルでセックスする限りには、その女の子は専属の肉奴隷なのだから、その部分で当然として”出来る限り”長期の関係を考えているのである。そうなると、他のオスに貸し出したりして、いろんな精液でドロドロになった女の子を、真剣に愛することが出来るか?ってなると、大半のオスは抵抗感を感じるだろう。少なくとも僕はそんな女の子を愛するのは抵抗感を感じるのである。

だから、その女の子をたとえセックス前提の関係の女の子であったとしても、いわゆる”カノジョ”として考えた時、許せるプレイ、許せないプレイってのが在って、そこをラインとして、その女の子の調教を考えるようにしているのだ。言い換えればヤリ捨てることを前提に、エロチャで出会った女の子とセックスしたことは、少なくとも僕は1度もないのである。故に、根本としてはその女の子が本当に僕との関係が終わった後に後悔したり困るようなプレイはしたくない!!ってのが在るのだ。










だから、確かにセックス前提の出会いで、その女の子に対して性欲尻を求めてるとのは間違いないのである。言い換えれば、”ヤリたいためだけに出会っている”側面が在るのは否定できないのだ。その部分でどんなに綺麗事を言っても、女の子を肉便器扱いしているのは間違いないのである。しかしながら、出会った限りには絶対的にその女の子に対して”セックス用の肉穴なんだから、その場限りでヤリ捨てれば良い!!”とは思えないのである。

やっぱり、犯した限りには、僕だけの専属の肉奴隷で、その部分できちんといつまでも愛せるように支配していくことが必要なポイントで、だからこそ、セックス前提を言い訳にして、その女の子を玩具にして、その場限りの無責任なプレイはしないんだと僕は決めているのである。その部分があるからこそ、女の子は僕を信じてメス豚になってくれるんだし、だからこそ、その女の子が後悔したり困ったりするようなプレイは飼い主としてしてはいけないんだと当然ながら思うのである。










そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓








関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。