FC2ブログ
2015 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子にもそれまでの性体験があって、そこをスタートとして調教するべきなんだと僕は思うのだ

kage

2015/08/24 (Mon)






基本的には、エロチャで出会う女の子ってのは、リアルで本気で調教された女の子ってのは少ないから、その部分で僕なんかは、それに併せてプレイしている部分ってのが在るのは間違いないのだ。無論、性癖的に僕の場合、陵辱性癖だと自覚があるし、実際的にどうしても我慢できずに、その女の子の身体を貪るように犯していくのだから、根本的なプレイってのは、女の子の性体験に併せて・・・ってのは無いのかもしれない。しかしながら、なんて言うか、やっぱり、それなりに気を使う部分が在るのは間違い無いのだ。

それは、例えば、リアル調教プレイが未体験なんだと思うと、やっぱり、いきなりのヘビーなプレイってのは控えるようにするし、その扱いに関しても、”こうやってキモデブの肉棒の味、覚え始めたんだから・・・判るよね・・・”的に、肉奴隷ってよりも最初は”エロペット”を飼うような扱いでプレイをリードしていく!!って感じになるのは間違いないのである。つまりは、未体験な女の子にいきなり”おまえは最底辺の肉奴隷だからなあ・・・・交尾されるだけでも有難がって忠誠を誓えよ!!”的に振る舞えば、未体験な女の子は、そんなプレイに付いて行くことが出来ずに、”相性が悪い!!興奮できない!!”ってことで、醒めてしまってプレイが成立しなくなる可能性ってのは結構高いのである。

だから、やっぱり、その女の子の経験に併せてプレイを組み立てていく必要が在るのは間違いなくて、それは当然としてエロチャの段階から、そうやってリードしていかなければならない!!ってのが言えてしまえるんだと僕は実感しているのである。ハッキリ言いえば、当然として極小数ながら、本気でリアルな日常、ハードに調教されてきた女の子ってのは存在するし、そんな女の子と出会うことが在るのも事実なのだ。











そして、そんな女の子の大体のパターンってのは、その調教されてきた飼い主に捨てられて、どうすれば良いのか?本質的によく判ってない女の子!!ってことになるのだ。確かに中には、そうやって調教されて、行き着くところまで行き着いて、リアルな日常の中でも、その女の子自身、積極的にどんな肉棒でも欲しがって公衆便器化してしまってる女の子も居るのは確かなんだけれども、そんな女の子は、当然として、エロチャなんかの手間の掛かるようなところで肉棒を探さずに、リアルな日常の合コンなんかで積極的にオスを求めてセックスしちゃってる場合が多いのだろう。

言い換えれば、調教済みの女の子でエロチャで出会う女の子のほとんどは、リアルな日常、そこまで”壊れてない”んだけれども、それでも調教されてきた時のメスとしての快楽が忘れられずにもう1度、そんな調教を”妄想”であっても求めてきてしまう!!って女の子なのだ。つまりはリアルでもう1度受け入れるか?どうか?ってのは決心がつかなくて、でも、それでも、やっぱりその快楽を求めて我慢できずに・・・だから、在る意味、きっかけさえあればリアルですぐに堕ちてしまうタイプの女の子なのだ。

この場合、その受けてきた調教のレベルってのが問題になる。ハッキリ言えば、首輪で奉仕したり・・・剃毛で羞恥プレイで・・・的に中途半端に調教されてきた女の子は少ないように思える。それよりもヤリ捨てられることを前提に、輪姦や貸出プレイなんかで、そのオスの玩具にされて、いろんな肉棒の味を覚えこませられて来た女の子をモデルとして考えたほうが、確率的に高いのである。









そんな女の子ってのは、先程も書いたとおり、”どうせ色んな精液で汚れまくってる!!今更、清純ぶっても仕方がない!!開き直って気持ちよくなるために色んな肉棒、咥えるぞ!!”的に、在る意味間違った積極性を出して、リアルな日常、合コンなんかでその場限りのセックスを愉しむようになる女の子のほうが多いように思えるんだけれども、やっぱり、エロチャに来ちゃう女の子は、そんな感じで経験してても、どこか、そこまで割り切れず、でも、その快楽は忘れきれなくて・・・って言うある種、中途半端な感覚で居る女の子が多いのだ。

だから、そんな女の子の理想のセックスってのは、”もう1度、ご主人様に愛されて支配されて、その結果、また貸し出されたりして、色んな肉棒の味を愉しみたい!!”ってのがあって、そう言ったことをリアルでも愉しめる飼い主!!ってのを探してしまう女の子が多いように感じるのだ。つまりは、オス自体が、そんな輪姦性癖が在ったりして、なおかつ、そんなシチュエーションをリアルで、その女の子に提供できる!!ってことを、その女の子自身が意識してしまえば、こう言ってはなんだけれども、そのオスにリアルでの公衆便器女として、また堕ちて玩具として使われていく事になる場合が多いように僕は感じている。

だから在る意味、僕自身、実際の処、相性が合わない!!ってのが言えてしまって、その部分でリアルで成立しにくいのは間違いないのだ。つまりは僕自身、性癖として、その女の子を独占したくて陵辱しているのだから、その部分でどうしても、女の子が貸出や輪姦で公衆便器化を求められても、結局は、独占の部分は譲れないのだから、結果として相性が合わなくて、無理して逢う女の子ではなくなるのである。だから、実際的に”輪姦なんかを許して愉しむご主人様”として僕のことを女の子が求めても、その部分で満足させることは出来ないのであるのだ。










画像はブルームハンドル恋と水着と太陽と ~スミレ島ライフセーバーず~より
この画像は、『ブルームハンドル』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。







故に、結果的にそんな女の子とは原則的にリアルで逢って・・・ってことはないのだ。だから、それを前提にして書くのはおかしいことなんだけれども、でも、在る意味、エロチャでプレイしているとそんな女の子と出会うのは間違いないのだ。なぜなら、そんな女の子の大部分は初期の段階では”キモデブに陵辱されて・・・”ってことを重視して、リアルで公衆便器になっていた過去なんかを隠して、僕のところに来てくれるのだ。

そうなれば、やっぱり、その女の子に対して、”ああ・・・おまえは色んな肉棒を咥えて悦んだメス豚で、その蜜壷はザーメンまみれで生臭い・・・”的な責め方は当然しないのである。それでも、そんな女の子でも、それなりに僕のリードで感じてくれて、それで結果的に、そう言った肉便器になっていたリアルな経験を告白してくれる場合が多いのは間違いないのである。確かにそのプレイの雰囲気で、”もしかしてリアルでもそれなりに・・・”なんて感じる部分も在る場合もあるんだけれども、でも、そう言った部分ってのは僕の流儀として、感じたことを隠して女の子とプレイしていくのだから、結果、女の子から告白してくれるパターンが結果的に多くなるのだ。

つまりは、プレイしていて薄々でも感じながら、なぜその辺りを女の子に訊かないか?ってことになるのかもしれないが、やっぱり、その女の子が隠していることをアカラサマに突っ込むのはマナー違反だと思っているし、実際そうやって訊いてしまえば、”そうなの・・・だから、本当は複数の肉棒で・・・”なんてことをカミング・アウトされてしまうと、僕自身の性癖に合わなくなって、そのプレイ自体が行き詰まっていくのだから、それを防ぐために訊かない!!ってのがあるのは間違いないのだ。









しかしながら、そうやって女の子は、そんな過去の体験を告白してくれる場合も在るのだ。その時は、僕なりの対応策は2つ在るのは事実なのだ。1つは、”そうやって公衆便器化するよりも、こうやって、たった1人のオスに開発されて独占される方が幸せで気持ちいいんだろ・・・”ってふうに、その女の子の性癖自体を僕好みに変えていくようにプレイの流れを作り上げていくのである。これは確かに、女の子自身、エロチャに来てプレイするのは、そう言った過去のプレイに理性の部分で抵抗と公開が在って、でも、その快楽も忘れ切れない矛盾した感覚の中で居るんだと想像出来てしまうから、その部分で上手くリードできれば、僕専属の肉奴隷になる要素が在るんだと僕は感じているのだ。

ただ、実際的には、やっぱり、複数の肉棒に同時に求められて感じていく公衆便器の快楽が忘れられなくて、それを求めてしまう女の子ってのは存在するのだ。そうなれば、在る意味、そうやって、普通じゃ言えないことを告白してくれるまでプレイが進んでるのだから、その部分で、女の子の希望に乗ってしまって・・・ってのがある。それが僕にとってのもう1つの方法論になるのだ。つまりは、そんな女の子に対して、”おまえは、そうやって、色んな肉棒に汚れた公衆便器女だからなあ・・・”ってふうに、その女の子の過去を肯定して、それを利用して言葉責めにしていくのである。

ただ、やっぱり、そう言ったプレイは僕自身の性癖からズレた所にあるから、どうしても僕自身、無理している自覚が在るのは間違いない。だから、そうやって、その女の子に対して、”公衆便器女!!”ってことを言うことで責め上げるんだけれども、でも実際的にはリアルでどうしてもそう言った輪姦プレイは出来ないから、イマイチ踏み込めずにプレイして、どうにかこうにか、女の子をモニタ越しにイカせるレベルで終わってしまうのだ。つまりは、途中までプレイしてきたのだから、その女の子からのカミングアウトでいきなりNGを出して中止するのは、せっかく女の子自身が盛り上がってきてるのが感じられてるのに、こちらの性癖が合わない!!と判明したから中止だ!!ってのは、やっぱり、女の子に悪いから、一応は最後まで女の子をモニタ越しにイカせて終わらせたい!!ってのが僕のある種の流儀としてあるからなのだ。











無論、そんな女の子とは性癖的に合わないからリアルでプレイすることはないんだけれども、やっぱりプレイ途中のカミングアウトで途中中止はマナー違反だと 僕は考えているのだ。それに在る意味、そうやって、公衆便器になっていたことを責められて興奮する女の子はどこか理性的な部分で”イケないことをしてしまった。反省して後悔してる・・・”って部分も感じられる部分もあるから、そういう意味では、その女の子の性癖に併せてあげることで、満足させてあげることが、モニタ越しであっても、オスとしての義務だとも思うのだ。

だから調教する!!ってことは確かにオスとして、その本能のままに女の子の身体を陵辱していくことなのかもしれないが、やっぱり、その女の子の性体験や性癖に併せて、如何にして満たしてあげることが出来るか?を、”リードする側”として考えなければならないのがオスの義務なんだと感じているのだ。

つまりはエロチャでモニタ越しの出会いであったとしても、プレイをし始めた限りには、その女の子が絶頂を感じるまで、途中で相性が合わないことが判明しても、それを気付かせずに、リードしていく!!ってのがオスの義務でありサービス精神なんだと僕は考えている。そして、その女の子のリアルでの性体験を、プレイの端々から想像して、それに併せてプレイを組み立てていくのが、女の子を満足させていく方法論だとも思っているのだ。そういう意味で調教ってのは、女の子のこれまでの性体験をイメージして、それをスタートにして如何にして僕好みの女の子に軌道修正していくか?ってのがテーマになるんだと思うのである。












そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓







関連記事

女の子は根源的にオスに支配されていくことを求めてるんだと思う

kage

2015/08/17 (Mon)









オス女の子セックスに対する考え方の1番の違いはやっぱり妊娠するか?どうか?なんだと思う。オスの場合はどんなに女の子の中に精液を中出ししても当然そのお腹の中で赤ん坊を孕むことはない。つまりはブッチャケの話、子供を作っている実感を感じられ難いのだ。言い換えれば、その犯した女の子が孕んだ場合、その女の子を信じることで自分自身の子供であると認識するだけであって、その絶対的な根拠を実感することはないのである。

しかしながら女の子は、そのお腹の中に赤ちゃんを具体的に孕んでいくのだから、産まれてきた赤ん坊は自分自身の子供なんだと認識するし、赤ん坊を産めば本能的に育てることを考える生き物なんだと思えるのだ。だから、オスよりも当然、セックスに対して用心深くなるのだろう。快楽のままにセックスして子供を孕んでしまえば、その後、どうするか?を考える必要があるのはオス以上に切実なのは間違いないだろう。

だから、女の子は、セックスする相手ってのは単純にその瞬間の恋愛感情を優先するのではなくて、それなりに”打算”があっても当然なんだと思うのだ。つまりは、子供を産んだ時に育てる環境を考えて・・・ってなると、やっぱり、その相手のオスが妊娠に対して責任をとってくれて、なおかつ、それなりに経済的にも社会的にも、育てやすい相手を求めていくのは、メスの子供に対する愛情であって、そう言う意味でメスの本能なんだ!!ってのが言えるのだろう。故に、在る意味、女の子の理想のセックスってのは、子供を産んでも受け入れられるオスとのセックスになるんだと僕は感じているのだ。









しかしながら、実際的に、そんな”打算”ばかりで恋愛は成り立たない!!ってのもあるし、もっと言ってしまえば、女の子だって動物の本能として性欲が在って、子供を産みたい!!ってよりも、快楽を求めるのに我慢できなくなってセックスしたい!!ってのがあるんだとエロチャなんかプレイしていて感じるのだ。特に、エロチャでのプレイってのはその部分がケンチョなんだと僕は実感しているのだ。

つまりは少なくとも僕はエロチャでのプレイってのは在る意味、リアルでのセックスを求めての最初の1歩だと考えて愉しんでいる部分が在るのは間違いない。言い換えれば、如何にして性欲がガマンできない女の子をリードして、リアルでのセックスを受け入れさせて行くことが出来るか?ってのが、そのテーマになっているのは間違いないのである。だから、その女の子にリアルでのセックスを意識させるように様々なことを考えながら、プレイして求めているのは間違いないのである。

しかしながら、そこで遊ぶ女の子の大半はいつも書いている通り、”エロチャでのモニタ越しのそのば限りのオナニープレイ”ってことで、リアルでのセックスってのは当然として考えてない場合が普通なのである。それでも、メスとしての性欲が在って、オスに求められて犯される感覚に満たされたくて、”擬似的”にエロチャプレイして、快楽を感じていってる!!ってのは事実なのだ。









そこから考えれば判るとおり、女の子だって子供を産む手前として、純粋に快楽を求めてメスになりたい!!ってのが在るのは間違いないのである。つまりは妊娠するのはリアルな日常の兼ね合いを考えて当然NGなんだけれども、でも、メスとして気持ちよくなりたい!!ってのは女の子の性欲として絶対的に在るのは間違いないんだとプレイしていて感じるのである。だから、エロチャでのプレイってのは”本当に直接的にオスの精液を受け入れて・・・じゃなくて、結局はオナニーだから・・・”ってことで、”妊娠は絶対的にあり得ない!!”ってことで、変な表現だけれども、その部分で女の子は”安心して”プレイしている!!ってのが言えるのだろう。

言い換えれば、エロチャってのは女の子にとっては”本当のセックスじゃないけれども、モニタの向こうにはオスが居て、純粋にメスとして求められている!!”って処に、その興奮のポイントがあるんだと感じるのだ。つまりは女の子だってレディコミやAVなんかをオカズにして、性的な刺激を求めてオナニーするんだと思うんだけれども、そう言ったタグイのものってのは”一方通行”で、でもエロチャの場合は”確実に”モニタ越しにオスに求められている!!ってのが言えて、そこにメスの本能を満たすサムシングが存在する!!ってのが言えるんだと思えるのだ。

つまりは、女の子がエロチャで興奮するか?どうか?って部分に関しては、確かに官能小説のような感覚で、セックスをイメージして興奮する!!ってのもあるんだと思うけれども、それ以上に、”本当にモニタの向こうのオスに求められている!!”って実感が女の子の性欲を刺激させて満足させていくことになるんだと思うのだ。言い換えれば、女の子のセックスは子供を産みたい!!ってよりも、そのオスに求められて支配されたい!!って部分にポイントが在るんだと思うのだ。










画像はhibiki works/あかべぇそふとつぅPRETTY×CATIONより
この画像は、『hibiki works/あかべぇそふとつぅ』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






無論、それは”オスに独占される=そのオスのモノになって、子供を孕んだ時もそのオスが責任を取ってくれるであろう”って構図が無意識に、その女の子の中にあって・・・なんだとも思うんだけれども、でも、女の子の性欲の根源的な部分として、”子供を産みたい!!”の手前として、”そのオスに求められてモノにされたい!!支配されたい!!”ってのがあるんだと僕はいつもプレイして感じるのである。

つまりは、女の子は、単純に犯されて肉体的な刺激を受けて絶頂を感じるだけのセックスでは満たされないのだ。もっと言ってしまえば、そのオスの愛撫がヘタで肉体的な刺激があまり感じられなくても、オスの独占欲を実感すれば、女の子はメスの本能として満たされていく部分があるんだと僕はプレイしていて感じるのだ。だから、確かにセックスってのは、その意味合いは”子作り”なんだけれども、女の子の本能としては、その手前に”犯されて、そのオスのモノになっていく!!”って部分に満足感が在るんだと感じるのである。







だから、そのオスのモノになる!!ってことは、他のオスとセックスしない状態で、そのオスの専属の肉穴になって・・・ってことを女の子は本能的に判ってるんだとも思うのだ。そういう意味でエロチャでのプレイであってもリピートを繰り返していくごとにだんだんとだんだんと、その女の子は別のオスとのプレイを求めずに、僕だけを求めてプレイするようになるのである。そういう意味で、リピートを繰り返すうちに僕が求めなくても女の子の方からリピートしてくれるようになるのだ。言い換えれば、女の子はエロチャでのオナニープレイであったとしても、そのオスのモノになりたい!!ってのが本能的にあって、結果、そのオスに犯されることを悦びとして忠誠を誓っていくんだと感じるのだ。

つまりは女の子の幸せってのは、そのオスのモノになって支配されている実感なんだと思うのだ。言い換えれば、如何にしてオスとして、その女の子に”おまえは犯した限りには僕だけのモノで、もう他のオスとはセックスできないんだ!!”ってことを実感させてあげられるか?が、その女のを満たす方法論になり得るんだと思うのだ。そういう意味で、女の子は、性癖、プレイとしてはともかく、その根源的な部分で、”オスのモノになりたいマゾ性がある”んだと僕は感じているのである。













そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓






関連記事

夏休みだからこそ・・・・

kage

2015/08/14 (Fri)









やっぱり夏休みになれば、それなりにエロチャの世界でもニューカマーが増えてくるように感じる。つまりは学生さんとの出会いがこの季節、結構、増えていくのである。ブッチャケの話、女子大生や専門学校生になったばかりの18歳の女の子が増えることは在る意味、歓迎するべきことで、僕のように年齢もスタイルも関係なくて、単純に性癖の部分で合う女の子とシたいとなれば、それだけ女の子そのものの数が増えるのだから、その分だけ出会いも増える!!ってのが言えてしまえるのだ。

ただ、無論、18歳未満の女の子だってエロチャに遊びに来ちゃう可能性も高まるのが夏休みなのだ。ブッチャケの話、18歳未満の女の子に対して勃起しないか?ってことをマズは考えてみたいんだけれども、これは前にも書いたと思うんだけれども、コンビニなんかで売られてる漫画青年誌のグラビアなんかを観れば、いわゆるアイドルって呼ばれてる女の子のグラビアがそれなりに多くて、大体、そんな女の子の年齢ってのは18歳未満の場合がそれなりに在るのは事実だろう。

そこから考えれば判るんだけれども、そんなグラビアの女の子を観て、そのハダカやセックスを妄想することは出来るのだから、18歳未満の女の子とセックス出来るか?どうか?ってことを考えれば、実際的には”出来てしまえる!!”ってのが事実ではないだろうか?って思うのだ。無論、リアルな日常の中で、18歳未満の女の子と出会うことはなくて、そんな女の子をセックスの対象として観てる!!って事になれば、周囲の評価として、”うわあ・・・ロリコンで、性犯罪者だ!!”って事になるのは間違いないだろう。











無論、結婚自体は女の子は16歳で出来るのだから、そこから考えれば、ピュアな恋愛をして、結婚してセックスして・・・ってなれば、そう言った部分ってのはありえるのかもしれない。でも大体は青少年健全保護条例的な視点から18歳未満の女の子とセックスしたい!!なんて言うと、”そいつはロリコンで性犯罪者だ!!”ってことになるのは間違いないのだ。だからこそ、僕自身も、18歳未満という年齢に特別な思い入れがないから、”警察に捕まってまで18歳未満の女の子とセックスする必要はない!!”って感じで、エロチャでの出会いを愉しんでるのは間違いないのだ。

つまりは、ブッチャケの話、最初に書いたとおり、やっぱり、エロチャにも少ないながら18歳未満の女の子が遊びに来ているのは間違いないのだ。無論、ある種の”イメチャ”プレイで、18歳以上の女の子が”私は中学生でセックスは興味在るんだけど未体験で知らないから、おぢちゃん、教えてくれる?”的な感じのプレイが存在しているのは事実だ。しかしながら、どうやら、本当に18歳未満の女の子がエロチャプレイしていることもありえるのは否定できない事実として言えるのだ。

そして、この”どうやら”の意味合いなんだけれども、実際的に、いつも書いている通り、エロチャでのプレイってのは”モニタ越し”なのだから、その部分で、本当に、その相手がどんな女の子か?確証を絶対的に得ることは出来ないのである。極論な話、これは僕の主観論になるんだけれども、大半の女の子は年齢なんかは結構サバを読んでいる可能性が在るのは事実で、40代の熟女さんが30代を告白したり、逆に18歳の女の子が20代のOLさんを演じていたりすることは”ザラ”なのだ。それに悪意在るオスが”私、中学生の女の子。ロリコンのおぢさん、遊んで!!”なんてやってるのもザラで、そう考えれば、ブッチャケの話、どんな相手とプレイしているのか?ってのは、判らずに愉しんでいる側面がエロチャには在るんだと感じているのだ。








言い換えれば、18歳未満の女の子が女子大生なんかを演じている可能性もあって、僕自身、もしかすると、知らずにそう言った年齢の女の子とプレイしている可能性はゼロではない自覚はどこかに在るのは間違いないのである。だから、最初のログインの段階や自己紹介の部分で、18歳未満を告白する女の子であれば、”ごめん、年齢的にNG!!”を言って、プレイを断るんだけれども、でも、もしかすると、そこで女の子が虚偽の年齢を申告していれば、実際的にその女の子の年齢を確かめる方法は無いのだから、それを信じてプレイしているのは事実なのである。だからブッチャケの話、厳密に考えれば、エロチャでの出会いってのは、その辺りがアヤフヤになっているのは間違いないのである。

だから、そこから考えれば10代の女の子がエロチャに全く来ないか?ってなれば、そうではなくて、それなりに性欲が在るのは事実なのだろう!!ってことなのだ。無論、全ての女の子がそうやって来ているわけではないのだから、それをマクロな部分に押し上げて全ての女の子がそうだ!!ってふうに言うのは難しいのは間違いない。しかしながら、逆に言えば、そんな女の子がゼロではない!!ってことも事実として言えてしまえるのだ。

それなのに、何かの拍子に議論として出るのは、”18歳未満の女の子は純真でセックスなんか知らなくて、周りの悪い大人が教えるから、染まっていくのだ!!”の論法が浮かび上がってくるのである。確かにある種の理想像として”18歳未満の女の子は清純で、セックスなんかに興味がなくて・・・”なんてのが在るのかもしれないが、それは在る意味、”アイドルはトイレに行かない!!”なんてことを言ってるのと同じ”妄想”であるように僕は感じてしまうのだ。











画像はイリュージョンSexyビーチ プレミアムリゾートより
この画像は、『イリュージョン』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。





確かに昔はそう言ったものが在ったのかもしれない。しかしながら、今の時代、コンビニでもエロ本が売られて、ネットで検索すれば、それなりの画像が簡単に観ることが出来て・・・ってなれば、18歳未満の女の子に、”昔ながらの清純論”を押し付けるのは難しい物が在るのではないだろうか?とも思うのだ。確かに中には、そんなある種の貞操論を道徳として守っている女の子が居るのかもしれないが、でも実際にはそんな女の子のほうが少ないのではなかろうか?と思うのだ。

そう考えれば、今の法律ってのは、そう言った実情にそぐわない部分があるように思えるのだ。それを言ってしまうと”表面的道徳論”からすれば、性犯罪者的なロジックで、そう考えること自体が犯罪だ!!って論法になるのかもしれない。しかしながら、そう言った部分をヘンに隠すことで、その女の子自身が知識的に自衛できない偏った性知識を持っている可能性もあるのは否定できない事実ではなかろうか?

10代の女の子を性犯罪から守る!!ってのは確かに”大人”のロジックとして正しいのかもしれない。しかしながら、実際的な部分と隔たりが大きいものとして、そう言ったロジックは存在しているようにも思えるのだ。だから、そう言った法律を撤廃するってよりも、もう少し現状に合わせた状況で考え直して作り直す時期が来ているのではないだろうか?と思えるのだ。単純に法律の厳密運用と罰則の強化で10代の女の子を守るのではなくて、逆に運用年齢を引き下げることによって、大人の妄想としてのタブーで、そんな女の子の性知識を歪めずに、自己責任を意識させて、女の子に考えさせていく必要ってのはあるように僕は思うのである。












そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓








関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。