FC2ブログ
2015 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子は本能的に独占されたいからこそ、それが表現できない彼氏なんかのセックスに不満をもつんだと思うのだ

kage

2015/09/22 (Tue)










これまたいつも言ってることだけれども、エロチャには様々な女の子が、そのメスの悦びを求めて来てくれるのだ。だから、ブッチャケの話、人妻さんや彼氏持ちの女の子だって来てくれる場合が結構あるのも間違いないのである。こう書くと、普通に考えれば、その相手のオスといわゆる”セックスレス”で、それで性欲が我慢できなくて・・・ってふうになるんだと思うけれども、僕の感覚では、そう言った女の子のほうが少なくて、それなりにその相手のオスリアル日常、上手くいってる女の子の方が多いように感じているのだ。

そうなると、それなりに普通で考えれば、どこかおかしい!!って事になるだろう。彼氏なんかを愛して、それなりにその関係に満足しているのに、何もエロチャでキモデブのオカズになって悦ぶ必要は、そんな女の子には必要ないのだ!!ってのは言えることになるだろう。僕だって確かに大半の彼氏や旦那が居る女の子は、エロチャなんか来ない!!ってのは言えるんだと思うんだけれども、でも確実に、そう言ったタグイの女の子はエロチャに存在するのは間違いないのである。

そうなると、そんな女の子が来る理由は?ってことになるんだと思うんだけれども、僕は、やっぱり、そこには大きな理由があるんだと思っているのだ。つまりはリアル日常、当然ながら、彼氏や旦那との関係ってのはセックスだけじゃないから、そこにはオスのキャラクター的な問題や経済力、それにそのオスと付き合うことで、周りからどう思われるのか?なんて部分があって、その総合評価で女の子のオスに対する満足度が在るんだと思えるのだ。









それに実際的に、ある種の道徳論やマナーの問題で、”セックスの時、相性、最悪だから別れる!!”ってのは、ブッチャケの話、理由になり得るんだと思うけれども、でも、それを相手のオスに伝えるってことは、そのオスから”淫乱だ!!”って思われる可能性が在って、なおかつ、周りからもそんなふうに思われる可能性だってあるから、女の子にとっては言い難い部分が在るのは間違いないだろう。

だから、ハッキリ言えば、確かに本格的に調教された女の子ってのは、エロチャの世界でも少なくて、その部分ではノーマルなセックスばかりで経験している女の子が大半だ!!って言い方が出来るんだと思っている。つまりは大体のオスはノーマルな性癖だから、その部分では相性ってのは明確に出ないのだろう。

しかしながら、やっぱり、オスごとにプレイの内容ってのはビミョウに違っているから、女の子は、そこに、”過去のオスよりも上手いか?下手か?”ってふうに思う部分があるんだと思う。実際、それはオスのテクニックの上手い下手よりも、その女の子との相性の問題であるんだと思うけれども、でも、その相性が合わなければ、やっぱり、女の子は満足出来ない部分があるんだと思うのだ。








無論、確かに僕なんかは、そうやって過去に別のオスから教えこまされていた”気持ち良さ”を上塗りするように、その女の子を犯して、”ご主人様とのセックスが1番気持ち良い!!”って言わせるようにリードしていくようにしているから、その部分で、在る意味、女の子の性癖を”僕好みに改造”している部分が在って、そういう意味では、僕の性癖なんかを、リアルでは特に”押し付けている”部分が在るのは間違いないのだ。

ただ、思うに、そうやって、思うままに陵辱してあげて、その女の子の身体の感じ方さえも、開発していく!!ってスタンスで、その女の子を求めてあげれば、在る意味、初期の頃は合わなくても、回数を重ねるごとに女の子の身体は変化して、僕とのセックスにフィットしていく部分が生まれてくるんだと、経験上、感じているのだ。

無論、そこまで行き着くまでに女の子に”逃げられる”こともあったんだけれども、でも、そうやって”開発してあげる”ことがマゾな女の子にとっては、その被虐願望を満足させることになって、プレイとして成立していくことは間違いないのだ。









画像はみなとカーニバル辻堂さんのバージンロードより
この画像は、『みなとカーニバル』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






言い換えれば、そう言った部分を女の子は”オス好みに調教されたい!!”って表現で求めてるんだとさえ思うのだ。実際、僕自身、サディストだ!!って自称してるんだけれども、そのセックスってのは確かに陵辱性癖で、緊縛やレイププレイ、羞恥や露出が大好きで、変態なのは間違ってないんだけれども、それでも、やっぱり、どこか、真性のサディストに成り切れない部分があるのも自覚しているのだ。

つまりは、本来、サディストってのは、女の子を性欲処理のモノとして扱う冷酷さがどこか必要なんだと思うけれども、僕は、冷酷に成り切れなくて、その独占欲を満たすためにサディストぶってるだけで、その部分で、”似非”の自覚が在るのだ。

だから、思うに、単純に女の子の身体をなぶって、精液を射精して、それで満足!!ってセックスをした場合、やっぱり、その女の子は精神的に満たされないんだと思う。確かにそう言ったセックスでも、女の子は肉体的な刺激を感じて絶頂まで逝くんだと思うんだけれども、どこか物足りない部分が精神的に出てしまって、結果、100%の満足にならないんだと感じるのだ。









それよりも、自分で言うのはなんであるが、僕のテクニックの拙い求めるだけのセックスでも、その気持ちを女の子が意識すれば、その部分で、女の子は満たされていく部分があるんだと僕は感じてるし、信じているのだ。そういう意味で、単純に精液を射精して満足!!ってセックスよりも、”犯す限りはおまえは僕だけのモノだ!!”ってことをきちんと伝えるセックスが女の子を満たしていくセックスになるんだと僕は考えているのだ。

つまりは、そう言った部分を感じさせられるセックスができているか?どうか?で女の子の満足度ってのは変わってくるんだと思うのだ。だから、どんなにリアル日常、そのオスが女の子にとって、それなりに彼氏や旦那として合格点がついて、満足し得る存在であったとしても、その辺りが満たされなくて、エロチャで”独占されたくて”来ちゃう女の子ってのは存在するのだ。

だから、結果、彼氏や旦那にリアル日常、満足してて、愛してる・・・それにセックスもそれなりにしてて、気持ち良いんだけど、どこか物足りない・・・だから・・・って感じで来ちゃう女の子が居て、その物足りない部分ってのは、セックスの時のオスの独占欲なんだと僕は分析するのだ。









言い換えれば、これまた自分で言うのもなんだけれども、そうやって、女の子を求めてセックスするからこそ、女の子は僕にハマってくれるんだと思うのだ。つまりはリアル日常、キモデブの変態ダメ男と比べるなら彼氏や旦那が良いんだけれども、誰にも秘密で2人きりでセックスするなら、キモデブの異常性欲のままに独占されて犯されたい!!って女の子は多いのである。だから、そう言った部分を埋めるために、人妻や彼氏持ちの女の子がエロチャに来て、リアルな日常、満たされないものを求めているのだ!!ってのが言えるんだと思うのだ。

無論、それは人妻さんや彼氏持ちの女の子だけに言えるんではなくて、本能的にどんな女の子でも、そう言った部分が在るんだと思う。つまりは、女の子ってのはやっぱり、その身体に子供を孕むのだから、その部分で動物的な本能として、オスに子育てしなければならない分、その庇護を求める!!ってのがあるんだと感じるのだ。

その感覚がオスに独占されていきたい感覚につながるのだろう。確かに、”今どき”のジェンダー論からすれば、そういう言い方自体、女性に対する蔑視論になるのかもしれないが、でも性欲ってのは動物的本能だから、結果、オスに独占されたい!!ってのがメスの本能として出てくるんだと思うのだ。









そう考えれば、特に彼氏持ちの女の子や人妻さんは、セックスでの独占欲をより感じていきたい!!ってのがあるんだと思えるのだ。リアルな日常、それなりに相手のオスに満足してても、だからこそ、セックスの時も、そうやって”独占される満足感”に浸りたいんだと思うのだ。

そして、それを感じられない女の子が、結局は、そのリアルな日常とセックスの時のギャップにストレスを感じて、彼氏や旦那に秘密でエロチャなんかの出会いでそれを満たそうとするのではないか?と感じているのだ。そういう意味で、僕という存在は、独占欲が強い分だけ、そう言った女の子のニーズに当てはまってるんだろうと自己分析するのである。



大人のおもちゃ通販







そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓








関連記事

女の子は本能的に精液でトロトロに汚されたいんだと思うのだ

kage

2015/09/21 (Mon)









カミングアウトしてしまうのだけれども、僕はいわゆる”早漏”って呼ばれるタグイの射精をしてしまう。だから、極端な話、挿れてすぐに精液があふれて射精してしまう!!ってことがザラにある。ただ、言い訳なんだけれども、そうやって出しても、肉棒はコチコチのままで、そのまま、腰をグラインドさせて、犯し続けないと僕自身が満足できないのだから、その部分で女の子もそうやって出してしまったことに対して、大体はスルーして許してくれるのだ。

特に、敢えて都合よく言ってしまえば、中には、そうやって、射精しまくる”早漏プレイ”に悦ぶ女の子だっているのである。特にいわゆるフェラチオなんかは、しゃぶらせて、すぐに、それなりに、その口に精液なんかをあふれさせてあげると、それだけで悦んでくれる女の子は存在して、その顔にもオッパイにもたっぷりと連続して欲しがる女の子なんかは、それなりに存在するのである。つまりは在る意味、女の子の中には、オスの精液でドロドロになっていくことに悦ぶ女の子は存在するのだと言えるのだ。







無論、確かに中には、そう言った”ぶっかけ”プレイにして、嫌がる女の子も居るのは間違いない。やっぱり、精液自体、オスの肉棒からあふれる!!って意味合いで、オシッコなんかと同じ体液で、その部分で肉棒をしゃぶるなんて信じられない!!って言う潔癖症の女の子だって、エロチャなんかで、出会ったことは在るのだ。だから、女の子の全てが全て、そうやって、精液で汚されて悦ぶ!!なんて事は言えないんだけれども、でも、僕の感覚からすれば、相対論として結構多いんだと思うのだ。

つまりは、極端な話、確かにセックスってのは子作りなのだから、射精ってのは、女の子の蜜壷の中にすれば良いだけであって、他の部分での射精ってのは”無駄撃ちだ!!”って言い方も出来るのだろう。そうなれば、女の子だって、そのむつ壷の中にさえ射精してもらえれば、それでセックスは完了する!!ってのが、極論として言えるのかもしれない。しかしながら、そんなセックスじゃ、やっぱり、どこか味気ない!!ってのがあるんだと思える。

それにもっと言ってしまえば、特に僕とのセックスってのは、女の子にとっては、リアル日常から切り離された部分でのセックスで、在る意味、そのセックスが女の子の日常に影響しないからこそ、女の子は大胆にマゾ豚になって、肉棒に狂っていられる側面が在るのは間違いないのだ。そうなると、蜜壷での射精ってのは、妊娠の可能性が在って、その部分で「やっぱり、それなりに女の子にとっては精神的な負担になる部分があるんだと思える。









画像はMOONSTONE Honeyお嬢様と秘密の乙女より
この画像は、『MOONSTONE Honey』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






だから、女の子の中には、”フェラチオなんかで、おもいきり出して欲しいけど、蜜壷の中で射精されるのは抵抗が在る!!挿入なしで愛撫だけのセックスをして欲しい!!”なんて希望を出す女の子だって存在するのだ。つまりは思うんだけれども、オスの場合、やっぱり、その蜜壷の中に肉棒を挿入して精液を射精しないと、どこか満足できないんだけれども・・・これはオスの動物的本能で、メスを孕ませてこそ、そのセックスに意味が在るんだ!!って自覚的に思って・・・女の子の場合は、オスに精液を射精される行為だけで、ある程度の満足が在るんだと感じる場合も在るのだ。

言い換えれば、確かに女の子だって、蜜壷で絶頂は感じていきたい!!ってのがどこかあるんだと思うけれども、例えば、オッパイなんかを愛撫されても、女の子は逝くことが出来て、それはそれでセックスとして満足してしまう要因が在るんだと思えるのだ。

ましてや、蜜壷への刺激に関しては、何も肉棒で感じるだけが満足につながる方策ではなくて、例えば、バイブなんかの玩具や、指なんかで弄られるだけで、その部分で満足してしまうってことも言えるんだと僕は、いつもプレイしていて感じるのだ。








言い換えれば、絶頂を感じるのであれば、女の子は蜜壷への挿入にこだわってない部分ってのがあるように思えるのだ。無論、その為には、挿入以上に、その女の子をきちんと愛撫して精神的にも肉体的にも満たしてあげる必要が在って、簡単ではないんだけれども、でもオスと違って、そういう意味では、女の子はコダワリがなくて、却って中出しセックスなんかよりも愛撫なんかをメインにプレイしてあげるほうが、その満足度は高いんだと感じる場合が多いのである。

だから、オスってのは、へんな話、挿入と射精に至る愛撫がオザナリであっても、”挿れて射精した!!”って実感があれば、それだけで満足してしまう部分があるんだと感じるのだ。それ故にどんなに女の子のオッパイなんかを思い切りしゃぶって、そのおしゃぶりで、精液を出したとしても、やっぱり、どこか物足りなさを感じるんだと言えるんだけれども、極端な話、愛撫もなく、その女の子の蜜壷に肉棒を挿入して射精してしまえば、それだけで、オスとしてセックスした!!って実感が湧いて出てくるんだと思えるのだ。









しかしながら、女の子は、単純に挿れられて、蜜壷の中で精液を射精されるだけのセックスでは満足できないのだろう。それよりもきちんと愛撫してもらえて、その挿入、射精まで至るプロセスで、そのセックスの満足度が決まって行くんだと思うのだ。

言い換えれば、射精後、あんまり満足できなくても、それまでの愛撫での余韻で、その挿入は興奮に変わっていく部分さえ、女の子はあるように思えるのだ。そういう意味で、女の子にとっての蜜壷への射精ってのはオスと比べて、コダワリが少ないように思えるのだ。

そして言えることなんだけれども、確かに1発限りの射精であれば、その蜜壷に出してほしい!!ってのが女の子にもあるのかもしれないが、例えば、顔に3連発と蜜壷への1発、どっちが良い?ってなると女の子は悩みながらも、顔に3連発!!を求めるような気がするのである。つまりは、オスがセックスにおいて精液を射精したことで満足するように、女の子は、確かにその絶頂を求めていくんだけれども、それ以上に、”オスにその身体で射精させてやった!!”って部分に満足感があるんだと思えるのだ。








それは、女の子自身、ものすごく本能的な部分で感じてるんだと無意識に思うんだけれども、どんなにその蜜壷に肉棒を挿入されて絶頂を感じても、結局は射精されないと満たされないのが女の子の性欲なんだと僕は感じているのである。つまりは、オスの場合、射精する絶頂を求めていて、女の子だって、そうやって絶頂を感じたいんだと思うんだけれども、それだけでは満足できないのが女の子なんだとも言えるのだ。

だから、例えば、その女の子を縛っておもいきり蜜壷を弄りまくったんだとする。結構、そう言ったプレイもするんだけれども、確かに、それで女の子は、その肉体的な刺激で絶頂を感じていくんだけれども、それだけでは物足りなくて欲求不満になるのだ。

それに比べて、例えば、フェラチオなんかさせたりすると、当然しゃぶってる行為そのものの興奮や満足感は在るんだと思うけれども、ただ、それだけで肉体的な刺激には結びつかないから、結局は気持良くならないプレイなんだと在る意味、言えてしまえるのかもしれない。



同人通販





しかしながら、なぜ、女の子が積極的にフェラチオを求めるか?ってことになると、やっぱり、そのフィニッシュとして、オスの肉棒からの精液の射精があるからなのだろう。だから、大量に出せば出すほど、女の子は悦んでくれる場合が多いのだ。

つまりは、女の子は、精液を浴びて、その身体の中に取り込んでいく行為にメスとしての満足度が在って、その部分で、女の子自身の絶頂も重要なんだけれども、それと同じかそれ以上に、オスに射精させていくことに悦びや満足を感じていく部分が在るんだと僕は、いつもプレイしていて感じるのである。

だから、挿入での射精にこだわらずに、顔でもどこでも女の子の身体で出せるだけ出してあげることが女の子を満たす方法論で、そういう意味では、早漏であっても”射精回数とその精液の量で、女の子の悦びを満たすことが出来る!!”ってふうに実感するのだ。









無論、”挿れて連続3連発!!”なんかしても、僕の場合、そのトータルで1発だ!!って意識が在って、そんな感じで普通にしてしまうから、結果的に挿入時間ってのは、それなりに長くて、それで満足してくれてる部分もあるかもしれない。

でも、それ以上に、女の子が僕とのセックスで満足してくれるポイントは、やっぱり究極的には射精回数とその精液の量で、その合計でのトータルとしての精液の量なんだと思える。だから、極論すれば、女の子は精液でトロトロに汚されたいのだ。そういう意味で、精液を出しまくるセックスってのは、基本的には大部分の女の子を悦ばせるプレイの方法論の1つになるんだと僕は実感しているのだ。










そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓








関連記事

僕の調教に極意ってのは、その女の子の中に在る絶頂を引き出すことにあるのだ

kage

2015/09/20 (Sun)










僕自身、いつもカミングアウトしている通り、異常性欲であることってのは自覚している。性癖として緊縛や陵辱が好きな変態だ!!ってのもあるんだけれども、特にリアルでのセックスでは、1度や2度の射精じゃ満足できなくて、本当に何発も何発も出して、やっと、”精液を射精しまくった!!満足だ!!”ってことになる。

だから、これまたいつも書いていることなんだけれども、エロチャなんかで知り合った女の子の大半は、それが信じられずに、結果、リアルで受け止めてくれた女の子はそれを体験して、”すっごく出されてしまった!!異常性欲って本当だったんだ・・・”って信じてくれるのである。

そこで考えて欲しいんだけれども、特にリアルセックスの時、結果として僕だって何発も出すんだけれども、女の子だって、それに併せて何発も絶頂を感じてくれてる!!ってことなのだ。つまりは射精回数の異常さに驚きながらも、体験した女の子は、女の子自身の絶頂回数にも驚く女の子が結構居るのだ。








言い換えれば、彼氏なんかとセックスした場合、その女の子は彼氏の射精に併せて逝くようにしているのだから、その部分で、2、3度の絶頂で、そこが限界だ!!って自分自身で思ってる女の子ってのがワリと多い!!ってことなのである。

僕なんかは、ブッチャケの話、女の子がどれだけ逝こうとも、それを無視して責めあげて強制的に逝かせるセックスが大好きだから、その部分で、極端な話、逝きまくる女の子ってのがワリと好きなのである。無論、そう言った女の子ってのはごく少数なんだけれども、敏感で、少しだけ蜜壷を弄るだけでも、反応して絶頂を感じてくれる女の子ってのは確かに居るのだ。そういう女の子は責めるだけ責めてあげれば、その分だけ、逝きまくってくれるから、なんて言うか、”玩具にしている達成感”的なものが在るのは間違いないのだ。

つまり他のオスはどうか?判らないけれども、僕の場合、確かに僕自身が精液を射精する!!ってことも大切なんだけれども、それと同じぐらい”こんなにも、その女の子を、肉奴隷にして逝かせてやった!!逝かせることで、その女の子の快楽を支配してやってる!!”ってのが大好きで、だから感じ易くて逝き易い女の子を相手にすることは、そう言った部分をお手軽に愉しめる!!ってのがあって、結構、そんな女の子とセックスするのが愉しいのだ。









画像はSQUEEZ炎の孕ませ乳(パイ)ドルマイ★スター学園Z ~クラス丸ごと‘アイドルユニット!’ クラス全員‘孕ませプロデュース!’~より
この画像は、『SQUEEZ』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






無論、考え方によれば、その女の子はそうやって簡単に逝ってしまうのだから、その部分でテクニックが上達せずに、女の子の感じ易さをお手軽に、独り善がりに愉しんでるだけ!!って言い方も出来てしまえるのも否定できない。ハッキリ言えば、やっぱり、苦手なのは完全無反応な女の子なのだ。

どれだけ抱きしめて舐め上げて弄りまくっても、それが”暖簾に腕押し”でレスポンスが無ければ、本当に、その手応えが感じられずに、イライラする!!ってのはホンネとして在ったのである。どんなにいわゆるマグロ系の女の子であっても、微かに息でも喘いでくれれば、それを緒にして、より責めてあげたくなるんだけれども、まったく無反応だと、最初のうちはどうにか攻略しようとしても、だんだんと、諦めてしまう場合も在ったのは間違いないのだ。

だから、少しでも、キッカケを作って、女の子に喘がせていくことが僕の最初の調教になり得るのだ。つまりは前にも書いたかもしれないが”ほらあ・・ウソでも良いから、喘いでごらん・・・こうやって来た限りには、マゾ豚になること、演じて、愉しんでほしいから・・”的に、本当に感じてるか?どうか?は別にして、その女の子から愛撫のレスポンスを引き出していくのが、調教の最初の1歩だと僕は考えているのだ。それで大体の女の子は少しずつ、”犯されて肉棒に狂うマゾ豚になる”ことを愉しんでくれるようになるのだ。








つまりは、エロチャなんかで出会う女の子ってのは、それなりにレディコミなんかで、”オスに玩具にされて感じてるヒロイン”に憧れて来ている女の子が多いんだと感じている。特に、そんなマグロ系の女の子は、そうやって狂いたいのに、羞恥なんかで、どうやって振る舞うのが良いか?判らなくて、結果的に、その快楽を”内に籠らせて”表現しきれなくなっている真面目な女の子が多いのだ。だから、”なんの為に来たのか?”ってことを自覚させて、なおかつ、”どんなヒロインになりたいのか?”を演じさせることで、だんだんと、演じることが、自然になって、素直に、その感じてる表情を見せてくれるようになるんだと僕は感じているのだ。

だから、その発展として”羞恥プレイとしての言葉責め”があるんだとも感じているのだ。つまりは、大半の女の子は”私は淫乱なマゾ豚です!!ご主人様のコチコチの肉棒、このスケベな蜜壷の中にしゃぶらせてください・・・”的なおねだりはしたことが無いだろう。しかしながら、大半の女の子は、先ほど書いたとおり、レディコミのヒロインのように、どこか積極的にマゾ豚になって、”淫らな自分自身に酔っていきたい!!”ってのがあるんだとも感じているのだ。

それ故にそこを上手く引き出してあげてリードできるか?ってのが調教の方法論になるんだとも僕は思っている。つまりは、どんなに漠然とエロチャに来ちゃってても、その女の子はどこかしら、マゾ豚に憧れている!!部分があるのだから、そのイメージを如何に膨らませてあげるか?って事になって、その理想とするヒロインってのは、受け身であっても、泣き叫んだり、おねだりして、快楽を表現していくってのが根本に在るはずなのだ。









そうなれば、その女の子にも同じように”演じさせる”ことで、そんなレディコミなんかのヒロインと、感覚的に”同化”していくことが出来るんだと思うのだ。だから、”命令”として、敢えて、おねだりさせたり、羞恥を晒すようなことを強制したりして、女の子に表現させていくのである。それによって女の子はそれが”当たり前”になっていって、結果、マゾ豚として完成されていくんだと僕は調教して実感するのだ。

つまりは最初は命令されて、嫌々の演技なんだと思うけれども、繰り返すことで、当然として女の子は僕に何を命令されていくか?ってのを覚えていくのだ。そうなると命令されることが当然になって、それ以上に、女の子自身が自発的にそれを積極的に愉しむようになるのである。言い換えれば、そうなるようにリードしていくのが僕なりの調教の醍醐味で、そうやって積極的に僕好みにマゾ豚として振る舞わせていくことが、その目的になる!!って言えるのだ。

そして、言いたいことなんだけれども、そうやって、演技であっても、それをさせていくことで、女の子にとっての当たり前=自然になるのだ。そう考えれば、絶頂も、そうやって、支配できるんだと僕は感じているのである。つまりは、確かにそのためには在る一定のライン、その女の子に感じさせる必要が在る。何も愛撫もせずに”逝ってみろ!!”と言っても無理なのは当然だろう。しかしながら、そうやって愛撫してあげれば、それなりに女の子は意識的に”逝く”事が可能なのは間違いないのだ。








つまりは交尾して強引に犯し尽くして、肉体的に強制的に逝かせることも可能なんだけれども、それと同じぐらい、女の子はどこかしら、その絶頂をある程度は、自発的にコントロールしている部分ってのがあるんだと僕は感じている。つまりは、例えば、まだまだ逝きたくないのに、オスが活きそうになれば、それに併せて”とりあえず逝く!!”的な事を女の子はしている部分が在るように思えるのだ。そう考えれば、絶頂を意識させることで、女の子を逝かせることも可能だ!!ってことを僕は言いたいのである。

つまりは、例えば、蜜壷いじりでも、女の子が逝きたくなくても、”ほらあ・・こうやって弄られて、その蜜壷はひくひくし始めてる・・・意識してごらんよ・・・こんなにも濡れて、止まらなくなってるんだろ?”的に責めあげて、女の子に絶頂を意識させて逝かせることは可能なのだ!!と僕は感じているのだ。

無論、中には”そんな事ない!!まだ逝けない!!”なんて言っちゃう女の子も居るんだけれども、”そうかなあ?意識してごらんよ・・・ほらあ・・判るよね?こんなにも締まってきてること・・・・この蜜壷はに肉棒、欲しがって止まらないんだ・・・”ってふうに女の子にイメージさせると、それによって女の子は逝くことが止まらなくなる部分があるんだと僕は感じているのだ。



アダルトアニメDVD通販





だから、それを利用することで、女の子の身体を”逝き易い”身体に開発のは可能なんだと思っている。つまりは、そうやって”絶頂を意識させる”ことで、女の子は何度でも逝ける身体になっていくのだ。そうやって、女の子に繰り返しの絶頂を覚え込ませて、その快楽が中毒になっていくことを意識させて、僕はその女の子を支配していくのである。

つまりは”ご主人様とセックスすると何度でも逝っちゃう!!気持良すぎる!!専属の肉奴隷に忠誠を誓いますから、もっと逝かせて感じさせてください・・”ってふうに言わせるのが僕なりの理想なのだ。言い換えれば、大半の女の子はそうやって、何度でも逝ける身体なのだ。それを他のオスは引き出してないだけで、僕はそれを引き出すことで、その女の子を支配していってるのだ。













そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓









関連記事

僕との関係は誰にも秘密で二人きりの世界だから、互いに独占し合えるんだと感じるのだ

kage

2015/09/19 (Sat)









僕自身、輪姦や貸し出しのタグイのプレイってのは苦手だ。やっぱり、その女の子を独占して、僕の肉棒だけで感じる女の子にしていきたい!!ってのがあって、他のオスの好みなんか関係なく僕だけがその女の子を味わい尽くして、完全に僕好みに開発していきたい!!ってのがホンネとしてある。つまりは、その女の子の蜜壷は僕だけの肉穴であって、他のオスの精液なんかを意識してしまうと、生理的にもNGで、僕だけの精液で、真っ白に汚して染め上げていきたい!!ってのが、本能的にあるのは事実なのだ。

無論、確かに、実際的にエロチャなんかで出会って、リアルセックスするような女の子の中には、彼氏持ちの女の子や人妻さんなんかも居たのは間違いないのだ。いつも書いている通り、そんな女の子であっても、様々な理由で、その相手の肉棒以外を求めて、エロチャに来ちゃってるのは間違いないのである。そして、そんな女の子の大部分は、それなりに、そんなオスの肉棒も、その蜜壷で咥えて、精液を出されているのは間違いないのだ。

そう考えれば、僕だけがそんな女の子を専属の肉奴隷にして独占する!!ってのは実質的に難しいのは間違いないのだ。やっぱり、女の子だって、リアルな日常があって、その日常の中で、彼氏や旦那なんかとセックスしてるのは間違いないのである。それを命令して、拒絶させて、独占していく!!ってことをしてしまうと、やっぱり、その女の子のリアルな日常がどこか崩れることになって、その部分で、僕自身がその女の子のリアルな日常に踏み込まない!!って約束が崩れていくことになるのだ。








つまりは、その女の子のリアルな日常を壊してまで、その女の子を奪って、責任を取りきれるか?ってことになると、そこまで、僕自身に覚悟は出来ていないのである。ものすごく身勝手な感覚なんだけれども、やっぱり、”都合よくお手軽にセックス出来る!!”ってのがあるから、その部分で、女の子の日常に踏み込まないことを言い訳にして、そのプレイを愉しんでる側面が在るのは間違いないのだ。そういう意味では、恋愛ではなくて純粋に射精道具にして女の子をなぶってる!!ってのは否定できないのだ。

ただ、逆に言えば、女の子だって、そうやって、割り切って、僕との時間を”リアルな日常から切り離された特別な時間だ!!”ってふうに思ってくれてるから、その部分で、女の子も、リアルな日常に影響が出ない部分で、”メスに成り切れている!!”ってのがあるんだと思う。ハッキリ言えば、いつもこのブログでカミングアウトしている通り、僕の性癖は陵辱性癖で、女の子を肉便器扱いしないと興奮できない!!ってのがあって、そこから考えれば、女の子の方も、それを受け入れるのだから、それなりに”変態になってる!!”ってのが言えてしまえるのである。

そうなると、やっぱり、女の子は、リアルな日常を引きずってしまえば、人間関係や、その日常演じてるキャラクターの部分、それに理性や羞恥で、”変態になることを拒否してしまう”ことになるのだ。だから、リアルな日常、彼氏や旦那なんかには、そう言った変態性癖を女の子自身、隠して、”相手からどう思われるか?”ってのを意識しながら、セックスの時も振る舞ってる!!ってのがあるのだろう。









画像はBISHOP恥辱の制服より
この画像は、『BISHOP』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。







つまりは例えば”私って、淫乱なマゾ豚だから、尻、突き出して、おねだりするから・・・挿れて便器にして!!”なんて、彼氏なんかにおねだりしてしまえば、その彼氏の女の子に対する評価は”肉棒好きな淫乱豚”ってことになって、それを前提に、セックス以外の時でも観られていく!!ってのがあって、だから、その性癖を彼氏なんかであっても隠している女の子は結構居るんだと感じてるのだ。

だから、逆に言えば、女の子は、リアルな日常を切り離して、僕との関係を愉しむことで、そう言った部分を気にせずに、”性欲のままに肉棒狂いに堕ちて、そのマゾ性を満たしている!!”ってのが言えるんだと感じているのだ。つまりは、”その時だけマゾになっても、リアルな日常には関係がない!!”ってのが、女の子にとっての”マゾに成り切れる理由”担っているのは間違いないのだ。

その部分で僕が、その女の子の日常に踏み込まないのは、女の子にとっては在る意味”都合が良い”のである。言い換えれば、その女の子も”割り切って”リアルな日常と切り離して、僕との関係を愉しんでいる!!って言い方が出来てしまえるのだ。








それ故に、僕からすれば、女の子が、その変態性をさらけだすのは、”僕だけ”なのだから、その部分で在る意味、その女の子を”独占している”気持ちになるのは間違いないのである。だから彼氏や旦那が居たりしても、その時はお互いに”居ない!!”って事になってしまうのだ。

つまりは僕だって、その女の子を独占したいのだから、その女の子に彼氏や旦那が居ることを思いたくないし、女の子だって、彼氏や旦那なんかのことを忘れて、”犯されて独占されに来てる!!”ってのが言えて、その部分で、その時間、その場所だけは”ふたりきり”の世界であるのは間違いないのだ。

無論、確かにプレイとしては”彼氏や旦那がいるのに、キモデブの肉棒に悦んで、こんなにも尻、振るなんて・・・本当にドスケベなメス豚だね・・・”って責め方はするのは否定しない。ただ、その責め方は初期の段階で、やっぱり、エロチャなんかに来ちゃっただけの頃は、女の子の中に、それなりに相手を裏切った感覚ってのがどこかにあるから、それを背徳感の快楽に変えるためには、特に言葉責めで、そうやって敢えて意識させることで、女の子に”より堕ちていく感覚”を演出させることが出来るんだと僕は感じているのである。









だから、逆に言えば、そうやって責め込むのは、初期だけしか出来ないプレイだとも言えるのだ。やっぱり、僕自身、その独占欲を満たしたいのだから、その部分で、ブッチャケの話、本来、その存在ってのは”邪魔になる”のは間違いないのである。

だから、ある程度、エロチャなんかでリピートを繰り返してくれれば、少しずつ、その責め方を”こうやって来た限りには、この瞬間だけは、おまえは僕だけのものだ!!”ってふうに、女の子にリアルな日常でのパートナーのことを忘れさせるようなリードが、独占するためには必要になってくるのである。そうすることで、女の子も”この瞬間だけは、私はご主人様だけのもの・・・”ってふうに、気持ちを切り替えることになって、その部分で、その女の子はリアルな日常を忘れて、”マゾ豚に成り切ることを愉しめる”ようになるのである。








つまりは現実的には、そうやってその女の子にもリアルな日常が在ることを僕自身も理解していて、女の子も、その時間以外は、そうやって、その相手との関係を守りたい!!ってのがあって、そういう意味では、”絶対的にその女の子を独占することは出来ない”のだ。そこは絶対的に間違ってはいけないのである。それを間違わないから、僕自身もその女の子のリアルな日常に踏み込まないし、女の子だって、そのリアルな日常を守ることになるのだ。

でも、そればかり、意識してしまえば、”ふたりきりの世界”を愉しむことが出来なくなるのも事実なのである。その部分で、僕自身の意識も女の子の気持ちも”この瞬間だけは・・・”ってのを絶対的に思わない限りには、その独占プレイは、成立しないんだと思ってるし、女の子も、独占される愉しみを素直に悦べなくなるんだと思うのだ。そういう意味で、2人きりになった時だけは”全ての日常を忘れて、独占する・される”の関係を受け入れ合うことが、僕なりの調教の根本なんだと考えているのは間違いないのである。




同人ダウンロード








そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓








関連記事

オスは割と口に出して女の子のオッパイを評価するから巨乳信仰が在るんだと思われてるかもしれないけど、女の子が思うほど優先順位はたくないんだと思うのだ

kage

2015/09/14 (Mon)











確かに僕自身、”巨乳信仰”ってのは無いんだけれども、それでも夏になって薄着の女の子と街ですれ違えば、ついオッパイを観てしまうのは否定できない事実なのだ。無論、じーっと視姦してしまうと性犯罪者として通報されてしまうキャラクターの自覚があるから、女の子に気付かれないように、チラチラと瞬間だけ観て、”うわあ・・・すっごいエッチなオッパイ・・・”って愉しんでるのは事実なのだ。

そういう意味ではブッチャケの話、小さいオッパイなんかよりも大きなオッパイの方が本能的に観てしまっている自覚が在るのも否定できないのだ。やっぱり小さいオッパイよりも大きなオッパイのほうがビジュアル的に興奮してしまう部分が在るのは否定できなくて、つい・・・ってのがあるのは間違いないのだ。特に20代後半から30代の女の子のオッパイってのは小さいよりも大きい方がうれしく思うのは間違いないのである。

つまりはブッチャケの話、僕の場合、エロチャなんかで”マズはヤレれば良い!!”ってスタンスで出会いを求めているのは否定できない事実だ。これは、僕自身、キモオタデブの自覚があって、そうやって女の子を選り好みできるほど、女の子にモテている自覚はないから、チャンスがあれば、ダボハゼのごとく食いついていく!!ってのがスタンスになってるのは間違いないのである。








確かに性癖的な問題でどうしてもいわゆる”S系女王様”的な女の子とは合わない!!ってが在るんだけれども、エロチャの出会いの場合、マズはエロチャでのプレイが在って・・・ってのが言えるから、その部分で性癖的な好みはリアルで逢う約束をする前にクリア出来てしまっている!!ってのが原則論として言えるのである。

それ故に他の部分に関しては、こだわっても仕方がない!!ってスタンスで、どんな女の子ともヤるのだから、そうなれば、年齢も職業も性体験も様々な女の子とプレイすることになるのは間違いないのだ。そしてそのオッパイの大きさも女の子ごとに異なっていて、そこから考えれば、出会いにおけるオッパイの大きさってのは優先順位をつけるなら限りなく最下位に近い要素になるのである。つまりはそんなに僕自身、リアルで出会う時は女の子のオッパイの大きさに関してコダワリが無いのは間違いないのだ。










画像はマリンデカくてエッチな俺の姉より
この画像は、『マリン』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






しかしながら、それはあくまでもエロチャリアルでの時だけで、街でチラチラと視姦するときは、その女の子のオッパイを観るだけで声も掛けずに話もしないのだから、純粋にその外見的な部分だけを愉しむことになるのは間違いないのである。そうなると、確かにその女の子の顔の作りや服のセンス、持ってる雰囲気も含めて、その外見を愉しむのだから、オッパイ”だけ”を愉しんでいる!!って言い方は出来なんだとも思っているのだ。

ただ、その瞬間のちらりとした視姦を愉しむのだから、その部分で、どうしてもオッパイに目が行きやすいのも事実なのだ。敢えて言ってしまえば、確かに、オッパイが結構大きくて、つい観てしまって、その次に顔を観ると”うわあ・・・残念・・・・”って思ってしまう女の子も居るのは少ないながらもホンネとしてあるのも事実である。これに関しては僕自身、自分の顔の作りを棚に上げて言ってしまっている部分もあるのは自覚しているし、実際、顔の好みはオスごとに結構違う部分があるから、僕の好みが最高だ!!って言い方は出来ないことも自覚している。

それに実際的に、女の子の顔に関してなんだけれども、10人居れば僕の場合6、7人は美人だ!!可愛い!!って思えるのである。残りの2、3人はまあ、普通で、”うわあ・・・残念・・・”って思えるのは、10人に1人も居ないのである。そして、その6、7人の女の子も絶世の美人!!可愛さ!!ってこともなく、まあ、普通に美人で可愛いかな・・・ってことになれば、それだけで見惚れる・・・ってことは無くなるのである。









そして体型においても、よっぽどのデブ・・・ってのは居なくて、それなりにオッパイとお尻の間はくびれてて・・・ってなるから、そこでアウトになることはなくて、なおかつ当然、服の上からなのだから、その部分で、あまりよく判らない・・・ってのがあるのも事実だ。それに服のセンスってのは”ええと・・・”って思う女の子も居るんだけれども、そういう服装に限ってオッパイの谷間が見えちゃったりしてる場合もあるから、そこで絶対的にアウトになる場合も少ないのである。

それで、まあ、オッパイの大きさってのは実際、目立つのはEとかFカップ以上の女の子のオッパイだろう。無論、中には”着痩せ”して脱いだら、すっごい!!って女の子も居るだろうし、もしかするとブラジャーの中なんかに”詰め物”をして大きく見せている女の子だって居るのかもしれない。しかし、そうやってオッパイの大きさが目立つ女の子ってのは、最近はそれなりに増えてきているんだけれども、実際的に街なんかで目に着くのは10人女の子とすれ違って1人居るか?どうか?ぐらいではないだろうか?

そう考えればオッパイの大きな女の子ってのは”希少価値”のような気がするのだ。故につい、その珍しさもあって観てしまう!!ってのがホンネになるのである。無論、服の上からすれ違った瞬間チラリと見たからと言って、いきなり肉棒が勃起する!!って感覚は無くて、その記憶ってのをいつまでも覚えてて・・・って事はなくて、タマタマ偶然にその瞬間、服の上からでもチラリと観ることが出来たラッキーさ!!を愉しんでるってのが、実際のホンネになるのだ。










だから、観た瞬間はオスの本能として嬉しいんだけれども、だからと言って、その数分後、覚えているか?ってなれば、”ええっと・・観て悦んだのは覚えてるんだけれども、それがどんなオッパイだったか?は忘れた・・・”ってのが僕のホンネになるのだ。

だから何かの拍子に街でオッパイの大きな女の子とすれ違ったりすると、ちょっとだけラッキーになれる!!ってのはホンネとして言えるのだ。しかしながら、ただ、それだけでそれ以上のサムシングを期待している訳ではないのである。そう考えれば判ってもらえるんだと思うけれども、オスは確かに僕も含めて、大部分において、大きなオッパイに、オスとしての性癖を刺激させられる!!ってのは事実として言えるんだけれども、女の子が思うほど、巨乳信仰!!ってのはないのである。

無論、オッパイの大きさってのはメスセックスアピールなのは間違いないだろう。その部分で”大きなオッパイが好き!!”ってのは判りやすいんだと思う。それに実際的に大きさってのは”ビジュアル的”なものだから、外見的な好みの指標として判りやすいんだと思える。








だから、大部分のオスは大きなオッパイが好き!!ってふうに、”とりあえず”の部分で言ってしまうってのがあるのだ。つまりは女の子の好みの要素として、そのオッパイの大きさってのは”判りやすい!!”ってのがあるのだ。だから、その女の子の好みを伝えるのに、”巨乳好き!!”ってのは言いやすいのだ。

顔の好みなんかは、ものすごく主観的で個々人のフィーリングだから、他の人には説明がし難いんだけれども、オッパイの大きさてのは、その点、説明しやすいのである。言い換えれば、オスの巨乳好き・・・ってのは、そのオスが口に出すほど、優先順位は高くなくて、本当はもっと他の要素で、その女の子に対する評価を決めている場合が多いのだ。

だから、女の子の中には”オスは巨乳好き!!”ってふうに考えている女の子も結構居るようだけれども、それはあくまでも”とりあえず”であって、実際のオスの好みはオッパイ以外で決めている場合が多いことを女の子には知っておいて欲しいのだ。


Dキャラッ!








そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓








関連記事

女の子の妄想力をコントロールすることが調教の方法論になりえるのだ

kage

2015/09/09 (Wed)











それなりに青年漫画誌なんかを読むと、ヒロインなんかのエロ表現としてバナナなんかを咥えている口元のアップなんかがあったりするのは、何かの拍子に遭遇することで、TVのバラエティー番組なんかでもアイドルなんかににそう言った類のものを咥えさせて、エロ表現とするのは視たことが在るのではないだろうか?

これはストレートにいわゆる女の子オスの肉棒を咥えるフェラチオをイメージさせて、その女の子がそうやって奉仕していることを連想させるから、ある種のエロ表現になる!!ってのが言えるのだろう。つまりはグラビアなんかでアイドルの水着姿を観て、そのハダカを想像して興奮するのと在る意味、”妄想力”って意味合いにおいて、同じものが在るのだろうと僕は思えるのだ。

言い換えれば、イメージだからこそ、AVなんかで直接ハダカの女の子を観るよりも愉しめる部分があるんだと思えるのだ。それは確かに、イメージだからこそ、都合の良い妄想を働かせて、ある種の理想を頭の中で作り上げていく・・・って作業になるのだから、その部分で、より興奮を自分自身の中で作り出していく!!ってのが言えるのだろう。








だからこそ、アイドルのバナナ咥えなんかは、妄想するのに判りやすい”ネタ”になるのだろう。言い換えれば、その妄想の程度や好みなんかは、人それぞれ違うのだから、その部分が人それぞれの”フェチ性”を作り出しているように思えるのだ。そしてそれは女の子のほうがオスよりも顕著な部分があるんだとも思うのだ。

それはいつも、特にリアルプレイして思うことなんだけれども、例えば、女の子のオッパイをしゃぶっている時に、本能の赴くままに無言でしゃぶるってのも良いかもしれないが、僕の場合は、それなりに、”ほらあ、こんなにもスケベに乳首、尖らせて感じてきてるんだよね・・・すっごくいやらしくて興奮する・・・”的に言葉に出しながら、しゃぶっている場合が多いのだ。これはどうやら、他のオスはあまりしないらしいんだけれども、そうやって肉体的な刺激を女の子に与えながら、言葉でも求めていくことで、女の子はより興奮するらしいのだ。

無論、中には、そうやって言葉に出すことに対して、女の子のほうが無性の面白さを感じてしまって、プレイそのものが成立しなくなっていく場合も在るんだけれども、でも、いつも書いている通り、僕の場合、その出会いがエロチャなんかでのプレイの結果として在るのだから、その部分で、リアルでのセックスになったとしても、エロチャでのノリで言葉責めしながらのプレイになる!!ってのがあるのだ。










画像はオメガスター美少女万華鏡-神が造りたもうた少女たち-より
この画像は、『オメガスター』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






つまりは、エロチャってのは当然としてモニタ越しのプレイで、僕がチャットした言葉に女の子は妄想して興奮していくのだから、在る意味、それなりに”芝居がかった”言葉使いになっていく部分があるのは否めない。そのノリでリアルでもしてしまうのだから、そこに違和感を感じて、笑いになってしまう女の子は少ないながら存在しているのも事実だ。

しかし大半の女の子はそれなりに僕の言葉責めで興奮してくれて、その責め方が癖になってくれる場合もそれなりにあるのだ。言い換えれば、エロチャにハマる女の子ってのは敢えて極端なことを言えば、文系文学少女で、頭の中の妄想に感じやすい女の子が多いんだと言えてしまえるのだ。もっと言ってしまえば、それなりに優等生で真面目な文系娘がエロチャには多くて、それで結果的に”言葉による妄想”に興奮してしまう女の子が多いんだと思う。

だから、それなりにプレイとしてエロチャの延長でリアルでも言葉責めをしてしまうと女の子は肉体的な刺激による快楽以上に、言葉からインスプレーションされたシチュエーションに酔う部分が出てくるのだと思えるのだ。それは言い換えれば、僕自身、その女の子を肉奴隷扱いして犯して忠誠を誓わせていく!!ってことが大好きなのだけれども、そのプレイってのは”無言では成立しない”ってのが言えて、”おまえは僕だけの専属の肉穴だから・・・”ってふうに言葉に出して伝えることで成立するプレイであって、それを考えれば、女の子は言葉でメスになる動物なんだと僕は実感しているのだ。








つまりは無言で縛ったりしても、僕自身のテクニックが無いからかもしれないが、やっぱり女の子には、そのイメージが伝わり難いのだ。しかし、言葉に出すことによって、女の子は僕に”メス豚扱いされて犯されて支配されていく・・・”ってことを自覚していくのである。それによって、女の子はリアルな日常で演じているモラルの在る常識的な女の子から、専属の肉奴隷になって僕の肉棒に狂うことを悦ぶメス豚に変わっていくのだ。

故に女の子にシチュエーシンを意識させていく!!ってのが女の子自身を肉奴隷に変えていくポイントになって、自覚させてしまえば、女の子はそれを受け入れていくことになるのである。その為には、言葉で堕ちていってることを意識させるのが1番の方法になるのだ。

つまりは例えば”首輪をさせる”であるとかのプレイってのは、女の子の認識として、”首輪をされる=メス豚として支配される”ってのがあるから、そこには調教の意味を持つことになるのと同じで、僕という視点から、その女の子自身がどう思われてるか?を感じさせていく行為が調教の本質になるのだ。









だから、これまた例えばなんだけれども、僕自身、大きな鏡の前で女の子を犯すのが大好きなのだ。もっと厳密に言ってしまえば、女の子に、自身が犯されてる姿を見せつけさせて、普通じゃ考えられない肉便器になって悦んでることを実感させて受け入れさせる行為が好きなのだ。そこには、どんなに理性じゃ抵抗してても、実際的に鏡という客観的なところから自分自身を見せ付けることで、やっぱりメス豚としての自覚を女の子に感じさせることになっていくのだ。

そう考えれば判るんだけれども、確かに縛ったりスパンキングしたりする行為は、女の子にとっては肉体的な刺激を受けて快楽に変換されていく行為になるのは間違いないのである。しかし、そこにメス豚としての実感が伴わなければ、その快楽は半減するどころか、単純に痛みだけの行為になったりして意味を成さなくなるのだ。つまりは、如何にして女の子の気持ちをリードして調教のシチュエーションに溺れさせていくことが出来るか?が、僕なりのプレイの極意になるのだ。

そして、ここまで来れば判ってもらえるんだと思うけれども、エロチャってのは当然としてモニタ越しのプレイなのだから、その部分で、当然としてその女の子に直接触れることは出来ないのである。しかしながら、モニタ越しに言葉を紡いでイメージさせることで調教は成立してしまうのだ。








自分で言うのもなんだけれども、やっぱりそれなりに今まで経験してきたから、その部分で他のオスよりもプレイが上手くなってきてるんだと自覚が在る。だからエロチャでプレイして女の子がハマってくれてリピートしてくれることも多いのだ。

そういう意味で、エロチャでの出会いってのは、少なくともぼくにとっては、それで成立してるんだと思ってるのだ。如何に女の子に言葉だけでイメージさせて、そのイメージに溺れさせていくことが出来るか?それが僕にとってのエロチャでの醍醐味であり、それが出来たからこそ、その女の子は僕とのリアルでのセックスを受け入れてくれるのである。そう考えれば、女の子を調教する!!ってことは、何も物理的に縛ったりムチやローソクで・・・ってことが目的として在るのではなくて、女の子の気持ちの部分でメス豚であることを自覚させていくことが、少なくとも僕にとっての本質になっていくのである。


同人通販







そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓








関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。