FC2ブログ
2015 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子は恋愛するから、セックスするのだ

kage

2015/10/29 (Thu)












いつもこのブログで書いている通り、女の子だって性欲はあるのは間違いないのである。これはやっぱり、それなりの年齢になれば、オスなんかは判り易くて自然に肉棒が勃起して・・・・ってのがあるから、そういう意味では愛情云々よりも、”セックスしたい!!”って性欲は、動物的な本能として存在しているのは間違いないのである。ただ、人間の場合はマナーやモラル、それに経済的・社会的な側面から、セックスした後の妊娠、出産、子育てなんかを考えて、結果的には、”理性的に自重してしまう!!”ってのが言えるのだ。

そして、これは特に女の子の場合、言える事なのだろう。こう言ってはなんだけれども、女の子の場合、オスと違って、肉棒を勃起させる的に目に見える部分で興奮を意識できない身体だし・・・・無論、乳首を尖らせるなんかがあると思うが、それでもオスのように”モロ”ではないだろう・・・実際的に、妊娠して、その子供をその身体の中で育てて産む行為があるのだから、どうしてもオスと違ってセックスに対して、用心深い部分ってのがあるんだと思う。

それに処女信仰じゃないけれども、やっぱり、性欲のままにどんなオスとでもセックスする!!って事になれば、周囲の評価として”どんな肉棒でも悦ぶ淫乱!!”ってことになって、その部分でオスからの評価が下がっていく事を本能的に女の子は判ってるんだと思うのだ。








つまりは、これは前にも書いたと思うんだけれども、複数の肉棒の味を知る!!ってことは、それだけ、結婚しても、性欲が我慢できずに旦那以外の別のオスとセックスする可能性が、その女の子には在って・・・ってことで、その部分でオスはそんな女の子を回避するのだから、だから、女の子はそのオスのモノになった時を考えて、無自覚であっても、淫乱だと思われる事を理性的に回避するんだと思うのだ。

ただ、最近の風潮としては、それなりに恋愛すれば女の子だってセックスする!!ってことをオスも自覚しているから、その部分で絶対的な処女信仰ってのは無くなっている!!って言い方も出来るのかもしれない。これはオス自身も結婚を考えない恋愛で、その相手の女の子とセックスしているのだから、その部分で、結婚相手もそれなりに恋愛経験があって・・・ってことで、処女で無いのは仕方が無い事・・・・ってふうに思える部分があるんだと僕なりに理解しているのは間違いないのだ。

だから、まあ、そう言った風潮があるから、女の子も絶対的に処女にこだわらない!!ってのがあるんだと思える。なおかつ性欲が女の子にもあるのだから、ある意味、恋愛すればセックスするのは当然になって、結婚までに何人かのオスとそれなりに経験している!!ってのが、ある意味、普通になり始めてるんだと思えるのだ。それ故に、まあ、僕もそれなりにそんな女の子とセックスしているのは間違いないのだ。









画像はゆずソフトサノバウィッチより
この画像は、『ゆずソフト』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。









ただ、それでも、大半の女の子は、セックスする!!ってことは、恋愛の結果論として受け入れているんであって、全く知らないオスとセックスするだけの関係を求めているわけでは無い!!ってのが当然として言えるのだ。つまりは、それなりに男性経験が、その女の子に在ったとしても、それは恋愛の数だけセックスしている訳で、性欲のままにセックスしているわけでは無い!!ってのが女の子の意識にあるんだと思えるのだ。

だから、エロチャでプレイしても、それはあくまでも、”リアルでセックスする相手が居ない、居てもどこか相性が悪い・・・だから、オナニーで、その性欲を満たしたい!!”ってことで、いつも書いている通り、エロチャに来ちゃう大半の女の子は”性欲が我慢できないからオナニーしたい!!エロチャはその場限りのオナニーのオカズだ!!”って事になって、エロチャでプレイしたからと言って、それがストレートにリアルでのセックスには当たり前ながら、結びつかないのである。

無論、中には、リアルでのセックスを最初から求める女の子だって居るのは間違いないんだけれども、そんな女の子はレアケースで在って、大半の女の子は”エロチャにはオナニーしに来た!!”ってだけで、リアルでのセックスを求めていない!!って事になるのだ。つまりは言い換えれば、その場限りのオナニーのオカズだからこそ、それは女の子にとっての恋愛になり得なくて、だからこそ、恋愛していないオスとセックスする事ってのはあり得なくて、結果、女の子はそこで”割り切ってしまう”のである。









つまりは、大半の女の子はその性体験を恋愛の結果として考えていて、そこがセックスのラインになってしまっている!!ってのが言えるのである。言い換えれば、何かの拍子に”お持ち帰り”なんかを経験してしまえば、恋愛以外でセックスしてしまった事実が女の子の中に残ってしまって、結果、それならどんなオスとでも気持ち良ければセックスして良い!!ってふうに、そのロジックを変更してしまうのだ。そうなれば、際限なく、どんなオスとでもセックスしてしまう女の子に変わっていくようになるのである。

つまりは、そうやって恋愛以外でもセックスってのは当然として出来てしまえるのである。そしてそのセックスってのは恋愛を絡ませない!!って事で純粋にその女の子自身の性欲を満たすためのセックスになってしまうのである。それで様々な肉棒を咥える事を覚えてしまえば、オスからの評価なんて、ある種、”開き直って”しまって、”どうせ、尻軽な淫乱だと思われるなら・・・いろんなオスの肉棒を咥えて気持ち良くならないと損だ!!”って論法になってしまうのだ。

だから、そうやって、割り切って快楽の為にどんなオスの肉棒でも欲しがってセックスする女の子ってのは、オスからの恋愛感情を拒否するのである。これは、”どうせ、尻軽の淫乱だって・・・・言われるんだから・・・・言われないためにも、恋愛はしない!!”って事になって、結果、恋愛しない分だけ純粋な肉体的な快楽だけを求めて、どんな肉棒でも良いから気持ち良くなりたい!!ってのが、そんな女の子のホンネになってしまうのだ。故にそんな女の子とセックスしたい時は、”愛してる!!”じゃなくて、”尻軽の淫乱なんだろ?こっちもたっぷりとハメてヤリ捨ててやる!!割り切りで、肉穴として付き出せよ!!”って責め方が有効になってしまうのだ。









ただ、僕はある意味、そう言うセックスが苦手なのである。やっぱり、女の子を犯すって事は、その女の子を僕好みに開発していく!!ってことを意味して、その女の子を僕だけの所有物にする!!って気持ちが止まらないのだ。つまりは、何かの拍子にエロチャでのプレイで言ってしまうんだけれども、”今まで何十回と別の肉棒で精液を浴びてても、それ以上の回数、ヤリまくって、その蜜壷を染め直す!!”って意識で、僕はその女の子を求めるのだ。

そういう意味では、確かに、その女の子の肉体で精液を出したい!!ってのがあるのは間違いなくて、そこは否定出来ないんだけれども、その結果として女の子に精液をぶっ掛けて、僕だけのモノにしていく!!って処に意識がつながっていくのだ。そして、その意識が女の子に伝わるからこそ、女の子は”ご主人様に犯されて所有されていく・・・”ってことをプレイの中に実感して、単純なオナニーから、求められていく快楽に、その内容は転化していくんだと感じるのだ。

つまりはたとえ、エロチャでモニタ越しのオナニープレイであっても、きちんとその女の子を独占してモノにしたい!!って意識で、その女の子を求めれば、女の子はそれに反応してくれるのである。そこには確かに互いに性欲を満たしたい!!ってのがあるから、結果的にセックス前提の関係になるんだけれども、その”結果論”として、セックスする事で”モノにする・モノにされる”満足感を互いに求め合いたい!!って意識になり得るのだ。









その結果として、中には、エロチャでのモニタ越しのプレイだけでは無く、リアルでさえも、その感覚に浸りたくて、僕とのリアルでのセックスを受け入れてくれる女の子が出てくるのである。そして、その場合は、僕だって、その女の子に対して、”リアルでもモノにしていく!!”って意識になって、その女の子を犯していく事になるのだから、単純に1発ヤってお終い!!では無くて、その続きとしてもっと、その女の子を犯したくて止まらなくなるのである。だから、互いに求め合うからこそ関係は続いていくのだ。

つまりはセックス前提で性欲を満たしあう関係であっても、恋愛感情を持たなければ、そのセックスはその場限りのセックスになってしまって、肉体的にその女の子に出した!!ってだけで、他の満足感は得られないのである。逆に言えば、女の子は、単純に肉体的な気持ち良さだけなら、エロチャでのオナニーだけで満足してしまって、それ以上を求めないのだ。リアルでのセックスを女の子に受け入れてもらうためには、やっぱり、必要なのは、”恋愛している!!”実感なんだと思うのだ。それを女の子に感じてもらうためには、やっぱりオスの僕の方も真面目にその女の子の精神面まで犯して支配する!!ってスタンスが必要なんだと僕は感じているのである。



アダルト美少女ゲーム







そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓







関連記事

女の子をセックスで支配するためには、それまで射精されてきた回数以上に射精してあげることが有効なんだと僕は感じてるのだ

kage

2015/10/28 (Wed)









大体の女の子ってのは、確かに20歳を越えて処女の女の子は少ないのかもしれないけれども、それでも、なんて言うか、経験の少ない女の子は結構多いような気がする。彼氏なんかと付き合って、それなりのセックスしてても、結局はその彼氏と3,4回しただけで別れてしまって、それを根本にして、それまでの彼氏が居た人数で掛け算をしてしまうと・・・まあ、実質回数はそのくらいだ!!って感じの女の子が大半ではないだろうか?ってふうに思うのだ。

僕はエロチャなんかで、ブッチャケの話、リアルでのセックスを下心として出会うのだから、実際、その女の子リアルで逢って・・・ってなると、やっぱり、ストレートにラブホテルなんかに直行して、ズボズボする!!ってのが普通だ。

ただ、言えることは、そうやってリアルでその女の子の身体を陵辱して蜜壷の中に精液射精した!!ってことが”ゴール”ではなくて、そこから出来る限り長期に、その女の子を”飼育”して、如何にして、僕好みの最高のメス豚にしていくか?ってのがある種のテーマになっているのは間違いないのである。









だから、そうやって、実際的にリアルで犯して精液を出した限りには、その女の子は僕だけのモノで、もう他のオスにはヤラせない!!ってスタンスで”モノにしていく”ってのが在る。それ故に、こう言っては何だけれども、最初の1度目のセックスってのは、その女の子の見た目が僕好みでなくても、雰囲気的に違っていても、そこからどうにかして、僕が好きな女の子に変えていく!!ってスタンスで、その女の子を求めていくことになるのだ。つまりは、その服の好みや話し方、飼い主に対する接し方まで、全て、僕好みに出来るだけ、開発していく!!ってのが僕の調教の本質なんだと自覚しているのは間違いないのである。

それは確かに、その女の子が、そうやって変わってくれるのは僕と出会っている時”だけ”なのかもしれない。なぜなら、女の子だって、エロチャに来るってことは、リアル日常から切り離された部分で、全く別のキャラクターになって、だからこそ理性も羞恥も忘れて、そのメスの本能のままにオス肉棒を欲しがって、蜜壷をだらしなく濡らすことが出来るんだと思うのだ。

そういう意味で、”ご主人様と逢ってる時だけは私はマゾ豚になっている!!いつもとは違うんだ!!”って部分があるんだと思うし、僕自身、そんなふうに女の子に思わせない限りには、その女の子を僕好みのメス豚に開発できない!!って思いってるから、在る意味、女の子に対して、”リアル日常とは全く違う自分自身を演じる愉しさ”ってのを教えこませていくのが調教の本質なんだと思っているのだ。










画像はスミレ僕と恋するポンコツアクマ。より
この画像は、『スミレ』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






だから、その為には、当然、1回や2回の調教セックスでその女の子を変えていくことなんか出来ない!!ってのがあるから、その部分で、当然として長期の調教、かなりの回数のセックスを求めていくのは間違いないのである。つまりは具体的に言えば、調教の初期の頃はほぼ毎週、セックスするためだけに呼び出して1日中セックスする!!なんて当たり前で、そうなると、その女の子がそれまで経験した射精回数よりも、僕との射精回数のほうが断然多くなっていくのである。

つまりは、僕自身は、女の子とセックスする!!ってことは、朝に呼び出して夜まで、もしくはお泊りも含めてずーっとセックスすることが当然!!って意識があって、だから、射精回数も10発!!20発!!って感じで出すことになるのだ。極端な話、女の子に抵抗がなければ、女の子の蜜壷をペニスケースにして、ずーっと挿れたままにしておくことなんかも、僕とっては特別なことではなくて、そういう意味では、精液を出しまくってこそ、セックスしている実感が在る!!ってのが僕のホンネで、1発2発の射精なんかは、リアルでする限りには、あり得ない!!ってのが僕の実際の処になるのである。

だから、僕自身は、その性欲のままに射精を愉しんでしまうと、女の子の身体に”フツー”にその回数、出してしまえるから、在る意味、それが当然!!って意識になる。しかしながら、どうやら、他のオスは1度や2度の射精で満足してしてしまって、それ以上、女の子の身体を求めない!!ってのが在るらしいのだ。そういう意味では、僕自身が特殊な異常性欲の持ち主で・・・ってことを、女の子の感想から感じることは結構多いのである。









ただ、それで思うことなんだけれども、女の子だって、エロチャでそう言った部分をカミングアウトすると”そんなに出るの?信じられない!!”なんてことを言って、”あり得ないから・・・私はには無理!!”って感じで、半信半疑で来ちゃって、でもそうやって経験してしまうと、大半の女の子はそうやって精液を出されることに最後まで悦んで付き合ってくれる場合が多いのだ。無論、途中で疲れちゃう場合も在るんだけれども、それでも休憩を挟めば、それだけ逝きまくってくれるのである。

それで感じるんだけれども、大半の女の子はそんな連続した射精に対して”悦んでくれる”のだ。ハッキリ言えば、それなりに経験してる分だけ、女の子に対しての”慣れ”は在るのかもしれない。しかしながら、僕自身、エゴイスティックに女の子の身体を陵辱してレイプするようなセックスで満足する変態性欲なのだから、その部分で女の子が肉体的な刺激として気持ち良いセックスをしているか?ってなると、自信はないし、その部分で女の子に評価されたことは少ないのは事実なのだ。それにブッチャケの話、肉棒に関しても、小ぶりな方で、それで女の子を満足させている意識はないのである。

つまりは、オスの中には女の子をトロケさせるような愛撫の出来るテクニシャンは居るんだと思うけれども、僕自身はそんなオスではない!!のは間違いないのである。それでも、思うんだけれども、女の子が悦ぶポイントは”今まで経験したことのない射精回数!!”ってことなんだと感じるのだ。










言い換えれば、最初に書いたとおり、それまで女の子はセックスを経験していても、実際具体的な射精回数ってのは、それほど経験してない!!ってのが、特に独身の女の子なら言える場合が多いのだ。だから、女の子によっては、僕との1日のセックスで、それまでの射精回数を超える射精を経験して、そこに満足感を感じてくれる!!ってのが言えてしまえるのである。

つまりは、今回、僕が言いたいことは、女の子のセックスの満足度ってのは、確かに、その女の子自身の絶頂回数もそうなんだけれども、それと同じかそれ以上に”オスに何度も射精されてしまっている”実感なんだと思えるのだ。言い換えれば、オスは1発2発射精して、そのセックスに満足する!!ってのがあるのかもしれないが、女の子はそれ以上に何度でも精液を欲しがる部分がメスの本能としてあるように僕は感じるのだ。

だから、精液を浴びまくることによって、女の子は”染められて支配されていく実感”ってのがあるんだと思えるのである。それ故に、確かにオスに求めるのは、そのセックスのテクニックや肉棒の大きさも在るのかもしれない。しかし、それと同じぐらいに、どれだけ精液を射精してくれるか?って部分に女の子は満足感を感じる基準の1つにしているような気がするのだ。だから敢えて暴論で言ってしまえば、その女の子を支配したければ、その女の子がそれまで浴びてきた射精回数以上の回数、射精してあげることが、その方法論として有効なような気がするのである。













そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓








関連記事

続・僕はその人妻さんのセカンドパートナーだから・・・

kage

2015/10/26 (Mon)










前回の続きです!!
よろしくお願いします!!


無論、確かに僕が求めているのは性癖的に変態セックスで、それに興味の在る未婚の女の子も来てくれて、リアルでのセックスになる場合もあるし、その場合も、”リアル日常とは関係のないオスで、誰にも秘密だからこそ、理性も羞恥も忘れて変態なマゾ豚に成れる!!”ってのがあるのは間違いないんだけれども、でも、なんて言うか、その”割り切り”の部分は人妻さんの方がかなり”ドライ”なのだと感じてるのだ。

つまりは、人妻さんが僕に求めているのは、ものすごく都合の良いセフレなのである。旦那とのセックスでは満たされないメスの悦びを感じさせてくれる相手として、であって、それは極端な言い方になるんだけれども、結果的には、”生きたバイブ”としての僕という存在に行き着くのである。








言い換えれば、確かに人妻さんはメスの悦びを求めてエロチャに来ちゃって僕とプレイを繰り返して、中にはリアルでのセックスも受け入れてくれるんだけれども”それだけ”なのである。だから、その割り切り故に僕との関係を愉しんでるんであって、結果、旦那との関係を犠牲にしてまで、僕との関係を求める人妻さんはマズは居ないのである。

つまりは、不倫メロドラマ風のノリで、何かの拍子に知り合って、旦那との家庭を壊してまで、僕との関係を求める!!って人妻さんはマズは居なくて、在る意味、もっとドライな感覚で、僕に求めるのはあくまでも”旦那では経験できない肉体的精神的なメスの満足感”だけなのだ。

だから、僕自身、人妻さんと関係を持つ時は、あくまでも僕自身は、その人妻さんをメスとして満足させる”生きたバイブだ!!”って意識があって、確かにプレイとして”ご主人様・マゾ豚”の関係で成立してるんだけれども、それさえも、その人妻さんんのメスの部分を満足させるためのシチュエーションづくりに過ぎない!!って意識がどこかに在るのだ。









だから、確かに僕自身もメスの身体で精液を射精したい!!ってのがあって、なおかつ、性癖的にメスを陵辱して支配したい!!ってのがあるのは間違いないのだ。しかしながら、それはあくまでもプレイであって、プレイがそうだからと言って、その関係まで、そのウェットさを持ち込むことはなくて、その人妻さんに併せて、僕もドライに割り切る部分は割り切って、”人妻さんが様々な理由で関係を嫌がれば、それでオシマイ!!”って意識が在るのは間違いないのだ。だからこそ、自分で言うのもなんだけれども、人妻さんが、僕を選んでくれるのはその辺りの割り切りが出来ているから信頼できる!!ってのがあるんだと自己評価するのだ。

だからセカンドパートナーは文字通りセカンドパートナーであって、その人妻さんには旦那には告白できない性癖が在る!!ってことを前提にして、僕という存在価値が在るんだと言えるのだ。そういう意味で、旦那さんには80%の満足が在るんだけれども、残りの20%が満足できなくて、トータルとしてその人妻さんは旦那さんに対して及第点をあげることが出来て、でも、100%じゃないからこそ、その損失補填じゃないけれども、ある種の割り切りでセカンドパートナーの僕を求めてくれるんだと感じているのだ。

言い換えれば、そこに気付いてる旦那さんの奥さんはエロチャなんかには来なくてセカンドパートナーを求めないんだと思うし、人妻さんが求めてしまう”旦那さんのビミョウな物足りなさ”ってことを、僕が言うのも開き直りぽくって自己嫌悪に陥る部分も在るんだけれども、そんな人妻さんを持つ旦那さん自身が感じるべき部分があるんだと僕はプレイしていて、こういった記事を読んで考えるのだ。











そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説













関連記事

僕はその人妻さんのセカンドパートナーだから・・・

kage

2015/10/26 (Mon)










今日は偶然に人妻のセカンドパートナーの記事を読んだ。まあ、法的な観点からマズい!!って感じで常識論で語られてる記事だったんだけれども、僕自身、ブッチャケの話、結構、そんな人妻さんのセカンドパートナーになっている!!って意識が在る訳で今回はそのことについて少しばかり書いてみたいのだ。

なぜなら、確かに人妻さんとセックスしている時点で、在る意味、旦那からすれば、僕はいわゆる”間男”で、その部分で旦那さんは被害者で僕は加害者になるんだけれども、でも、そんなに実際の部分は簡単ではないように思えるからなのだ。

つまりは、まず、この記事で僕が思ったことは、この記事自体、かなり”オトコ目線”の都合の良さってのが入っているような気がするのである。確かにそういう僕もオスだから、もし結婚すれば・・・僕自身、独身者だから、仮定の話になるんだけれども・・・やっぱり、当然として、その奥さんには、”貞淑さ”であるとかの部分を求めて、”浮気を許さない!!”ってのは感情的に判るのだ。








そうなると、僕自身は、人妻さんとセックスしてるのだから、他のオスの奥さんには浮気をそそのかして、僕自身の奥さんには貞淑さを求める!!って部分に矛盾が出てくるんだと在る意味、僕自身、自覚している部分が在るのは否定しない。

しかしながら、エロチャなんかで人妻さんとそうやって出会っていて思うことなんだけれども、”ああ・・セックスパートナーと生活パートナーとでは意味合いが違うんだ・・・”ってことなのだ。それは、ハッキリ言えば、例えばDVなんかで旦那さんとまったく没交渉で、ただ経済的な側面や社会的な立場から、家庭内別居状態の奥さんが、極端な話、その性欲を満たすために、エロチャなんかでオスを探している!!って訳ではない!!ってことなのだ。むしろ、それなりに旦那との関係も良好だけれども、でも、どこか性欲の部分で物足りなくて、エロチャに来ちゃってる!!ってパターンが多いのだ。

だから、大体の人妻さんってのは、いつもこのブログで書いている通り、”モニタ越しのその場限りのオナニープレイだから・・・”ってことで、オナニーしに来ちゃってる!!ってのが実情で、リアルでのセックスを求めて・・・って意識を持っている人妻さんは当然として少ないのだ。この感覚は、何も人妻さんだけではなくて、大半の女の子がそうであって、そおの部分で、あくまでもエロチャでのプレイってのはオナニーのオカズだ!!って意識のほうが強いんだと思える。










画像はAnim妻の媚肉を弄る父の太い指 ~知らぬ間に父のモノになっていた愛妻(つま)は、悦びの喘ぎとともに腰をうねらせていた~より
この画像は、『Anim』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






言い換えれば最初から、その部分で割り切っているのだから、 僕自身はリアルを求めてても女の子自身にその意識はないのだから、どんなに求めても、当然として女の子は”リアルを求めるなら、うっとうしい!!別のオスを探す!!”って感じになるのは間違いないのだ。

ただ、最近の雰囲気としては”無論、リアルでのセックスはNGなんだけれども、そうやって誘われること自体は、メスとしての自尊心がくすぐられるから、ヤブサカじゃない!!”って感じの女の子も増えてはきてるんだけれども、でも、根本の部分では”リアルNG!!"ってのが当然の前提条件として在るのだ。

そして、人妻さんもその部分で来ているのだから、結果、リアル日常、旦那さんとそれなりにセックスをしちゃってても、でも、どこか、満たされなくて・・・ってのが、エロチャに来ちゃう動機になるのだろう。つまりは、この感覚はオスだってあるんだと思う。








例えば、彼女のことが好きでセックスしてるのに、プレイがどこか物足りなくて、AVで変態カテゴリを隠れて観てオナニーしている!!ってのと、まあ、同じ感覚で来てるんだと思うのだ。だから、根本として言えることは、エロチャで快楽を求める人妻さんってのは特に旦那さんが嫌いじゃなくて、それなりにセックスもしてるのに・・・ってのが在る場合も結構普通のパターンなのだ。

だから、逆に言えば、そんな人妻さんの方が、エロチャのプレイに対してどこか真剣な部分も感じられるのだ。つまりは、確かにOLさんや女子大生さんだってエロチャには来ちゃうのは間違いない。そしてそんな女の子も根本の部分では”エロチャはオナニーのオカズだ!!”ってことで変わりは無いのだ。

しかしながら、結婚してるか?どうか?って部分で、なんて言うか、やっぱりそれなりにガードの硬さは違うのである。未婚の女の子は彼氏なんかが居たりしても、どこか、興味本位で”堕ちちゃう”場合ってのが在って、人妻さんは、その”興味本位で堕ちる!!”って部分が無いのだ。










でも、言い換えれば、それだけ、人妻さんは、エロチャに対して切実な部分があるんだとも感じるのだ。無論、繰り返して言うが”その場限りの割り切りのオナニープレイ”が原則なのだから、そういう意味では、”お手軽さ”ってのがあるのは間違いない。

しかしながら、未婚の女の子は、”何もエロチャで知り合わなくても・・・”って感覚がどこかにあるんだけれども、人妻さんはその余裕がなくて、”エロチャでしか、メスの部分をさらけ出すことは出来ない!!”ってのが感じられる部分があるのだ。

つまりは、旦那さんにもリアルな日常、貞淑な奥さんでありたい!!ってのが、その人妻さんの根本としてあって、旦那さん以外の周囲に対しても”浮気しない真面目な良い奥さん”でありたい!!ってのが、エロチャに来ちゃう人妻さんのホンネとしてあるのは間違いないのだ。








しかしながら、どんなに旦那とセックスしても、その相性の部分で満たされなかったりする場合が結構在るのだ。それは、やっぱり、ブッチャケの話、人妻さんは”処女のままでその旦那と結婚してない!!”ってのがあるんだと感じるのだ。

ハッキリ言えば、結婚ってのは女の子にとっては、人生設計を大きく変えていく機会であるのは間違いないのだ。そこから考えれば、セックスの相性よりも、そのオスと家族として生活するのに、及第点か?どうか?ってのが意味合い的に大きくて、もっと割り切って言ってしまえば、セックスの相性が悪くても、それなりに性格的に優しくて収入も社会的なステータスもあれば、それで、納得して結婚してしまう女の子のほうが普通なんだと言えるのだ。言い換えれば、無収入で学歴もなく、性格も悪い人間的ダメ男だけれどもセックスの相性がいいから結婚する!!ってほうが、当然としてあり得ないだろう。

そこから考えれば判るんだと思うけれども、オスの場合は、どうしても・・・無論、性癖の問題も在って言い切れない部分も在るんだけれども、マクロ的に観れば・・・女の子にy対してセックスってのは責める側であって、その部分で”エゴイスティック”なのである。



Dキャラッ!




だから、女の子の趣味がどんななのか?なんかよりも、そのオス自身の趣味を女の子に押し付けて、それで精液を射精して満足するセックスしている部分があるから、その部分でセックスの相性を感じる!!ってのは少ないんだと思う。しかしながら、女の子は、受け身故に、在る意味、冷静にそのオスのセックスの仕方を分析している部分ってのがあるんだと僕は感じているのだ。

そうなれば、確かにそんなエゴイスティックなオスのセックスでも、それなりに肉体的な刺激が在って、なおかつ、”愛するオスのセックス”なのだから、その部分で、旦那さんとのセックスに対して、それなりの満足感を感じている人妻さんは多いのである。

しかし、逆に言えば100%の満足になり得ない場合が多い!!ってのも事実なのだ。つまりは、本来は、それまでのセックスの経験から”こんなプレイをして欲しい!!してみたい!!”って希望があっても、やっぱり、それを伝えてしまうと過去の男性遍歴に行き着く部分が出てくるので、結果、旦那には、そうやって本当の性癖を隠してしまっている人妻さんってのが多いような気がするのだ。









無論、そんな人妻さんばかりではないと思うが、実際、エロチャなんかに来ちゃう人妻さんってのは、そう言った部分があるからこそ、エロチャに着ちゃう訳で、そうなると旦那に求めるのは生活の中での愛情であって、そのセックスも生活を成立させるのにしちゃってる!!ってことになって、逆に言えば、エロチャでモニタ越しに出会った僕に求めるのは、純粋にメスの快楽を求めてくるのである。

言い換えれば、僕自身の存在ってのはあくまでもモニタ越しのプレイの相手で、その部分で旦那さんと違って、”生活に関係のない相手”なのである。そうなれば、人妻さんもその瞬間の快楽の相手なのだから、僕に対しては、純粋にメスの満足を求めてくれるのだ。

だから、そういう意味で、彼氏の居ない未婚のOLさんや女子大生さんは、在る意味、セックスの相性も良い彼氏!!として僕のことを求めてくれる場合が在るんだけれども、でも、人妻さんは、その部分で”ドライ”なのだ。無論、リアルでのセックスをする関係なんかになれば、その関係のマンネリを打破したりするのに、敢えてセックスせずにデートしたりする場合も在るんだけれども、結果、それはあくまでも、その人妻さんにとっては”旦那とは関係のない非日常での関係”のなかでの時間の過ごし方であって、その部分で”割り切りがきちんとしている!!”って言い方が出来てしまって、逆に言えば、その分、セックスの快楽に対しても貪欲な部分が在るのだ。








ごめんなさい・・・・
いつも通り、タイムアップです・・・・・
続きは次回になります、よろしくお願いします!!








そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓








関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。