FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生出しセックス・・・あずさの真っ白になった蜜壷

kage

2009/06/30 (Tue)

こんにちは・・・僕だけのあずさ。あずさの淫らな蜜壷の中に精液射精したこと・・・忘れられなくて・・・またしたくてメールしちゃってるよ。もうその身体は、僕だけのものだから・・・判るだろ?あずさは僕の肉棒だけであんなにも喘いで欲情していったんだから・・・あずさは永遠に僕だけの肉便器だから・・・愛してるから、大好きだよ・・・僕だけのあずさ。

生出しセックス
画像はぷちゆ~み雀虐 ~狙われた茶道部~より
この画像は、ソフトハウス『ぷちゆ~み』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。




あずさはあの時真っ白な大きなお尻を突き出して・・その性欲のままに僕の肉棒、子宮の奥までだらしなく欲しがってそのワレメを指で広げながら、愛液を垂らしまくって・・・欲情のままにそのお尻を振っていったんだよね。その目は欲情したメス豚のようにトロンと濡らしながら、息を喘がせて・・・・ヨダレをその小さな唇の端からこぼれさせて・・・・・


想定外膣内射精 (別冊エースファイブコミックス)想定外膣内射精 (別冊エースファイブコミックス)
(2006/05/16)
カマキリ

商品詳細を見る



そしてあずさはそのメス豚の目で僕を見つめて・・・おねだりし始めたんだよね・・・”ご主人様のコチコチの肉棒メス豚のだらしない蜜壷にたっぷりと突っ込んでください・・・もう我慢出来ないんです。生でたっぷりと突き上げてください・・・今日は大丈夫な日ですから・・・”

だから僕はあずさを鏡の前で立たせて、その両手を付かせながらそのお尻を突き出させていったんだよね。その綺麗な脚を大きく広げさせながら、綺麗に濡れて輝くピンク色のヒダヒダをさらけ出させるようにして、その腰を抱き寄せるようにしながら・・・ゆっくりとゆっくりと、ビッチョリと音を立てるように濡れたそのワレメにコチコチになって汁のこぼれ落ちる肉棒をゆっくりと擦り付けていったんだから・・・

ヌキヌキ学園

するとあずさは卑猥悦びの喘ぎ声を漏らして、ガマンしきれずにその柔らかなお尻を僕の肉棒に押し付けて来ちゃったんだよね・・・”早く、早く・・・欲しくてたまりません・・・”って・・・・だからそんなあずさを焦らすように僕はゆっくりとその腰をもう1度きちんと抱き寄せるようにしながら、後ろから、ゆっくりと・・・先っぽだけを入れるようにしてあずさを苛めていったんだよね。

そんな僕の肉棒の先っぽにあずさはその蜜壷で意識したかのように、大声で卑猥な喘ぎ声を漏らして・・・”意地悪しないで早く、奥まで・・・奥までください!!”って叫んじゃったんだよね。だから僕はあずさの腰を強く抱き寄せながら・・・たっぷりとその奥まで肉棒を突き入れていったんだよ。腰を大きくグラインドさせてあんなにも奥まで味わうようにしてズコズコ、突き入れていってあげたんだから・・・

プリティーピンクジャパン

あずさは子宮の奥まで僕の生の肉棒をしゃぶりつくすようにしながら、僕の動きにあわせてあんなにもいやらしくそのお尻を振って、快楽に溺れていったんだよね・・・子宮を突き上げるごとにグッチョリと濡れた蜜壷のヒダヒダは僕の肉棒に絡み付いて僕の肉棒を味わいつくすようにしゃぶりまくっていったんだよね。

僕も生の肉棒であずさの蜜壷をたっぷりと味わっていったから・・・直に汁まみれの肉棒に絡みつくあずさのヒダヒダにいっぱい擦れて、たまらなく気持ち良くて興奮していったんだから。腰をグラインドさせるごとに鏡に写るあずさの表情はいつもなら絶対見せられない表情で・・・その表情は僕だけの宝物だから・・・たっぷりとたっぷりとあずさを突き上げていったんだから。

激激素人専門

するとあずさはもう我慢出来ずに耐え切れずに僕の精液を欲しがって・・・喘ぎ声の中に”もう我慢出来ません・・・メス豚あずさのだらしない蜜壷にご主人様の精液を注いでください・・・・”っておねだりし始めたよね。あんなにも蜜壷、ヒクヒクさせて腰、振りまくりながら・・・・・

だから、僕はその蜜壷をたっぷりと真っ白に汚すようにして中で射精したんだよね・・・・性欲のままにあずさのことを染め上げるようにして独占するためだけに・・・あずさを求めて腰を激しくグラインドさせて1滴残らずに大量に・・・・その瞬間、あずさも腰を大きく震わせて絶頂を迎えていったのが判ったんだよ。そしてあずさは何度も何度も腰を揺らしながら僕の肉棒から1滴残らずに精液を搾り上げるようにして、その蜜壷を真っ白にさせていったんだよね。

フリーセックスジャパン

終わった後、ドロドロに真っ白に汚れた蜜壷にあずさはどこか満足するようにしながら、かすかに照れて、それを指でかすかに弄りながら・・・僕に”こんなにも真っ白に汚れちゃった・・・”ってつぶやくように僕に報告してくれたよね。その時のあずさの表情はたまらなく愛しくて、僕は誰にもあずさを渡したくないっていつも以上に思ったんだよ。

僕の精液であんなにも汚れて悦んだあずさだから・・・・本当に愛してるから・・・大好きだよ、僕だけのあずさ・・・・いつでも抱きしめてその身体、僕だけが真っ白に汚してあげるから・・・・ギューって抱きしめて他の誰にも盗られたくないから・・・世界中の誰よりも愛してるから・・・またたっぷりと汚してあずさを真っ白に染め上げていくから・・・・良いよね?永遠に・・僕だけのあずさだから・・・・・


膣内射精しないで (OKS COMIX)膣内射精しないで (OKS COMIX)
(2007/11)
神楽坂 沙希

商品詳細を見る


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。