FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性のセックスにおける身体の変化

kage

2009/09/01 (Tue)

今日は9月1日・・・ほとんどの学生は今日から学校が再開されることが多いんじゃないだろうか?確かに最近は全国一律って訳じゃなくてそれなりに様々な理由でバラつきはあるんだと思うけれど、逆に言えばこれ以上夏休みが9月にかかる学校のほうがほとんどないんじゃないか?って思っている。確かに大学なんかはもうちょっと長かったりするかもしれないんだけれども、まあ・・・そんな感じで学生さんたちの夏休みは終わったのだと思う。(今年は新型インフルエンザの関係で休校って形で夏休みが実質延長されている可能性は否定できないんだけれど・・・イレギュラーなことだから、9月1日が2学期のスタートなのだと僕は感じるのだ)

それでこんな時期に思い出すのは、夏休みが終わって・・・久しぶりに会ったときの女の子の身体の変化だ。告白してしまえばこの思い出は10年以上前の思い出で、かなりの曖昧さと”美化”の部分があることを自覚しているから、まあ、その分、割り引いて読んでくれれば嬉しい。そしてその思い出す女の子はもう名前でさえも忘れてしまったのだけれども、夏休みが始まるまではムッチリとしていて本当に”処女太り”って感じで女の子の柔らかさを感じさせないパンパンに膨れた体型だったのを覚えている。

ほとんど話したことも無くて、付き合いもまったく無かった娘だけれども・・・そんな女の子が夏を過ぎて久しぶりに逢った時に風船のようなパッツンパッツンの太さが、それなりにウエストが締まって足の太さもそれなりに細くなっていわゆる”メス”の体型になっていったのに気付いて、さすがにその時には口には出せなかったのだけれども、”ああ・・・セックスを覚えたのだろうな・・・”って妙な感慨を覚えたのはまだ記憶に残っているのだ。

オスの場合、セックスを経験してもそれで具体的に身体的に何か変化することなんかはありえない。少なくとも僕の場合は無かったのだ。確かにセックスを覚えたのはどうやらほんの少しだけ他の男の友人よりも早かったかもしれないが、しかしだからと言って友人の猥談なんかに積極的に参加したいと思わず、最初の1人であったあって言うだけで感覚でしかなかったのは確かだ。

詳しいことは言えないのだけれども、簡単に言ってしまえば恋愛感情抜きでいわゆる”初体験”をしてしまったことに原因があるのかもしれない。誰だっていつかは経験しちゃうことだし、あの頃の方が性欲ってのも淡白な部分があったのは間違いないのだ。そう言う意味では”新鮮さの無い”セックスを最初から経験してしまったのだと自分なりに思ってしまう。セックスが愛情ではなく性欲の結果としてあることに気付いてしまえば、オスとして射精さえ出来れば良いのだから、セックスは高級オナニーになってしまうのである。

そして実際、射精はしたものの、”ああ・・・そんなものなのか?”って感じであっけなく終わってしまったってのが本音にある。むしろ、調教やそんなプレイを覚えてからのセックスのほうが、その相手をどうしたいのか?って具体的に考えられるようになって、そこからセックスを楽しめるようになったのが実際なのだ。犯すことで忠誠をメスに誓わせ、精神的なつながりを意識し、より快楽を与えることによって完全に自分自身のモノにしていく・・・その意識が大切なのだと僕は思うのである。その表現方法としての調教なのだと僕は信じていることが出来ているのだ。

話は脱線してしまったのだけれども、オスの場合、セックス体験ってのは精神的なもので・・・もっと言ってしまえば”友達なんかよりも早く経験した!!”って感じで同じオスに対する優位性としての初体験って部分が大きいのではないだろうか?それに比べて、確かに処女太り体型の女の子自体の割合が少ないのは事実だけれども・・・はっきりとセックス経験があったことが判るほどに体型が変わってしまう女の子がいて、女の子の身体の不思議さを実感したのが記憶にあるのだ。

確かにセックスに関係してそんなことが1番判りやすいのは”妊娠”だろう。当たり前ながらそれなりに赤ちゃんがそのお腹の中にあるからプックリ大きくなっておっぱいなんかも大きく膨らんでいく・・・つまりは女性の身体はある意味セックスによって変化していく部分があるのだと言えるのだろう。妊娠や処女太りなんかを例に出すのは極端なのかもしれないけれど、単純にオスが性欲のままに交尾を行なうだけのセックスでは女性を傷付けるだけのセックスにしかならないことにオスは気付くべきなのかもしれない。

特に調教なんかしているとその内容はある意味どうやらアブノーマルな部分が大きいようである・・・セックスの内容を厳密に他人と比較したことが無いから曖昧な表現になってしまうのだが・・・それでも終わった後にメスが満足できるような愛し方をしたいと思っているし、終わった後に”気持ちよかった、また愛されたい・・・”と言ってもらえるように調教していくのが本当のメスに対するオスの愛仕方なんだと僕は思うのだ。

それによってメスが幸福になれば、それだけその身体は淫らになりながらも充実した匂いをさせていく実感があるからである。恋愛がメスを綺麗にさせていくと言う言い方は使い古されて、なんだかものすごく陳腐に聞こえるのだけれども、メスのセックスと身体の変化をオス自身が意識できればやはりそれは正しいのだと思えるのが僕の気持ちなのである。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。