FC2ブログ
2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・女教師_オスの妄想

kage

2009/03/13 (Fri)

学校ってのは当たり前ながらすっごく閉鎖的な世界である。誰でも学生を経験してそのことに気付いてるだろう・・・社会的にはどこか間違ってるのにその世界を維持させるために理不尽な部分があっても互いに許容しなければならないそんな不思議な気持ちが多かれ少なかれあったはずだ。

その中で女教師にはオスは、年上で熟れた肉体的な部分に母性を感じ・・・甘えた憧れがあったのではないだろうか?それがイメージではないだろうか?(全てがそうでないことは言えることを伝えておかなければならない。それは”運”が悪かったのか?それとも相性なのか?学生時代にあこがれる女教師にあったことが無い可能性も否定出来ないからである。)つまりはパターン化されたイメージであることは否定しないのだが教師母性はステレオタイプなのだが存在するのだ。

女教師への妄想
画像はGuilty遠隔操作 ~蜜肉に埋めこまれたリモコンバイブ~ より
この画像は[ Guilty ] 製品の画像素材を引用しています。これらの素材を他へ転載することを禁じます。(C)Will※




そんなイメージがオスには女教師にあるから学生を過ぎ去っても”妄想”として女教師を”特別視”する部分があるのは否定出来ない。妄想であればあるほど、”期待”がそこにはある。ただ普通の日常の中で女教師との出会いが無いからこそ、”妄想”は”妄想”で過ぎないのだ。

ただそのチャンスに偶然にも遭遇した場合、それまでの妄想で女教師を求めるのは間違いないのだ・・・その身体は他のメスと何も変わりはしないのにイメージの先行が激しい陵辱を求めていく。そしてそれはその娘にイメージを強制させてしまう部分がある。


美人教師 堕ちた美肉 (竹書房ラブロマンス文庫)美人教師 堕ちた美肉 (竹書房ラブロマンス文庫)
(2008/03/28)
藤 隆生

商品詳細を見る



その強制は簡単に言えばセックスに対する否定である。セックスを恐れる側面は体験の無い処女の側面である。その処女の匂いがより激しい興奮をオスに呼び起こさせる。清純であろうとする日常がセックスに現れることをどこか期待するのだ。オスが与える快楽に理性ではどこか拒否するのに、その身体の火照りは他のメスよりも激しくさらけ出す。そんなシチュエーションにオスは女教師とのセックスにあこがれるのだ。

特にステレオタイプとしてかもしれないのだがその身体は淫らに熟れて乳房も大きいことを妄想させるのが女教師なのだ。大きな乳房は”母性”をオスに意識させることを強制させる。だからこそ貪るように求めていきたいのだ・・・その身体を・・・・。

ただそのことを1番意識してるのも”女教師”なのだ。なぜならば”メス”を隠そうとしているのも”女教師”自身であるから、である。そうでなければ”理想”の女教師になりえない。理想の女教師は生徒の性欲を刺激しない存在なのだから。ただそれが矛盾であることを自覚しているのも女教師なのだ。だからそのスーツの下の身体は十分以上のフェロモンを保ち、女であることを自覚してセックスを求める。そしてその行動はどこか無自覚なのであろう。だからこそ白の下着を選ぶのにそのデザインはどこかオスを誘う淫らなものになり大人しそうなスーツを仕事着として選ぶのにそのスーツのどこかに女性らしさを求めるのが”女教師”なのであろう。

ごめんなさい・・・続きます、苦笑


女教師たち (二見文庫 官能シリーズ) (二見文庫) (二見文庫)女教師たち (二見文庫 官能シリーズ) (二見文庫) (二見文庫)
(2008/08/25)
橘 真児

商品詳細を見る





コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。