FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルに連れ込むまでの流れに関して・・・

kage

2010/12/20 (Mon)

当たり前ながらチャットセックスを楽しんだ女の子とリアルで逢うって事は、まあ、ハッキリ言えば女の子だってリアルでセックスしたくて来ちゃってるって事になる。まあ、積極的にセックスしたくて来ちゃうって女の子も居れば、なんとなく抵抗できなくなってボクに誘われちゃったから、とうとう来ちゃったって女の子も居たんだと思う。まあ、どちらにしろ、結果的に”リアルで出会った!!”って事は事実としてあって、やっぱり、そうなるとボクもリアルで逢った限りにはそのままリアルでセックスしたくなるし、こういう言い方は問題かもしれないが、それが普通の流れなんだと思う。

特にチャットで何度かセックスしちゃうとやっぱり本音として”リアルでしたい!!”ってのがボクの中の本音だから、そのセックスが終わった後で”リアルでもやっぱり、セックスしたい!!犯したい!!”って事を意思表示する。もっと言ってしまえば、チャットセックス前提で出逢った時点で”チャットセックスも良いけれど、リアルでもいっぱい犯したい!!”って感じで、女の子になんとなくのタイミングごとに、ボクの場合は、言い続けるってのがある。

それに、だんだんと女の子の本当の名前であるとか素顔とかを聞き出したり見せてもらったりして、結果”もう、ここまで変態デブに見せちゃったんだから良いよね?覚悟、出来てるよね?”って感じで誘って、リアルに持ち込んでいくってのが、まあ、定番のやり方なのだ。だから、回りくどいって言うか、時間を掛けるって言うか、何度も何度もチャットセックスを繰り返して、やっとリアルでのセックスになっていくのだから、本当に1人の女の子とチャットで出会って、半年1年のスパンで遊ぶ事なんかは結構ザラなのである。

だから、まあ、逢った時点で、さっきも書いたとおり、女の子のほうも”セックスする”って事に対しては十分、覚悟して来てくれているって感じだから、駅なんかで待ち合わせて、結構、いきなり、”すぐにしたい!!良いよね?ホテル?”って感じでささやくと黙ってうなづいてくれる女の子が大半なのだ。これもまたヘンな話、彼氏でもないオスとセックスするためだけにホテルに行くことに慣れていない女の子が大半だから、来た時点で女の子ってのは、それなりの緊張と覚悟があるから、そういう意味ではお茶なんかせずにいきなりホテルに誘ってあげる方が”覚悟を揺るがさない”って意味でボクなりには良いことだと思っている。

それで、まあ、ホテルに行くのだけれども、基本的には待ち合わせの段階から、ホテルに行く事を考えてるんで、僕の場合、住んでいる所が大阪だから、天王寺か京橋が、待ち合わせの場所に多い。ハッキリ言ってしまおう。難波とか梅田にもそれなりにいわゆるラブホテルってのはあるのは間違いない。でも駅からすぐにあるのはこの2つの駅かなあ?って思ってるのだ。これはまあ、個人的な見解なのだけれども、やっぱり、ボクのようにストレートにセックスだけの出逢いってなれば、出来る限りスムーズにホテルに”連れ込む”ってのがポイントになる。

そういう意味では待ち合わせから歩いて5分10分でそれなりにホテル街にならなきゃならないのだ、。思ったよりもラブホテルってのは駅から遠い事が多く、そういう意味ではこの2つの駅ってのは、あるところが判りやすく、人ごみもあまり考えずに行けるような感じがして僕は使い易いって思っているのだ。それに、これはある意味、女の子にはものすごく言い難い事なのだけれども、ある程度、ラブホテルに行き慣れるって言い方はマズいのだけれども”ここは、こんな感じでこのぐらいの時間でこのぐらいの費用・・・”ってのが頭に入っていれば、あまり考えなくて済むってのがある。

それに基本的に女の子だって”どのラブホテルが良い?”って聞いても、結局は、まあ、慣れてないから、選択しようも無く、オスの”オマカセ”になるってのが実際だから・・・まあ、関係が続いて慣れれば、普通のデートのように、何かの拍子に雑誌なんか広げて”今日はここにする?”的な話も出来るのだけれども・・・、最初ってのはオスが決めるべきなのであると僕は思っている。

ただ、ホテル街に踏み込んだ時点で”どこが良い?”ってわざと聞いて苛めるのも、楽しいってのは本音としてある。ラブホテルってのは大体、ご存知の通り、それなりに概観からして、妙にセンスの無い場合もそれなりにあって、女の子が目移りしているのを観るのも、僕としては悪趣味だけれども、結構好きな部分なのである。それで女の子が”ここが良い・・・”って感じでチョイスがあればそこにするのだけれども、大体はやっぱりオスに”オマカセ”になる場合が多いような気がする。

だから、本音、使い慣れたホテルをオスとしてチョイスすることが多いんだけれども、まあ、あまりにも”使い慣れた”って雰囲気を女の子に見せるのは良くないので、初めてっぽい雰囲気で入るのが重要なのだけれども、結局はまあ、ヘンな話、出来るだけスムーズに女の子をホテルに”連れ込む”ってのが良いんだと思う。そこでヘンに緊張してグダグダになってしまうとどうも、その後の盛り上がりってのは欠けてしまうような気がするのだ。

後は、まあ、部屋の選択なのだけれども、これもまたあまり時間を決めないで、女の子にマズは聞くんだけれども、やっぱりオスのチョイスになる場合が多いような気がする。まあ、ここではやっぱり”新鮮味”ってことを考えれば”新しい”女の子とセックスするのだから、それなりに今までとは別の部屋を選ぶことが多いかなあ?って今更ながらこうやってブログで書いていて気が付く。

それで、まあ、されで最終的にはセックスしちゃうんだけれども、結局はボクが勝手に思うんだけれども、如何にスムーズに女の子をホテルに”連れ込むか?”ってのがあるんだけれども、そうなれば、やっぱり、女の子はその時間が1番の緊張になるのだから、そういう意味では多少ともなり強引でも、それなりにスムーズに決めてあげて入るのが良いのだと思う。

確かに緊張はボクにだって本音としてある。どんなにチャットでボクとのセックスに女の子が満足してくれていたとしても、やっぱり、それはリアルでのセックスと異なるのだ。やっぱり女の子がリアルでセックスしに来ちゃうって事は、その精神的な部分でのつながり・・・愛情までは言わないけれども、何らかの感情的なつながり・・・ってのを求めてなんだけれども、やっぱり別の側面”セックスに対する気持ち良さ”ってのがあるのは事実なんだと思う。その両側面が満たされて初めて女の子の”充足感”になっていくのだと思える。

確かにボクはサディストを自認しているから、女の子はメスとしてオスに奉仕させる存在であるってのは間違いない。だからと言って、女の子の性欲がどうなのか?に対してまったく考えなくて良いか?って事になれば少し違うだろう。どうしてもSM・調教になれば、オスの中には”メスは性欲のままに玩具にして犯すだけの奴隷”であると割り切って女の子の性欲を無視するようなオスもいるのかもしれない。

しかし、それでは本質的には意味は無いだろう。やっぱり女の子が最終的に終わった後で”気持ちよかった!!また犯されたい!!”って思ってもらえるように頑張るのがオスのセックスの役割だろう。女の子を気持ち良くさせるためだけのセックスってのは調教として成立しないのであるけれども、女の子の性的満足感ってのも重要なんだとボクは思っている。

そう考えれば、ホテルに”連れ込む”って事だって、1つの女の子を満足させていく方法になるのだ。如何にシンプルに女の子を迷わせずにセックスに持ち込むか?ってのは重要なテーマで、そこで慌てないようにするようにある程度の努力とか経験とかはオスとして必要なんだと僕は思っているのである。


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。