FC2ブログ
2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座位の幸せ

kage

2009/05/21 (Thu)

オスメス交尾するとき、愛撫が終わって挿入するとき・・・様々な体位があるのは言うまでもない。正常位にバック、それに騎上位なんかがやっぱり定番の体位だろう。特にバックや騎上位なんかはビジュアル的にも感覚的にも交尾を意識して愛情よりも性欲を満たすためにしているって気分になる。つまりはそんな体位性欲興奮が高まるから、オスとして自分だけかもしれないけれど、快楽のままにレイプするように欲望のままにメスを求めようと犯していくことになる。

座位の優しさ
画像はCybele / Norn使い魔様は魔界プリンセス~勘違いするな!中に出すのはただの魔力補給だ!!より
この画像は、ソフトハウス『Cybele / Norn』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。




セックスは”子作り”が動物的な意味での目的なのだけれども、それ以上に人間のセックスはそれをすることによってオスがそのメスを独占することを意味するのだと思う。メスを自分だけのものにして束縛し他のオスには渡さないこと・・・その手段としてのセックスがあるのだと僕は信じている。それに”子供はまだ欲しくないけれども、セックスしたい”ってのは快楽を求めるって意味合いも否定しない。自分のモノにしたメス快楽を得る(自分だけのモノにしたからこそ犯しつくす)ってことは、オスメスに対する所有欲を満たす根本の行為だと僕は思っている。


SEX失神マニュアルSEX失神マニュアル
(2007/03)
三井 京子

商品詳細を見る



ただ勘違いしてはいけないのは”所有する”ってことは”使い捨てる”ことが出来るという意味ではない。所有する前に他のオスに盗られたくない独占欲があっての所有欲である必要があるのだと思う。快楽のままに犯しつくして飽きたら、別れるのであるなら・・・オスのエゴだけでメスを汚しているだけであり、そこには”手に入れたからには、形はどうあれ、最後まで味わいつくし、独占していく”気持ちが無いのだろう。その瞬間の快楽を得るだけであるならそのセックスの本質はオナニーになってしまう。それではメスのココロを奪うことは出来ないだろう。身体を通じてしかココロは手に入れられないのは真実かもしれないのだけれど、身体だけを求めてもそれは独占とは言わないだろう。

だからセックスには互いの存在を感じ合おうとする部分があるのだと言える。それは通常、無意識下であって抱きしめた後の余韻なんかで相手の愛しさなんかを意識しそんなものを感じていくのだけれども、交尾中は自身の中にある快楽を求めることを優先して、メスに対する陵辱だけを求め、そんな風に思う余裕が無いのは本音にある。



しかし対面座位はある種その余裕を生む体位であると僕は感じるのだ。対面座位は簡単に言えば女の子を膝の上なんかに座らせそのまま交尾していく形になるのだけれど、その形を崩さないように、その女の子の腰に両手をまわしたりして女の子の身体の”揺れ”を固定するようにする。女の子もその足なんかをオスの腰に絡ませさせたりしてその身体の位置を密着から離れないようにするために、固定させていくことになることによって成立する。

僕自身のセックスのテクニックの低さもあるのかもしれないのだけれども、そうなると座位は結合は出来るのだけれども、他の体位と違って性欲のままに腰を振ることは出来なくなる。肉棒はメスの蜜壷の中にあるから実感としての結合は感じられるのだけれども、刺激の部分においては思うままに得ることの出来ないもどかしさがあるのは僕にとっての事実なのだ。



それでも僕は座位が好きだと言ってしまう部分がある。それが体位の中で1番好きだとは言わないのだけれども、それでもその娘と交尾中にきちんと向き合える体位であるから、その娘とのセックスが慣れてくるとすることが多い。ある意味”恋愛感情の甘ったるさ”を求めて座位をしちゃうことが多いので、調教って範囲からはずれてるのであるけれども、調教から調教・・・交尾から交尾に移る間にしちゃう交尾としては互いの顔を向き合わせて、その表情を楽しみ、交尾中でも多少の会話が出来るので相手の存在を十分に感じることが出来て、好きなのだ。

ただ繰り返すことだけれども、セックスの快楽の側面からは性欲のままに腰を動かすことが出来ないので、どうしてもその体位をフニッシュの体位にするように思える。逆に言えば激しく犯す必要も無いから、落ち着いてその娘の独占を意識するにはベストなのだ。それにこれを言うのはどうかと思うのだけれど、セックスとセックスの”休憩”が出来る体位だとも言えるのだ。激しさを求めなくとも結合は十分に意識しあえる体位だからである。

そう言う意味ではセックスの中でのインターミッションとしての体位として座位はベストなのかもしれない。考え方次第なのだけれども、僕にはそう思う。犯し続けることだけがセックスでその娘を独占することにはならない。いかにセックスはその娘をメスにしてそのオスに独占されてるか?を教える手段なのだから、座位だって重要な体位だと僕は思えるのだ。


女性器愛撫マニュアル女性器愛撫マニュアル
(2004/12)
辰見 拓郎

商品詳細を見る



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。