FC2ブログ
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局は女の子を調教して最高の肉奴隷に開発して愛せるか?どうか?はオスの僕自身の責任になるんだと思うのだ

kage

2015/01/30 (Fri)












エロチャなんかの出会いってのは当然として、”セックス前提の出会い”として言えてしまえる部分がある。無論、大半の女の子は、その初期の段階では、”モニタ越しのオナニープレイでリアルでのセックスなんかはまったく考えていない!!”ってふうに言うし、実際気持ちの部分でもそうなんだけれども、オナニー自体がセックスの代替行為であるのだから、その部分で、リピートを繰り返すうちにリアルでのセックスを求めてしまう女の子は少ないながらも存在するのだ。だからこそ、僕なんかがリアルセックス出来てしまえるのだ。

それに実際の話をすると、僕の場合、エロチャでの待機メッセの段階から、”キモオタデブに凌辱されて肉奴隷に堕ちたいマゾ娘大募集!!”ってふうに、それなりに変態性癖であることをカミングアウトして女の子を募集しているのは事実として言えてしまえるのだ。言い換えれば、僕自身がノーマルなセックスなんかでは興奮も満足も出来なくて、”女の子を凌辱してレイプしてモノにしたい!!”ってのが性欲としてあって、それを受け入れてくれる女の子を探している!!ってのがあるのだ。

つまりはいつも書いている通り、リアル日常、僕自身キモオタデブで、その部分で変態性癖をカミングアウトしてしまえば周囲の人間から性犯罪者扱いされて人間関係がこじれてしまう!!って自覚があって、だからリアル日常では人畜無害のノーテンキを演じている分だけ、エロチャではハッキリとそう言った変態性欲を満たしたくて、その相手になる女の子を探している!!ってのが言えてしまえるのだ。









無論、その辺りを隠してリアルでのセックスになった段階でその女の子を凌辱して僕自身の性欲を満たしていく!!ってのは”手段的にあり”なのかもしれない。しかしながら、エロチャってのはしつこいんだけれども、最初から女の子の方も”変態なプレイで妄想してオナニーしたい!!”ってのがあって、その部分で”性癖の同意”が前提で出逢えてしまえる側面があるからこそ、わざわざと変態性癖を隠す必要が無くて、むしろ、さらけ出すことで、興味のある女の子と出逢い易い!!ってのが言えてしまえるのだ。

つまりは、そ僕のそう言った待機メッセで来てくれる女の子なのだから、出会った時点で、既に性癖の部分である種の同意があってプレイもOKだ!!ってのが言えてしまえるのだ。これは社会的な常識としてレイプだったりするのはやっぱり犯罪で普通は出来ないし、女の子を傷つける行為になるんだけれども、なんて言うか、エロチャなんかのそう言った出会いであれば、そう言った部分も”織り込み済み”になるから、その辺りを気にせずにプレイ出来る!!ってのがある。

それに実際的に基本的には女の子は、”モニタ越しでのオナニープレイだから、変態なプレイでキモデブに凌辱される妄想で興奮していきたい!!”ってことで来てくれる場合が多いんだけれども、それでリピートしてくれて結果的にリアルでのセックスになった時は、そうやってキモデブに肉便器にされてザーメン漬けにされることってのは女の子にとっては、”エロチャであれほど凌辱されて来たんだから・・・・”ってのがある









そこで、まあ、ある種の同意が発生することに成るし、むしろ、女の子がそれを望んで来てくれている!!って言い方が出来てしまえるのである。つまりは、リアルでのセックスに成れば、その変態セックスってのは当然として女の子と同意があってプレイしている!!ってのが言えてしまえるのである。そう言う意味でエロチャなんかのプレイってのは僕にとってはその変態性癖をカミングアウトして、それに興味ある女の子を探せる場所として存在するのは間違いないのだ。

そしてそれは女の子も同じことが言えてしまえるのだ。やっぱり、リアルな日常の中では、それなりの恋愛があって彼氏や旦那を見つけて、女の子もセックスすることは可能なのだろうし、それが、まあ、ある種の”普通”なんだと言えてしまえる。しかしながら、そのセックスってのは、やっぱり、”オスに求められて・・・”ってのがあるから、その部分でどうしても、オスのリードに併せて・・・ってのがあるだろう。

つまりは、”本当はこうしたいのに・・・・”ってのが女の子の気持ちのどこかになるんだけれども、やっぱり、そう言った部分をさらけ出すことってのは、相手のオスに”ああ・・・・今までそうやって調教されてきたメスの中古で・・・・”なんてことを思われたくない!!ってのがあるように僕には感じるのだ。言い換えれば、大半の女の子は、リアルでのセックスの時は、”何もほとんど知らない処女のような女の子”を演じている部分ってのがあるように思えるのだ。










画像はアトリエかぐやなまイキ ~生粋荘へようこそ!~より
この画像は、『アトリエかぐや』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。







特に調教プレイでその女の子が”メスにされてしまった”場合ってのは、安易な言い方をすれば、そのオスの興味のままに性欲処理に使われて、ヤリ捨てられてしまったメス!!ってことになるだろう。僕自身は、調教するってことは、その女の子を僕好みのメスにして支配して忠誠を誓わせて所有したい!!ってのがあって、そう言う意味で”調教=専属の肉奴隷にカスタマイズする”って感覚で、”オモチャにして汚し切ったら捨てれば良い!!”ってふうにはまったく思えないんだけれども、オスの中にはどうやら調教するってことは”興味本位の変態プレイで、女の子を肉便器にしてヤリ捨てる!!”って勘違いしているオスが居るように思えるのだ。

つまりは、その時だけ興味本位で女の子の身体をオモチャにして、それで飽きたり手に負えなくなれば、無責任にヤリ捨てればお仕舞い!!ってオスが居るようなのである。そうやってオモチャされた女の子ってのは、僕の感覚なんだけれども、ある意味、”オスの変態性欲でオモチャにされて汚されてしまった!!普通のオスに知られれば、ドン引きされるほどの体験をして普通のセックスじゃもう満たされないし、そうやって知られれば愛されることもないだろう・・・・だから、もう犯されるその瞬間だけメス扱いされれば良い!!輪姦なんかで肉便器にされて犯されてる時だけがメスとして満たされる!!”的に自暴自棄になる女の子ってのが出てくるのだ。

こうなれば、ある種の本能的なオスの処女信仰じゃないけれども、”どんな肉棒でも咥えて悦ぶ公衆便器女に成り下がったメス”に対しては、どうしても、オスとしてそのメスを求めるのにチュウチョする部分があるのは、こんな僕でも否定できないのだ。そうなれば、普通のオスってのは当然としてそう言ったタイプの女の子を恋愛の対象として観ることが出来るか?においてNGを出す場合が多いだろう。










そうなれば、ある種の負のスパイラルに陥ってしまうのがそんな女の子なんだとも言えるのだ。だから、普通のオスに相手にされない!!って自覚があって、なおかつそうやって調教されてオモチャにされた身体ってのは変わらなくて、それなら”1度も2度も同じ!!”の論法で、”その瞬間だけ犯されてメス扱いされることに悦ぶ”事のみを求めて、そんな女の子はいわゆる”公衆便器化”してしまう場合ってのがあるのだ。

これに関しては、ある意味、”調教して肉便器にする!!”ってことに関しては、僕自身もしちゃってることだから、そうなれば、どこがどう違うか?ってことになるんだと思うけれども、やっぱり、1番の違いってのは”女の子が後悔しない事”なんだと僕は思うのだ。つまりは、僕の場合、”女の子を求めて独占して支配したい!!所有したい!!”ってのがあって、その手段としての調教プレイなのだから、その部分において、”愛されてるから調教も受け入れる・・・”ってふうに女の子は思ってくれてるんだろうと信じているのだ。

言い換えれば、確かに色々あって、その女の子との関係が終わってしまう場合もあるんだけれども、大半の女の子は、”ああ・・・あんなセックスもあったんだ・・・”ってふうに思ってくれてるんだと信じたいのだ。それによって、”オスごとにセックスのアピールは全く違って・・・変態なセックスも経験したけど、きちんと愛してくれるならノーマルなセックスでも・・・”ってふうに思ってくれるのが良いんだと思っている。










それによって、僕に調教された女の子ってのは、セックスのプレイ自体の幅は広がるんだと思うけれども、”堕ちてもうドロドロになって公衆便器化すれば良い・・・”なんて自暴自棄にはならないんだと思っているのだ。そう言う意味では、僕自身の存在ってのはその女の子にとってのプラスに成れば良いんだと思うし、そう思ってもらえるようにリードするように頑張る部分が僕の中にあるのは間違いないのだ。

だから、言い換えれば、”御主人様だからこそメスになれる・・・・他のオスとではこんなふうに出来ない・・・”ってふうに女の子に思ってもらえるように調教をリードしていくのがポイントなんだと僕は思っているのだ。そう考えれば、調教の経験があっても、他のオスにはそんな部分を一切見せずに、セックスの経験を積むことがその女の子は出来るんだと思えるのだ。そう言う意味では確かにセックス前提の出会いであるのは間違いないんだけれども、それなりに精神的なツナガリがあるからこそ、僕と女の子は”調教の良い関係”が結べるんだと感じているのだ。

だから、そう考えれば判るんだけれども、確かに”入口”としては、”エロチャでモニタ越しのオナニープレイだから興味本位で変態セックスを妄想して興奮したい!!”ってのが女の子のホンネとしてあるんだと思うんだけれども、やっぱりリアルな調教に成れば、そんな変態セックスの肉体的な快楽にプラスとして、精神的なツナガリってのが必要になってくるんだと思えるのだ。




同人ダウンロード





無論、究極的にはいつも書いている通り、僕との関係ってのは女の子にとってはリアルな日常から切り離された特別な関係でその部分で、ある種の”ドライさ”ってのがあって、結婚であるとかも無くて、リアルな日常に影響し合う存在にはなれないのだから、”その場限りの恋愛”の意味合いが大きくなるんだけれども、それでも、”その瞬間だけは私はご主人様の専属の肉奴隷に成って、淫らに愛されていく・・・”ってのが女の子の気持ちの中にあると思うから、その部分で、単純に”肉棒から精液を射精するためだけの存在”と言う風に思って欲しくないし、だからこそ、女の子はメス豚になってもそれなりのプライドを保って愉しめてるんだと思えるのだ。

だから、僕が言いたいことなんだけれども、調教される!!ってことは女の子にとっては、オスの性欲処理用の肉便器になってオスの変態性癖のままにオモチャにされていく部分ってのがあるのは間違いないんだと思うし、僕自身、そんなふうに女の子を扱ってしまっている部分があるのは否定できない。しかしながら、なんて言うか、”そのオスのご主人様だからこそ・・・・ご主人様のためだけに・・・”って気持ちが女の子のある種のプライドになり得て、それがあれば、”私は肉便器にされてしまった・・・・汚れて堕ちてしまった・・・もうどうでも良い!!”ってふうにはなり得ないんだと思う。

その為には、やっぱり、オスの僕の方がきちんと、なぜ調教するか?の部分において、女の子に”所有したい!!モノにして愛していきたい!!誰にも盗られたくないからマーキングのために調教するんだ!!”ってことを如何にアピールして、女の子に実感させていくか?ってのが必要になって、そう考えれば、女の子を可愛いメス豚に開発していくか?公衆便器にしてヤリ捨てるか?ってのは結局は、調教するオスの責任なんだと思えて、調教する限りには、女の子を自暴自棄にさせないようにきちんと愛していく事が必要なんだと僕自身、改めて思うのである。












そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓











////////////////////////
同人紹介
////////////////////////







瞬間欲情トロトロスプレー【スポーツ少女編】











対応OS: WindowsWindows:2000/xp/vista/7/8
MacintoshMacintosh:OS X v10.4 以降
配信開始日: 2014/06/18
ページ数: 33ページ
サークル名: 性文化研
ファンになる 211
シリーズ: 瞬間欲情トロトロスプレー
題材: オリジナル
ジャンル: 辱め 羞恥 輪姦 強姦 催眠・洗脳 iPhone・iPad対応 Android対応
平均評価: レビューを見る
フルカラー

スポーツ大好きな優等生の女の子が、ある日、日課のランニング中に中退した元クラスメイトの不良グループに絡まれて「謎のスプレー」で変な気分にされ、部屋に連れ込まれて何度もイカされてしまいます。

詳しいストーリーは無料の体験版を用意しましたので是非一読してみてください。






DMMで好評販売中!!














FC2動画















コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。