FC2ブログ
2018 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕との関係は誰にも秘密で二人きりの世界だから、互いに独占し合えるんだと感じるのだ

kage

2015/09/19 (Sat)









僕自身、輪姦や貸し出しのタグイのプレイってのは苦手だ。やっぱり、その女の子を独占して、僕の肉棒だけで感じる女の子にしていきたい!!ってのがあって、他のオスの好みなんか関係なく僕だけがその女の子を味わい尽くして、完全に僕好みに開発していきたい!!ってのがホンネとしてある。つまりは、その女の子の蜜壷は僕だけの肉穴であって、他のオスの精液なんかを意識してしまうと、生理的にもNGで、僕だけの精液で、真っ白に汚して染め上げていきたい!!ってのが、本能的にあるのは事実なのだ。

無論、確かに、実際的にエロチャなんかで出会って、リアルセックスするような女の子の中には、彼氏持ちの女の子や人妻さんなんかも居たのは間違いないのだ。いつも書いている通り、そんな女の子であっても、様々な理由で、その相手の肉棒以外を求めて、エロチャに来ちゃってるのは間違いないのである。そして、そんな女の子の大部分は、それなりに、そんなオスの肉棒も、その蜜壷で咥えて、精液を出されているのは間違いないのだ。

そう考えれば、僕だけがそんな女の子を専属の肉奴隷にして独占する!!ってのは実質的に難しいのは間違いないのだ。やっぱり、女の子だって、リアルな日常があって、その日常の中で、彼氏や旦那なんかとセックスしてるのは間違いないのである。それを命令して、拒絶させて、独占していく!!ってことをしてしまうと、やっぱり、その女の子のリアルな日常がどこか崩れることになって、その部分で、僕自身がその女の子のリアルな日常に踏み込まない!!って約束が崩れていくことになるのだ。








つまりは、その女の子のリアルな日常を壊してまで、その女の子を奪って、責任を取りきれるか?ってことになると、そこまで、僕自身に覚悟は出来ていないのである。ものすごく身勝手な感覚なんだけれども、やっぱり、”都合よくお手軽にセックス出来る!!”ってのがあるから、その部分で、女の子の日常に踏み込まないことを言い訳にして、そのプレイを愉しんでる側面が在るのは間違いないのだ。そういう意味では、恋愛ではなくて純粋に射精道具にして女の子をなぶってる!!ってのは否定できないのだ。

ただ、逆に言えば、女の子だって、そうやって、割り切って、僕との時間を”リアルな日常から切り離された特別な時間だ!!”ってふうに思ってくれてるから、その部分で、女の子も、リアルな日常に影響が出ない部分で、”メスに成り切れている!!”ってのがあるんだと思う。ハッキリ言えば、いつもこのブログでカミングアウトしている通り、僕の性癖は陵辱性癖で、女の子を肉便器扱いしないと興奮できない!!ってのがあって、そこから考えれば、女の子の方も、それを受け入れるのだから、それなりに”変態になってる!!”ってのが言えてしまえるのである。

そうなると、やっぱり、女の子は、リアルな日常を引きずってしまえば、人間関係や、その日常演じてるキャラクターの部分、それに理性や羞恥で、”変態になることを拒否してしまう”ことになるのだ。だから、リアルな日常、彼氏や旦那なんかには、そう言った変態性癖を女の子自身、隠して、”相手からどう思われるか?”ってのを意識しながら、セックスの時も振る舞ってる!!ってのがあるのだろう。









画像はBISHOP恥辱の制服より
この画像は、『BISHOP』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。







つまりは例えば”私って、淫乱なマゾ豚だから、尻、突き出して、おねだりするから・・・挿れて便器にして!!”なんて、彼氏なんかにおねだりしてしまえば、その彼氏の女の子に対する評価は”肉棒好きな淫乱豚”ってことになって、それを前提に、セックス以外の時でも観られていく!!ってのがあって、だから、その性癖を彼氏なんかであっても隠している女の子は結構居るんだと感じてるのだ。

だから、逆に言えば、女の子は、リアルな日常を切り離して、僕との関係を愉しむことで、そう言った部分を気にせずに、”性欲のままに肉棒狂いに堕ちて、そのマゾ性を満たしている!!”ってのが言えるんだと感じているのだ。つまりは、”その時だけマゾになっても、リアルな日常には関係がない!!”ってのが、女の子にとっての”マゾに成り切れる理由”担っているのは間違いないのだ。

その部分で僕が、その女の子の日常に踏み込まないのは、女の子にとっては在る意味”都合が良い”のである。言い換えれば、その女の子も”割り切って”リアルな日常と切り離して、僕との関係を愉しんでいる!!って言い方が出来てしまえるのだ。








それ故に、僕からすれば、女の子が、その変態性をさらけだすのは、”僕だけ”なのだから、その部分で在る意味、その女の子を”独占している”気持ちになるのは間違いないのである。だから彼氏や旦那が居たりしても、その時はお互いに”居ない!!”って事になってしまうのだ。

つまりは僕だって、その女の子を独占したいのだから、その女の子に彼氏や旦那が居ることを思いたくないし、女の子だって、彼氏や旦那なんかのことを忘れて、”犯されて独占されに来てる!!”ってのが言えて、その部分で、その時間、その場所だけは”ふたりきり”の世界であるのは間違いないのだ。

無論、確かにプレイとしては”彼氏や旦那がいるのに、キモデブの肉棒に悦んで、こんなにも尻、振るなんて・・・本当にドスケベなメス豚だね・・・”って責め方はするのは否定しない。ただ、その責め方は初期の段階で、やっぱり、エロチャなんかに来ちゃっただけの頃は、女の子の中に、それなりに相手を裏切った感覚ってのがどこかにあるから、それを背徳感の快楽に変えるためには、特に言葉責めで、そうやって敢えて意識させることで、女の子に”より堕ちていく感覚”を演出させることが出来るんだと僕は感じているのである。









だから、逆に言えば、そうやって責め込むのは、初期だけしか出来ないプレイだとも言えるのだ。やっぱり、僕自身、その独占欲を満たしたいのだから、その部分で、ブッチャケの話、本来、その存在ってのは”邪魔になる”のは間違いないのである。

だから、ある程度、エロチャなんかでリピートを繰り返してくれれば、少しずつ、その責め方を”こうやって来た限りには、この瞬間だけは、おまえは僕だけのものだ!!”ってふうに、女の子にリアルな日常でのパートナーのことを忘れさせるようなリードが、独占するためには必要になってくるのである。そうすることで、女の子も”この瞬間だけは、私はご主人様だけのもの・・・”ってふうに、気持ちを切り替えることになって、その部分で、その女の子はリアルな日常を忘れて、”マゾ豚に成り切ることを愉しめる”ようになるのである。








つまりは現実的には、そうやってその女の子にもリアルな日常が在ることを僕自身も理解していて、女の子も、その時間以外は、そうやって、その相手との関係を守りたい!!ってのがあって、そういう意味では、”絶対的にその女の子を独占することは出来ない”のだ。そこは絶対的に間違ってはいけないのである。それを間違わないから、僕自身もその女の子のリアルな日常に踏み込まないし、女の子だって、そのリアルな日常を守ることになるのだ。

でも、そればかり、意識してしまえば、”ふたりきりの世界”を愉しむことが出来なくなるのも事実なのである。その部分で、僕自身の意識も女の子の気持ちも”この瞬間だけは・・・”ってのを絶対的に思わない限りには、その独占プレイは、成立しないんだと思ってるし、女の子も、独占される愉しみを素直に悦べなくなるんだと思うのだ。そういう意味で、2人きりになった時だけは”全ての日常を忘れて、独占する・される”の関係を受け入れ合うことが、僕なりの調教の根本なんだと考えているのは間違いないのである。




同人ダウンロード








そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓










////////////////////////
同人紹介
////////////////////////






お願い!もうヤめてッ!!~爆乳J○は××××の中出し肉便器~










配信開始日: 2015/09/11 10:00
サークル名: スレイブニール
ゲームジャンル: アドベンチャー
シリーズ: ----
題材: オリジナル
ジャンル: 音声付き アナル 中出し アドベンチャー 調教・奴隷 強姦 制服 羞恥 辱め イラマチオ

夏休み、岡田里奈は毎年恒例となっている家族旅行についていかなかった。
受験勉強を行うという理由が一番だったが、
たまには弟達の世話などから離れて、思いきり羽根を伸ばしたいと思う年頃でもあったからだ。
しかし、そんな何気ない判断が、全ての間違いだった。

旅行当日。家族を見送ると、生真面目な里奈は、まず宿題を片付けるために机へと向かっていたが、
なにやら一階のほうからガサゴソとした物音がしていることに気づいてしまった。
家族が戻ってきたのかと思う里奈は、
「どうしたの?何か忘れ物でもした?」そう言いながら、居間のドアを開けた。
――そこに、女なんて壊して遊び捨てる玩具としか思わない暴漢が居るとも知らないで……。






DMMで好評販売中!!














FC2動画
















コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。