FC2ブログ
2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セックス前提の出会いは遊びじゃないからこそ成立するのだ

kage

2015/11/01 (Sun)











こう言ってはなんだけれども、やっぱり、女の子に対して、社会はまだまだ”貞淑さ”ってのを求めてるんだと思う。例えば、ヘンな話なんだけれども、オスの場合、隠れてAVやアダルト雑誌なんかを観たりしても、結局は”オスってスケベだから・・・”って事で、それなりに”あり得る”話になって、まあ、それでお仕舞いになってしまう部分ってのがあるだろう。

しかしながら、女の子の場合は、ソモソモ論として、”女の子はエッチに興味は無い!!だから、そんなのは女の子にとって不要だ!!”ってふうに思われている部分ってのは、絶対的ではないけれども、でも女の子に対する表面的な幻想論としてあり得るロジックなのは間違いないだろう。

そして、女の子もそう言ったオスの”貞淑論”をある種の”理想的女性の姿”として考えて、結果的にセックスを”恥ずかしい物”として考えて、敢えて自分の意識の中に存在させないように振る舞っている部分ってのがあるんだと思うのだ。だから、大半の女の子ってのは、猥談なんかに対して、興味はありながらも、”私は経験したことがありません・・・”なんて”演技”をしちゃってる部分ってのがあるのは間違いないのではなかろうか?









無論、今どきの時代だから、それなりにストレートに描いたレディコミ誌はあるし、ファッション誌もセックス特集なんかしたりして、それなりに女の子のセックスに対する認識ってのもオープンになってきている部分があるのも否定はしない。

しかしながら、それでもある種の、”貞淑論”があるのは、否定できない事実ではなかろうか?だから、大半の女の子は”セックスって気持ち良くて、愛されている実感があって・・・いっぱいしたいの・・・”なんてことは、彼氏なんかとのピロートーク以外では言えないセリフになっているのではないだろうか?

でも、ブッチャケの話、だからと言って、絶対的に処女偏重論でも無いのは、これまた事実として言えてしまっている。無論、理想論として、大半のオスは結婚相手に処女を求めたい!!ってのがあるんだと言えるんだけれども、でも、それは、結婚自体、晩婚化してしまって、そうなると、セックス出来る身体って意味合いで、女の子が初潮を迎えて、結婚するまで10年や20年経っているってのが普通になるだろう。











画像はまーまれぇどPRIMAL×HEARTSより
この画像は、『まーまれぇど』の作品の素材を使用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁止します。
なお、この画像とブログの内容とは関係はありません。






そうなれば、その間、ずーっと恋愛しない!!ってのはあり得なくて、恋愛すれば、セックスする可能性ってのは否定できなくて、その部分で”女子高生と結婚するんじゃないんだから・・・”ってことで、”僕と出会う前に何人かとは恋愛してしまって、結果セックスも・・・・”ってのを予測してしまって、その部分で”処女じゃなくても仕方ない・・・”って意識がどこかに生まれてしまっている!!ってのがあるんだと実感しているのだ。

だから、女の子に対して、”絶対的処女論”ってのも”廃れてきている!!”って言い方も出来るのかもしれない。オスの中には”処女よりも、それなりに床上手なテクニシャンな女の子と結婚した方が愉しめる!!経験豊富な女の子の方が好みだ!!”って感じなのも居て、オス恋愛対象の女の子に処女性を求めていない!!って言い方さえも出来るのかもしれないのだ。

その部分で、確かに、”女の子の貞淑論”ってのはあるものの、”非処女”の存在も、当たり前になってきて、その部分である種のダブルスタンダードになってきているのが、女の子に対するセックス論なんだと僕は認識しているのだ。








そうなると、ヘンな表現になってしまうんだけれども”貞淑な非処女”ってのが、ある種の許容論としてあるように思えるのだ。そして、それは何か?って事になるんだけれども、僕なりの意見としては”恋愛なんかでそれなりに何人かのオスの肉棒の味を知ってしまってるのは仕方が無いんだけれども、遊びで快楽のままにどんな肉棒でも欲しがる女の子は嫌だ!!”って事にオスの女の子に対する許容論があるんだと感じているのだ。

そして、その感覚ってのは、女の子の方もなんとなく、判ってるんだと思うのだ。だから、恋愛でセックスする事に対しては、”好きになったオスが求めてくれてるんだし・・・”ってことで許してしまう部分があるんだと思うけれども、でも、だからと言って、”遊びでどんなオスとでもセックスするのは、やっぱり、道徳論として抵抗がある・・・してはならない事なんだ・・・”ってふうに、女の子もそれなりのラインを引いているんだと感じるのだ。

そうなると、ブッチャケの話、エロチャなんかでセックスする相手の女の子を探して、ヤッてしまっている僕は、その辺りをどう考えるか?ってことになるだろう。ある意味、エロチャでの出会いってのは”ヤラせてくれるなら、どんな女の子でもOKだ!!”って意識が無い限りには、なかなか上手くリアルでのセックスにたどり着けない!!ってのが言えてしまえるのは間違いなくて、そうなると、女の子に対して、そんな今どきの貞淑論を、僕自身が求めることが出来るか?ってことが客観的な疑問として生まれていく部分があるんだとも感じているのは間違いないのだ。











それに対しての言い訳なのかもしれないが、僕自身は、確かに、その女の子にセックスを求めてるんだけれども、なんて言うか、”セックスして犯す限りには、おまえは僕だけのモノ・・・専属の肉奴隷に調教して支配してやる!!”ってスタンスで、その女の子を求めているからこそ、そこにある種の恋愛論が生まれるんだと感じているのだ。

無論、それは単純に僕自身はキモデブでモテることがないから、結果的にセックスしてしまえば、自分だけのモノになっている勘違いがどこかにあって、なおかつ、独占欲が強いから、そう言ったセリフになってしまうのかもしれないが、でも、気持ちとしては、”犯す限りにはおまえは僕だけの専属の肉奴隷だ!!”って感覚で女の子を求めているのは間違いないのだ。

それにいつも書いている事なんだけれども、、エロチャに来ちゃう大半の女の子は、リアル日常、恋愛でセックスしてても、遊びでセックスするような女の子は居ない訳で、その部分で、女の子だって、僕に対して”セックス前提の恋愛だ!!犯されてモノにされるのが幸せなんだ!!”ってふうに思えるからこそ、僕の事を結果的にリアルでも受け入れてくれる女の子が出てくるのである。








それ故に、女の子も僕とセックスするのは、遊びで気持ち良くなるために・・・じゃなくて、”セックス前提で出逢って、愛されるために・・・・”って事になって、結果、恋愛の一種として受け入れてくれてるんだと思うのだ。

だから、それなりにその関係は長期に続いていくのであって、遊びでのセックスなら、1度や2度セックスすれば、それがゴールになってしまうんだけれども、でも、僕とその女の子との関係ってのは、そうでは無いのである。やっぱり恋愛だからこそ、互いに求め合う!!ってのがあって、結果的に長期で無ければ、満足できない!!ってのがお互いの同意としてあるのは間違いないのである。つまりは”リアルで逢う限りには、もうそこからは長期に関係が続く!!”って感覚を共有して出逢って、リアルでセックスしていることになるのだ。

それ故に女の子も僕とセックスしたから・・・と言って、遊びでセックスしてしまった!!って意識は無いんだと思うし、そう思われないようにリードしなければならないんだと僕自身、思っているのだ。つまりは互いに性欲があって、満たしあいたくて、そこには”愛情のあるセックス”が存在していて、だからこそ、セックスする事が愛情表現になって、セックスするのが当然になる・・・そんな関係を作り上げるようにリードして求め合うのが、僕とその女の子との関係だと思うから、そこには、恋愛としてセックスがあるんだと僕もその女の子も認識しているのだ。だから、リアルでセックスする限りには、そのセックスは遊びでは無くて、恋愛表現としてのセックスになり得るんだと僕は実感するのである。



アダルト動画、DVD通販などの総合サイト







そのココロの名前、教えてごらん:



メールアドレスも良いよね?:



そのココロの題名は?:



その気持ち、勇気を出して・・・:











SEO対策:官能小説



エッチな同人紹介は"続きを読む"から↓









////////////////////////
同人紹介
////////////////////////






姦獄娼女~Slave Girl Breeding~










配信開始日: 2015/10/29 10:00
サークル名: ソフトさーくるクレージュ
ゲームジャンル: アドベンチャー(監禁調教アニメーションADV)
シリーズ: ----
題材: オリジナル
ファイル容量: 1576.68MB
利用期限: 無期限
ジャンル: 動画・アニメーション パイズリ 監禁 アナル フェラ 中出し 調教・奴隷 巨乳 制服 顔射

■あらすじ
幼い頃に母親を亡くした【北野 詩織】は父と兄、3人で暮らしてきた。
母が死んでからの父は人が変わって暴力を振うようになり、酒に溺れ、ギャンブルへとのめり込んでいった。

そんな父もしばらく家を空けたきり行方が分からなくなり、詩織は兄【北野 信哉】と2人で生きていくことになった。
信哉は学校を中退し就職。父に代わって詩織を養うため懸命に働いた。
詩織は少しでも兄の助けになればと家の家事をし、夜遅くまで働く兄の帰りを待ちながら、必死で学業に励んだ。

数年後、詩織は成績優秀特待生として都内でも有数の進学校へと入学。
一方兄の信哉もいままでの懸命な働きが実を結び、会社からの信頼を得ていた。
まだまだ経済的に豊かとは言えない生活だが、それでも兄妹2人には笑顔が戻り、慎ましくも幸せな日々を送っていた。

しかし、その幸せも長くは続かなかった。

ある日、いつもの様に夕食をとっていた詩織の元に【緒方 巽】と名乗る人物が現れる。

「北野詩織だな?父親の残していった膨大な借金、お前の体で払ってもらおう」

有無を言わさぬ口調でそう告げた巽は詩織を車に乗せると、自らが管理運営する地下奴隷調教施設へと向かっていった。






DMMで好評販売中!!















FC2動画














コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。